美容院の開業資金と黒字経営を続けるための資金計画について

これから独立する美容院経営者にとって、資金計画は開業前に、まず最初に取り組まなければならない重要な項目だ。

開業資金が把握できていなければ、融資等の資金調達もすることができない。

また、黒字経営を続けるためには、毎月の収支計画のバランスが重要となる。今回は一般的な事例を基に、初心者でもわかる様に解説させて頂く。

 

開業資金をシュミレーションする

 

「物件取得費」

まずは最初に必要となる費用だ。必要となるのは、「保証金、敷金(家賃の約6ヶ月以上)」「初回家賃(入居日による)」「仲介手数料(不動産屋に支払う家賃一ヶ月あたりの金額)」「譲渡代金(居抜き物件の場合)」だ。特に保証金は要注意だ。基本的には返金されるお金だが、返金の際トラブルになることが多いので、事前に契約内容はしっかりと把握しておこう。

 

「内装工事費」

開業資金の中で最も比率が大きい費用となる。費用は物件の状況や設計グレードにより大きく変化する。通常は坪単価40万〜60万程度必要となる。しかし、グレードを下げたり、仕上げをスケルトンにするなどの工夫をすれば、坪単価20万台、30万台でも工事は可能だ。また、1社限定で見積り比較をするのでは無く、複数の内装工事業者に見積りを取ることで、工事費用は確実に安くなる。アーキクラウドでは、無料で内装工事の見積比較サービスを提供しているので是非活用して頂きたい。

 

「開業費(経費)」

開業前に必要となる経費だ。広告宣伝費(HP作成代金、チラシ作成、求人広告など)や備品購入(レジ、その他消耗品)がそれに当たる。開業資金に占める割合はそれほど大きくないが、できる限り低く抑えるのが理想だ。

 

それでは、実際に20坪のスケルトン物件、席数5、賃料20万円/月、保証金10ヶ月、内装グレードは通常、といった条件で開業資金をシュミレーションしてみる。

→『店舗開業21日間集中無料メール講座』
 

(単位:千円)

物件取得費 保証金 2,000
初回家賃 300
仲介手数料 200
小計 2,500
内装工事費 内装工事費 4,700
電気工事費 600
給排水工事費 700
機械設備工事費 2,000
小計 8,000
開業費 HP作成費 600
チラシ作成費 400
備品購入 500
小計 1,500
合計 12,000

 

 

黒字経営をするための資金計画

 

開業資金の計画ができからといって、安心してはならない。美容院オープン後、あなたは黒字経営を続けなければならないのだ。

美容院は飲食店とは異なり、仕入れ原価がほぼ無いために利益率は高い。一般的には30%程度の純利益は見込める。(飲食店の場合は純利益は10%程度)今回は、この数値を目指してシュミレーションをしてみる。

資金計画を始めるに当たって重要なのが、毎月必ず支払わなければならない、一定の支出である固定費だ。家賃やリース料、減価償却費などが該当する。

減価償却費は、20万円以上の設備投資を一定年にわたって分配する会計処理のことで、今回は内装工事費を5年で償却するとして、800万円÷60=13.3万円を毎月計上できる。

また変動費は、人件費、光熱費、通信費、販売促進費、その他消耗費だ。この中で最も大きいのが人件費となる。

美容院の場合人件費は売上高の40%程度にするとバランスが良い。この数値を基準として、雇うスタッフの人数や、毎月の売上高も想定可能だ。

例えば、スタッフを3人雇うとする。毎月の給料(福利厚生、交通費含む)30万円とすると、30×3=90万円となる。人件費は売上高の40%となるので90÷0.4=225万円となる。

毎月の売上225万を確保すれば、純利益30%は確保できる計算となる。それでは具体的にシュミレーションをしてみよう。

今回は個人事業主としてのスタディのため、利益は経営者個人の所得なる、ここから税金が引かれるので注意頂きたい。

 

(単位:千円)

売上 変動費 人件費 社員給与 900 40%
社会保険等
福利厚生
交通費
水道光熱費 電気代 100 5%
水道代 100 5%
販売促進費 広告宣伝費 50 2〜5%
販売促進費
その他 事務用品 25 1〜5%
消耗品
通信費
固定費 家賃 賃料 200 10%以下
その他 支払い利息 200 10%以下
リース料
純利益 675 30%
合計 2,250 100%

 

それでは、毎月の売上225万円を確保するためのシュミレーションをしてみよう。

条件
座先数:5、平均顧客対応時間:2時間、毎週火曜日定休日
開店時間11:00〜21:00、平均客単価:5,000円

月の売上は下記の計算式で算出できる。

客数 × 平均客単価 × 営業日数 = 毎月の売上

2,250,000円 ÷ 24日 ÷ 5,000 = 20.833

1日21人の来店が必要ということになる。

1席当たり、10時間 ÷ 2時間 =5回転
5回転 × 5席 =25回転

席数としては充分可能ということだ。ここで目標売上が達成できない場合は、席数や客単価を調整する必要がある。この様に、あなたの店舗でも実際にシュミレーションして、目標売上が達成できるのか検討をしてみよう。

→『店舗開業21日間集中無料メール講座』
 

開業資金の借入について

 

新規オーナーにとって開業資金を全て自己負担するのは難しいだろう。一般的には開業資金における自己資金率は50%程度が望ましいと言われている。上の例だと、1200万円の内、600万円は借入れる必要があるのだ。美容院の場合、借入先は下記の3つだ。

 

「日本政策金融公庫」

美容院新規経営者には最も利用されている、国が運営する機関だ。比較的審査も通り安く金利も低い。新創業融資制度は融資限度額が低いが、一般貸付で応募すれば大きな融資を受けることもできる。まず最初にチャレンして頂きたい融資先だ。

