自宅美容室を問題なく開業するには?把握すべきリスクと対策

美容室を開業する場所として自宅を選ぶケースがあります。そのような自宅美容室は一般的な美容室とは異なる点が多く、特有のリスクも少なくありません。それを理解しないまま開業準備を進めると、経営を始めてから不都合が生じる恐れがあります。そこで今回は、自宅美容室を開業する人が把握しておくべきポイントを解説します。

自宅美容室を開業するメリットとデメリット

自宅を美容室にするメリットとして、通勤が不要になることが挙げられます。通勤のための時間や体力、交通費の負担を考える必要がありません。近所の人を顧客にしやすいこともメリットです。ふだんから近所付き合いを積極的にしていれば、顧客になってくれる人も多いでしょう。他のメリットとしては、副業として始めやすいことがあります。自宅なので、時間に余裕のあるときだけ気軽にオープンさせるような運用がしやすいからです。本業として始めた後も、育児や家事と両立させやすい環境で働けます。また、美容院として新規の物件を用意する必要がなく、設備などに流用できるものも多いので、開業にあたり大幅なコストカットが可能です。

デメリットとしては、自宅と美容室の両方に対して理想的な立地を満たすのは難しいことが挙げられます。美容室は人通りの多い場所にあるほうが集客を見込めます。一方で住宅としては、閑静な場所のほうが過ごしやすいという人が多いと考えられます。そのため、どちらかの立地条件は不利になることを覚悟しておかなければなりません。プライベートと仕事のオンオフの切り替えがしにくいこともデメリットです。常に自宅にいることになるので、どちらか一方だけに意識を集中した状態を保つのが難しくなってしまいます。最初にこのようなメリットとデメリットを正しく理解し、両者をよく比較して、自宅を美容室にするのが得策かどうか検討しましょう。

自宅美容室を開業するメリットとデメリット

自宅を美容室にリフォームする場合に注意すること

自宅を美容室にする場合はリフォームすることになりますが、好き勝手に行って良いわけではありません。特に、容積率には気を付ける必要があります。容積率は敷地面積に対する延床面積の割合です。用途別や地域別に定められており、それに反する建物は法律的に認められません。もちろん、美容室として使用する箇所もその範囲内であることが条件です。また、美容室の割合が自宅の半分を超えることも許されません。そのため、広い美容室を実現するのは簡単ではないと認識したほうが良いでしょう。面積の測定や容積率の計算は複雑であるため、専門知識がない人にはハードルが高いです。リフォーム業者などの専門家に相談して算出してもらいましょう。

リフォームを検討するときは、ガス管や水道管についてチェックすることも忘れてはいけません。ガスや水は美容室でも必要なので、問題なく使える環境を整える必要があります。そこで重要になるのは、それらの配管がどこを通っているのかを調査することです。美容室に割り当てる予定の場所に配管が届いていない場合は、工事を行って延長や分岐などの変更を加える必要性が生じます。配管は地中や床下、壁などに埋まっているのが一般的です。そのため、リフォームが完了してしまうと変更を加えるのは難しくなってしまいます。リフォームを開始する前に配管についてよくチェックし、変更が必要だと分かったら工事の計画に盛り込んでもらってください。

自宅を美容室にリフォームする場合に注意すること

自宅美容室開業で考えなければならない経営リスク

自宅美容室を順調に開業できたとしても、経営がうまくいかないケースは珍しくありません。どのようなリスクがあるのかを考えておくことも大切な開業準備といえます。たとえば、うまく集客できないことは開業直後の自宅美容室によく見られる経営リスクです。資金面に余裕がないという理由で自宅を美容室にする場合、宣伝にも十分なコストを費やせないケースが多いでしょう。また、一般的な美容室と違って、大きな看板を設置しにくいことなども原因と考えられます。特に閑静な住宅街にある場合は、派手な装飾を施して調和を乱すわけにはいきません。そのため、近所に住んでいる人以外に存在を認識してもらうのが難しい場合があります。

また、価格設定が無駄に安くなってしまうことも経営リスクの一つです。自宅を職場にしていることに後ろめたさを感じて、一般的な価格より安く設定しているケースがよく見受けられます。価格が安いとその分だけ収益も低くなるので、経営が軌道に乗りにくくなってします。開業時に安く設定して定着すると、経営状態が悪くても簡単には上げられないので要注意です。また、経営者マインドが育たない可能性もあります。別の場所に美容室を設ける場合より投資が少なくて済むため、経営者としての自覚や危機感を持ちにくいからです。プライベートの境界があいまいだと、ビジネスではなく趣味のような感覚で続けてしまう恐れもあります。

集客や売上アップ効果が高まる対策方法は?

経営リスクを把握した後は、集客や売上アップのための対策を行う必要があります。集客力を上げたいなら、基本的には情報をすべて公開したほうが良いでしょう。店舗名だけでなく経営者名や住所なども公開するのが望ましいです。自宅であるため、不安を感じて情報を公開したがらない人がよくいます。しかし、そのようなスタンスでは潜在的な顧客に不信感を与えかねません。詳細が分からない美容室を利用してみようと思う人は少ないでしょう。そのような基本的な情報を公開するとともに、人柄などが分かるような情報もSNSなどを活用して発信していくのが得策です。親近感を与えることによって、来店してもらいやすくなるからです。

売上アップの対策としては、高めの価格設定をしておくことが挙げられます。自宅だからといって引け目を感じる必要はありません。アットホームな雰囲気を好む顧客には、場所が自宅というのはマイナスではなく、付加価値となります。自分の技術力が落ちるわけでもないので、自信があるなら相応の価格に設定にしても問題ありません。無駄に低くすると精神的に気が緩み、サービスの質に影響が出る恐れもあります。早く売上を安定させたいなら、集客の仕組みができるまで妥協しないことも大切です。仕組みができあがれば一定の売上を見込めるようになります。しばらく負担が大きいですが、空き時間も休まずに集客活動を徹底する意識を持ちましょう。

集客や売上アップ効果が高まる対策方法は?

工夫と努力次第で自宅美容室でも成功できる!

自宅美容室を開業するにあたり、いろいろな面で通常の美容室より不便と感じることがあるでしょう。潤沢な資金を用いてさまざまな活動を行える大手の美容室と比べると、できることに制限が多いのはたしかです。しかし、今回紹介したポイントを押さえて取り組めば、自分の理想の職場にすることも不可能ではありません。メリットを把握したうえで、それを生かせるような工夫をすることが大事です。デメリットや経営リスクも重視して、それらを克服するための努力を惜しまないこともポイントになります。

大切なのは多くの顧客に来店してもらい、さらに満足してもらうことです。経営者と美容師としての両方の視点を持って、どのような取り組みが必要なのか考えてみてください。そうすれば、成功できる可能性は十分あります。自宅美容室は、通常の美容室より開業にかかる資金が少なくはなります。しかし、自宅という大切な場所を職場にするため、強い決意が必要であることに変わりはありません。特に、家族と同居している場合は、自分以外に及ぼす影響も大きいので責任重大です。必ず成功させるという意志を持って、工夫と努力を積極的に行いましょう。



この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有を!!

内装工事費は見積り比較をすることで確実に安くなります。あなたの地域の優良内装工事会社をご紹介、当サービスは無料でご利用可能。

内装工事費用を安くする方法