エステの開業資金はいくら?用意すべきお金と資金調達の知識

「サロネーゼ」という言葉があるように、自分だけのサロンを持ちたいと思っている女性も多いのではないでしょうか。とくに自宅で開業できるエステサロンは、人気の働き方です。ここでは「自分のエステサロンを開業したい」と思っている人に役立つ、お金についての情報をまとめてみました。用意するべきお金と資金調達の知識を身に着けて、スムーズなエステサロン経営を目指しましょう。

エステ開業にかかる資金はどれくらい?

エステサロンを開業する場合は、その規模によって必要となる資金は変わってきます。人脈も資金も潤沢であれば、はじめから大規模なサロンを経営することができますが、多くの人は「小規模サロン」からのスタートを選択しています。小規模サロンで経験を積み、少しずつ事業を拡大していくのです。ここでは、そんな小規模サロンを開業する際の資金について紹介していきます。

まずマンションの一室を借りてエステサロンを開業する場合は、1年間経営ができるだけの資金を準備しておく必要があります。開業してすぐは、お客さんも少なく赤字が続くことがあるかもしれません。そういったときに資金がショートしないよう、最低1年間は続けられるお金を用意しておくのです。

たとえば家賃が8万円のマンションを借りる場合は、250万円程度準備できると安心です。この250万の内訳で大きな金額を占めるのが、「家賃」「設備投資」「内装工事費」です。8万円のマンションを1年間借りると、それだけで96万円かかります。また契約時には敷金・礼金・仲介手数料といった諸費用も発生します。よって、賃貸料だけでも100万円以上はかかることを想定しましょう。マンションを借りると、毎月必ず賃料が発生します。この賃料が大きな負担に感じるのであれば、自宅で開業するのも一つの方法です。自宅でのサロン経営の最大のメリットは、賃料が発生しない点です。ただし、サロン開業に合わせて自宅を改装しなければならないケースもあります。物件を借りるのか、自宅でするのか、どちらがベストなのかをよく考えたうえで開業することが大切です。

エステ開業にかかる資金はどれくらい?

エステの開業に欠かせない費用の項目

コストを抑えるために自宅で開業したとしても、ある程度の費用は発生します。エステ開業に欠かせない費用の項目を見てみましょう。最も重要なものが「エステ機器」です。エステ機器は10万円以下の安価なものから、100万円を超える高級品まで、数多くあります。どんなサロンを開業するのかによって、必要となるエステ機器は変わってきます。費用を抑えたいポイントにもなりますが、エステ機器はサロンの大切な商売道具です。価格と機能のバランスを考えて、最適なものを選びましょう。またエステの施術にはベッドが欠かせません。リラックスした時間を過ごしてもらうためにも、寝心地のよいベッドを準備するのがおすすめです。化粧品、タオル、シーツといった消耗品も必要です。タオルとシーツは業務と並行して洗濯します。よって洗濯機も設置する必要があります。

またエステサロンを経営するためには、あらゆる事務手続きも行うことになります。広告の作成、売上の集計、顧客カルテの記入といった事務作業には、テーブルや椅子、パソコンが必須です。また小型のプリンターがあると、作業効率が格段にアップするので、あわせて購入しておきましょう。

このように自宅でエステサロンを開業する場合にも、準備するものは数多くあるのです。費用としては100万円~150万程度を用意できるとよいでしょう。

エステの開業に欠かせない費用の項目

エステの開業におすすめの資金調達

エステの開業におすすめの資金調達方法は2つあります。

1つ目は日本政策金融公庫の「女性・若者・シニア起業家資金」です。これは名前の通り、女性の起業を支援するための制度となっています。女性の借り入れ実績も多く、エステ開業にはぴったりの資金調達法です。実際に多くのサロン経営者が、この制度を活用して資金を調達しています。

2つ目は国や自治体が独自に設定している助成制度です。助成金や補助金と呼ばれるものは、条件を満たせば、返済する必要がありません。もしこれらのお金を手にすることができれば、初期費用の負担はグッと軽くなるでしょう。ただしこれらの助成制度には、必ず審査があります。事業計画書を作成し、収益性や社会的な貢献度などが評価され、クリアできた事業に限り助成金が支払われるのです。事業計画書はかなり念入りに作成する必要があるため、時間と手間がかかります。助成金としてもらえる資金と、事業計画書を作成するためにかかる手間を考えて、それでも必要だと思えるのであれば、ぜひ積極的に活用してみてください。

開業後に資金を回収するための経営ポイント

エステを開業したあとは、資金を回収するために経営を軌道に乗せる必要があります。資金を回収するためには大きく3つの経営ポイントが挙げられます

1つ目は、自分のエステの強みを作ることです。「お客様の要望に合わせて、どんな施術も行います」というキャッチコピーは一見魅力的に感じます。けれども、サロンの特徴がぼやけてしまい、「このお店でなければならない理由」がなくなります。また、すべての要望に応えようとすると、幅広いメニューやエステ機器が必要となり、手間もコストもかかります。それよりも、「このサロンは、肌のたるみでお悩みのお客様にぴったりの施術を提案します」という具体的なワードの方が、効果的に集客することができるはずです。自分の得意分野を活かし、それを強みとするサロン経営を目指しましょう。

