内装工事と法律について/アーキクラウド

内装工事と法律についての記事です。建築基準法、消防法、建設業法、バリアフリー法など内装工事に関わる法律は多機に渡ります。それぞれのポイントを抑えることで、設計から工事までの流れの中での注意点を把握することができます。今の時代法令遵守は絶対なので業者にまかせきりではなく、ご自身で内容を把握して理解することが重要です。

民泊用に内装工事を行う際に知っておきたい6つのポイントとは?

minpaku

近年、個人が空き家を旅行者等に貸出し、利用者と供給側をマッチングするサイト「Airbnb(エアビーアンドビー)」が広く普及していることで、自己所有及び賃貸している物件を他人に貸すビジネスが流行っている。 このようなビジネ・・・

店舗内装工事における確認申請の注意点について

kijunho

確認申請は新しく建物を建てる際に、管轄の行政へ提出する申請のことを言う。内装工事に関しては関係ないと思われる方も多いだろう。しかし、内装工事と言えど、実際には確認申請が必要となるケースが多々ある。 もし、確認申請が必要な・・・

新規店舗オーナーのための内装におけるA工事,B工事,C工事の違いについて

内装A工事における躯体の範囲

これから新たに店舗オーナーになろうとするあなたが、まず直面するのはこのような問題だ。 内装工事を発注する上で、最低限知っておかなければならない建築業界の専門用語というものがある。ABC工事はその中でも最も重要と言っても過・・・

店舗オーナーが知っておくべき防火区画の重要性とは?

防火区画の竪穴区画の説明

飲食店やサービス店舗、物販店舗を開店のために、これから新たに内装工事を実施する新規経営者にとって、把握しなければならない建築関連の法規で重要なものが防火区画だ。 防火区画がある物件と、無い物件では内装工事費も大きく変わっ・・・

このページの先頭へ