足を運びたくなるクラブにするには?内装の作り方マニュアル

華やかで高級感のあるクラブには、知らず知らずのうちに人が集まってきます。そんな足を運びたくなるクラブにするには、内装の作り方が重要となります。
ここでは、壁・床・照明といった「空間作り」のポイントから、暖房・ソファ・グラスといった「備品デザイン」の注意点まで幅広く紹介していきます。これらのポイントを押さえることで、スムーズなクラブ経営を目指しましょう。

クラブ内装にかかる工事費用はいくら?

クラブの内装には、高級感が欠かせません。お客様は非日常の空間を求めて、夜の街にやってきます。そんなお客様の気持ちに応えられるような、特別な内装を作り上げることがクラブ経営を成功させるポイントといえるでしょう。
また繁華街には、数多くのクラブやラウンジが軒を連ねています。それらのお店と差別化するためにも、デザイン性の高いユニークな内装にすることが大切です。しかし、デザイン性の高い空間を作り上げようとすると、どうしても費用も高くなりがちです。
内装費用の相場としては、300万円~500万円の価格帯が最も多くなっています。クラブの開業において、内装は大きく3つのカテゴリーに分類されます。
1つ目は、床・壁・天井をはじめとする、店内全体のデザインです。
クラシカル・ゴージャス・リゾートといったように、クラブのイメージを決めておくと、コンセプトのしっかりとした内装に仕上がるでしょう。

2つ目は、設備です。冷暖房器具や家具などが、ここに含まれます。
冷暖房器具は、心地よく過ごすためには欠かせません。ただし、むき出しで設置してしまうと、空間デザインを損ねる原因ともなります。
冷暖房器具を内装に合わせてデコレーションし、違和感なく設置することも重要なポイントです。

またお客様が実際に座るソファなどは、長時間座っていたくなるような座り心地のよいものを選びましょう。

そして3つ目は、備品です。グラス・食器・調理器具など、クラブを運営するためには、細かな備品が数多く必要になります。お店のロゴを入れたり、オーダーメイドでそろえることも可能ですが、その分コストが発生します。
内装のデザインは、発生するコストと、それがもたらす効果のバランスを考えて作り上げていくことが重要です。

クラブ内装にかかる工事費用はいくら?

クラブの備品にかかるコストは?

クラブの備品にかかるコストは、30万~100万程度です。お客様がくつろぐソファやテーブルはもちろん、グラス・調理器具・製氷機などがあります。
これらは安価なものを選ぶこともできるため、費用を抑えるポイントとなっています。しかし、すべてを安物でそろえるのはおすすめしません。
せっかく高級感のある内装工事で壁や床のデザインを作っても、お客様の手に触れる備品が安っぽければ、お店全体のイメージは下がってしまいます。

すべてを高級品でそろえる必要はありませんが、お客様の手に触れる備品は、ある程度お金をかけた方がよいでしょう。
もし費用に余裕があれば、製氷機にもこだわってみましょう。
クラブ慣れしている人であれば、高い製氷機で作った氷との違いに気付きます。
「細やかなところまでお金をかけているクラブ」というイメージを持ってもらうことで、リピーターとして長く足を運んでもらえるかもしれません。

見えないところにこそこだわりをもって備品をそろえていくことで、「ホンモノ志向」の優良顧客獲得につながるはずです。

クラブの備品にかかるコストは?

内装にかかる費用を抑えるポイント

「メリハリ」 をつけることで、クラブ全体の高級感を保ったまま、内装にかかる費用を抑えることが可能となります。
もし資金が潤沢にあれば、すべてに費用をかけてもいいかもしれませんが、夜のビジネスは何があるかわかりません。

いざというとき、手元にある程度のお金が残っていた方が安心です。だからこそ、費用の使い道をよく考えて、内装を作り上げていくと良いでしょう。
まずは建物の下地を活用しましょう。
クラブを開業する場合、テナントを契約後コンセプトに合わせて内装工事を行います。このとき、すべての場所に手を加えるのではなく、活かせる下地はそのまま活用していきます。

以前のテナント設備が残っている「居抜き物件」の場合は、この下地の活用がしやすくなります。
下地を活かせるところは活かして、そこに新しいクラブの色を加えていくのです。そうすることでゼロから作りこむよりも、格段にコストを抑えることが可能となります。
また、手頃で高品質な内装材を探すことでも費用を抑えることができます。すべて改装業者に任せるのではなく、自分自身で内装材についても情報を収集すると掘り出し物を見つけることができるかもしれません。

お手本にしたい同業他社が使用している内装材を調べてみるのもよいでしょう。内装材に関する知識を身に着けることで、業者との価格交渉もしやすくなるはずです。
そして3つ目は、備品の費用を抑えることです。
もし改装や閉店を考えているクラブがあれば、そこから備品を譲ってもらうのもアリでしょう。

ただし、あくまで「クラブのコンセプト」を意識した備品をそろえましょう。安いからといって、コンセプトから外れる備品にしてしまうと、クラブの統一感が損なわれてしまいます。
このように高級感は保ちつつ上手にかかる費用のやりくりをしていくのが内装工事のポイントです。