2つ目は、リピーターをつかむことです。リピーターを獲得することで、収入の目途が立ちやすくなり、経営も安定してきます。またリピーターからの口コミで新規のお客様が来店するという、相乗効果も期待できるでしょう。そのためには、「もう一度足を運びたくなるサロン」にすることが重要です。施術内容はもちろん、リラックスできるような空間作りを心がけましょう。

そして3つ目は、お金の計算をしっかり行うことです。サロン経営で陥りがちなのが、「売上」を「利益」として認識してしまうことです。たとえ月に100万円の売上があっても、家賃や諸経費で90万円かかっていれば、実質的な利益は10万円です。売上に対して利益が極端に少ない場合は、削れるポイントを見つけて、利益率をあげる工夫をしましょう。もし個人でお金の管理が困難であれば、税理士などお金のプロのアドバイスをもらうことで、健全な経営ができるようになるはずです。

開業後に資金を回収するための経営ポイント

資金繰りを考えながらエステ開業を!

エステの開業は決して難しいものではありません。初期費用さえ準備することができれば、開業届を出すだけで、自分のサロンを持つことができます。

しかし大切なのは、その後の経営です。はじめは赤字が続くかもしれませんが、トライ&エラーを繰り返しながら、安定した利益をあげることが重要となります。そのためには、エステの腕がいいだけではいけません。お客様のニーズをしっかりと把握し、それにあったメニューを用意します。そしてニーズがありそうな場所で、効果的な宣伝をするのです。今はネットでサロン検索する人も増えたので、WEBマーケティングの知識を身に着けるのもおすすめです。

そして何より、「また施術してほしい」と思ってもらえる人柄も大切です。お客様の悩みに寄り添い、それを解決していくことで顧客満足度の高い施術となります。そういった人がリピーターとなり、口コミでサロンの情報が発信されていくのです。自宅サロンのような小規模エステ経営では、こういった口コミの効果は絶大です。一人一人のお客様を大切に、楽しいエステサロン経営を目指しましょう。

資金繰りを考えながらエステ開業を!

株式会社 アーキバンク

株式会社アーキバンク
建築に関わる専門知識、経験を活かし、建築や内装に関わる「ヒト」「モノ」「サービス」を効率的かつ有効に結びつけるため、建築関連のWEBメディア事業を中心に、WEBコンサルティング事業を展開。

この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有を!!





店舗開業21日間集中メール講座


go

年間1000件以上の店舗開業支援をさせて頂く中で蓄積されたアーキクラウドの店舗開業ノウハウをぎっしり詰め込んだ21日間の無料メール講座です。

店舗開業の基礎から応用的な項目まで、物件探しから開業後の資金計画など時系列に沿った講義を行うことで、着実に開業に向けた知識を得ることができます。

飲食店(カフェ、居酒屋、バル、レストラン、バー、喫茶店、ラーメン店など)からサービス業(美容室、理容室、リラクサロン、エステ、クリニック、整骨院、鍼灸院など)まで、これから店舗を開業したいという方、また、既に開業されている方で店舗開業についてさらに知識を付けたいという方は是非ご登録下さい。

mmk


講座の内容
第1回:内装工事の価格があいまいな理由とは?
第2回:内装工事額の見積り21業種全てを公開!
第3回:カフェを事例に開業資金をシュミレーション!
第4回:店鋪の開業資金を抑える方法とは?
第5回:店鋪飲食店の開業資金の計算方法とは?
第6回:知らないと損する居抜き物件の種類とは?
第7回:お得な居抜き物件の見極め方とは?
第8回:居抜き物件の設備機器の盲点とは?
第9回:日本政策金融公庫の融資で内装工事をするための裏技とは?
第10回:高い確率で融資を得るための創業計画書の書き方とは?
第11回:リノベーションやリフォームで使える補助金制度とは?
第12回:店舗開業後の利益算出に必要な変動費と固定費とは?
第13回:開業後に赤字にしない為の損益分岐点売上高の計算方法とは?
第14回:店舗経営で営業利益を出すために必要な計算式とは?
第15回:内装工事の減価償却方法と税金について
第16回:内装工事の耐用年数と減価償却について
第17回:賃貸物件でもかかる固定資産税について
第18回:店鋪・飲食店開業前にやるべき立地、物件選びとは?
第19回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その1
第20回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その2
第21回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その3


mmk







内装工事費は見積り比較をすることで確実に安くなります。あなたの地域の優良内装工事会社をご紹介、当サービスは無料でご利用可能。

内装工事費用を安くする方法


このページの先頭へ