 

「国、地方自治体による制度融資」

その名の通り、国や地方自治体が提供する融資制度だ。行政の審査と民間金融機関の審査があり、実際の支払いは、民間金融機関が行う。手続きに多少の手間がかかるが、該当する制度があれば積極的に利用したい。

上記2つについては下記にてまとめている。是非参照頂きたい。

「飲食店の開業資金調達、内装工事費の融資、補助金を獲得するための4つの戦術を公開」

 

「信用保証協会」

中小企業向け融資を債務保証してくれる公的機関。ここでの債務保証を受けて民間金融機関から融資を受けることができる。全国で160万以上の中小企業が利用している。保証を受けるには信用保証料がかかり、借入金額や期間、返済方法などにより額が決まる。その代わり、返済が困難になった場合は、協会が借入金を返済してくれる。上述した制度融資と併用して利用されることが多い。融資のハードルもぐっと小さくなるので、是非利用して頂きたい。

 

リースについて

リースとは一般的には「ファイナンス・リース」のことを言う。購入したい設備機器をリース会社に買い取ってもらい、そのリース会社に対して毎月一定の金額を支払う。つまり、自己資金を準備しなくても欲しい設備を利用できるということだ。レンタルとの違いは下記2点だ。

 

「途中解約禁止」
一度リース契約をしたら途中で解約することができない。

「フルペイアウト」
リース会社が設備購入に必要となった金額(諸経費を含む)はリース期間中に全て支払わなければならない。

 

所有権はリース会社にあるが、故障してしまった場合、修理するのは借主となる。また、改造したり第三者に貸し出すなどの行為も認めらない。

リース期間が終了すれば返却する必要がある。しかし、最新の設備を利用できるという点と経費に計上できという点でも魅力的であるため是非利用したい。

売上高の10%以内に収まる様にしなければ、資金計画は厳しいだろう。下記にリースのメリット、デメリットを記載したので参照頂きたい。

 

メリット デメリット
自己資金を準備しなくてよい 途中で解約できない
最新の設備を利用できる 故障した場合は自己負担
借入ではないのでバランスシートが安定する 借入して購入するより割り高になる
経費として計上できる 返却費用は自己負担

→『店舗開業21日間集中無料メール講座』
 

最後に

 

開業資金計画やオープン後の経営計画は、美容院運営を成功させるための核となる重要な項目だ。資金計画は、経営に慣れていない新規開業オーナーにとって難しい作業となるが、融資やリースの仕組みを上手く利用して、是非とも成功させて頂きたい。
 
また、アーキクラウドでは、これから店舗を開業するオーナー、オフィスを開設する経営者向けの資金調達支援サービスをご提供している。

日本政策金融公庫や銀行など金融機関から思うような金額の融資が降りなくても、当サービスをご利用して頂いた方の95%以上が審査を通過し、見事に融資を獲得してる。

内装工事費に関わらず、開業資金全般、運転資金などあらゆる資金の調達が可能となるので是非ご利用頂きたい。

「経営者、店舗オーナーのための資金調達支援サービス」

 

 

【記事監修】 山田 博保
店舗ビジネス&建築マーケティング/一級建築士     
建築業界での経験を活かしたWEBメディアを運営。内装工事マッチングサイト「アーキクラウド」創業者。WEBコンサル事業、コンテンツ販売事業にも携わる。Facebookお友達申請大歓迎です。その他WEB集客、自社メディア構築、ビジネスモデル構築に関するコンテンツは公式サイトより。
この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有を!!





店舗開業21日間集中メール講座


go

年間1000件以上の店舗開業支援をさせて頂く中で蓄積されたアーキクラウドの店舗開業ノウハウをぎっしり詰め込んだ21日間の無料メール講座です。

店舗開業の基礎から応用的な項目まで、物件探しから開業後の資金計画など時系列に沿った講義を行うことで、着実に開業に向けた知識を得ることができます。

飲食店(カフェ、居酒屋、バル、レストラン、バー、喫茶店、ラーメン店など)からサービス業(美容室、理容室、リラクサロン、エステ、クリニック、整骨院、鍼灸院など)まで、これから店舗を開業したいという方、また、既に開業されている方で店舗開業についてさらに知識を付けたいという方は是非ご登録下さい。

mmk


講座の内容
第1回:内装工事の価格があいまいな理由とは?
第2回:内装工事額の見積り21業種全てを公開!
第3回:カフェを事例に開業資金をシュミレーション!
第4回:店鋪の開業資金を抑える方法とは?
第5回:店鋪飲食店の開業資金の計算方法とは?
第6回:知らないと損する居抜き物件の種類とは?
第7回:お得な居抜き物件の見極め方とは?
第8回:居抜き物件の設備機器の盲点とは?
第9回:日本政策金融公庫の融資で内装工事をするための裏技とは?
第10回:高い確率で融資を得るための創業計画書の書き方とは?
第11回:リノベーションやリフォームで使える補助金制度とは?
第12回:店舗開業後の利益算出に必要な変動費と固定費とは?
第13回:開業後に赤字にしない為の損益分岐点売上高の計算方法とは?
第14回:店舗経営で営業利益を出すために必要な計算式とは?
第15回:内装工事の減価償却方法と税金について
第16回:内装工事の耐用年数と減価償却について
第17回:賃貸物件でもかかる固定資産税について
第18回:店鋪・飲食店開業前にやるべき立地、物件選びとは?
第19回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その1
第20回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その2
第21回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その3


mmk







内装工事費は見積り比較をすることで確実に安くなります。あなたの地域の優良内装工事会社をご紹介、当サービスは無料でご利用可能。

内装工事費用を安くする方法


このページの先頭へ