クラブの内装を決めるポイント

クラブの内装は、できるだけ「重厚感のある素材」を選びます。皮のソファや入口のシャンデリアなどを取り入れることで、高級感を演出できます。

クラブ経営において、内装とは壁や床などの内装工事だけでなく、家具も含まれます。家具の素材やデザインは、内装のイメージを大きく左右するのです。
購入する前に、色や形をシュミレーションし、最適な場所に配置していきましょう。
クラブ経営を成功させるコツは、優良顧客を多く獲得することにあります。
羽振りのよいお客様は、普段から「質の良いもの」に囲まれています。つまり「質の悪い素材」は見抜かれてしまうのです。「ホンモノ志向」のお客様に満足してもらうためにも、素材にはしっかりとこだわっていきましょう。
また照明は、落ち着いた雰囲気を演出できるタイプのものを採用します。フロア全体がギリギリ見渡せる程度の明るさがベストです。
レジ付近やキャストの通り道など、明るさが必要な場所には、間接照明を設置します。

落ち着いた店内は、お客様とキャストの距離が縮まりやすくなります。お客様がリラックスして、「もっと長く過ごしたい」と思えるような空間作りを意識しましょう。クラブの内装は、できるだけ「重厚感のある素材」を選びます。皮のソファや入口のシャンデリアなどを取り入れることで、高級感を演出できます。

クラブ経営において、内装とは壁や床などの内装工事だけでなく、家具も含まれます。家具の素材やデザインは、内装のイメージを大きく左右するのです。
購入する前に、色や形をシュミレーションし、最適な場所に配置していきましょう。
クラブ経営を成功させるコツは、優良顧客を多く獲得することにあります。
羽振りのよいお客様は、普段から「質の良いもの」に囲まれています。つまり「質の悪い素材」は見抜かれてしまうのです。「ホンモノ志向」のお客様に満足してもらうためにも、素材にはしっかりとこだわっていきましょう。
また照明は、落ち着いた雰囲気を演出できるタイプのものを採用します。フロア全体がギリギリ見渡せる程度の明るさがベストです。
レジ付近やキャストの通り道など、明るさが必要な場所には、間接照明を設置します。

落ち着いた店内は、お客様とキャストの距離が縮まりやすくなります。お客様がリラックスして、「もっと長く過ごしたい」と思えるような空間作りを意識しましょう。

クラブの内装を決めるポイント

費用の掛け方を工夫するのが重要!

クラブの内装費用は高額になりやすいため、費用をかける部分を前もって決めておくことが大切です。すべての場所にお金をかけすぎると、ギラギラとしたバブル時代のような内装になってしまうかもしれません。

上手に引き算することで、高級感のある内装を目指しましょう。
お店のエントランスやお客様が直接触れることのある場所などは、惜しまずに費用をかけるのがおすすめです。

トイレなどもお金をかけた方がよいでしょう。どれだけ内装にこだわっていても、トイレが手抜きであると、お客様の気持ちが白けてしまうかもしれません。
トイレをはじめ、お店全体の清潔感も意識することが大切です。
またクラブ経営を成功させるためには、「このお店にしかないモノ」を打ち出すことが重要なポイントとなります。
プロジェクションマッピングやバンドの生演奏 など、ユニークな演出をするための設備の導入を考えてみてください。
お店のコンセプトにあった独自の内装や備品、家具を取り入れることで、他のお店に差をつける、特別なクラブを作り上げていきましょう。

株式会社 アーキバンク

株式会社アーキバンク
建築に関わる専門知識、経験を活かし、建築や内装に関わる「ヒト」「モノ」「サービス」を効率的かつ有効に結びつけるため、建築関連のWEBメディア事業を中心に、WEBコンサルティング事業を展開。

この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有を!!





店舗開業21日間集中メール講座


go

年間1000件以上の店舗開業支援をさせて頂く中で蓄積されたアーキクラウドの店舗開業ノウハウをぎっしり詰め込んだ21日間の無料メール講座です。

店舗開業の基礎から応用的な項目まで、物件探しから開業後の資金計画など時系列に沿った講義を行うことで、着実に開業に向けた知識を得ることができます。

飲食店(カフェ、居酒屋、バル、レストラン、バー、喫茶店、ラーメン店など)からサービス業(美容室、理容室、リラクサロン、エステ、クリニック、整骨院、鍼灸院など)まで、これから店舗を開業したいという方、また、既に開業されている方で店舗開業についてさらに知識を付けたいという方は是非ご登録下さい。

mmk


講座の内容
第1回:内装工事の価格があいまいな理由とは?
第2回:内装工事額の見積り21業種全てを公開!
第3回:カフェを事例に開業資金をシュミレーション!
第4回:店鋪の開業資金を抑える方法とは?
第5回:店鋪飲食店の開業資金の計算方法とは?
第6回:知らないと損する居抜き物件の種類とは?
第7回:お得な居抜き物件の見極め方とは?
第8回:居抜き物件の設備機器の盲点とは?
第9回:日本政策金融公庫の融資で内装工事をするための裏技とは?
第10回:高い確率で融資を得るための創業計画書の書き方とは?
第11回:リノベーションやリフォームで使える補助金制度とは?
第12回:店舗開業後の利益算出に必要な変動費と固定費とは?
第13回:開業後に赤字にしない為の損益分岐点売上高の計算方法とは?
第14回:店舗経営で営業利益を出すために必要な計算式とは?
第15回:内装工事の減価償却方法と税金について
第16回:内装工事の耐用年数と減価償却について
第17回:賃貸物件でもかかる固定資産税について
第18回:店鋪・飲食店開業前にやるべき立地、物件選びとは?
第19回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その1
第20回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その2
第21回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その3


mmk







内装工事費は見積り比較をすることで確実に安くなります。あなたの地域の優良内装工事会社をご紹介、当サービスは無料でご利用可能。

内装工事費用を安くする方法


このページの先頭へ