事務所、オフィスの開設費用の相場と安くする方法を公開します

これから起業し、新たにビジネスを始めようとする新規経営者にとって、オフィス、事務所の開設費用は必ず知っておかなければならない重要な項目だ。

特に初期においては大きな資金が必要になるため、今後の経営にも大きな影響を与えることになるだろう。しかし、今まで自分のビジネス構築に時間を費やしてきた新規経営者にとって、開設費用と言われてもイメージがつかないというのが本音ではないだろうか?

この記事では、オフィスを開設する上で必要となる資金についての詳細を分かり易く、そしてできるだけ短期間に理解できる様に解説させて頂く。

事務所、オフィスの開設資金の特徴とは?

事務所の開設の費用は、その他の業種例えば、飲食店やサービス業店舗に比べて安くなる傾向がある。その最も大きな原因は内装工事費だ。

飲食店の場合、内装工事費用は坪単価30万円以上が相場だが、事務所、オフィスの場合は、坪単価20万円台が平均的な金額となる。面積にもよるが、100万円以上の差が生ずるのである。それでは実際にどの様な費用が必要となるのか?各項目別に検討していこう。

 

物件取得費について

物件取得費とは、テナントを借りる際に必要となる初期費用のことを言う。その中でも最も大きな金額となるのが「保証金」だ。保証金とは、賃貸契約を結ぶ上での保証として、オーナー側に預ける費用の事を言う。

当然ながら契約終了後は借り主へ返却されるものではあるが、物件によっては、契約終了後すぐに返却されなかったり、次のテナントが決まるまで返却されないなど借り主にとって不利な条件となることがあるので注意したい。相場は月額賃料の6ヶ月〜12ヶ月だ。

 

続いて大きな金額となるのが、初回家賃だ。契約時に支払う家賃のことで、当月の日払い分と翌月分の賃料が必要となる。家賃発生日は内装工事開始日が通例となる。

つまり、内装工事期間(通常1ヶ月程度)は収入が無い状態で、賃料を支払わなければならないので注意をしよう。但し、オーナーによっては、入居日を家賃発生日にしてくれることもあるので、交渉してみるのも良いだろう。

 

続いて、必要となるのが、仲介手数料だ。これは賃貸住宅の場合でも必ず必要で、一般的な支出なので理解し易いだろう。家賃の1ヶ月分を仲介業者に支払うことになる。それでは各費用を算出してみよう。

 

条件

渋谷駅徒歩10分、面積30坪、賃料60万円(坪単価2万円)

保証金

60万円×6ヶ月=360万円(6ヶ月を想定)

初回家賃

60万円×1.5ヶ月=90万円

仲介手数料

60万円×1.0ヶ月=60万円

物件取得費合計

360万円+90万円+60万円=510万円

 

内装工事費について

続いて内装工事費について。内装工事費については上述した様に、一般的に坪単価20万円程度の費用を見ていれば問題ないだろう。特に事務所の場合、グレードによる差も出にくいので、どの様なケースでもブレは少ない。

内装工事費用に関しては下記記事にまとめているので詳細はこちらを確認して頂きたい。仕様を下げずに工事費用を下げる方法など、プロならではのノウハウが満載なので、一読して頂きたい。

「事務所、オフィスの内装工事費用の坪単価、相場感を見積書で解説」

 

内装工事費合計

30坪×20万円/坪=600万円

 

備品、その他経費

備品について、最も大きな割合を占めるのが、机、椅子、キャビネットなどの家具類だ。家具はグレード差が大きく、レイアウト計画と配置込みで、一人あたりの費用は20万円〜60万円程度と幅がある。

更に安く仕上げたいのあれば、IKEAなどの量販店で自分で探してきて配置すれば、一人当たりの単価は5万円程度まで下げることも可能だ。その他経費については、ホームページ作成費用や、その他小物備品類などの購入費用がそれに当たる。

 

備品、その他経費合計

20万円×7人=140万円(家具費用)
60万円(ホームページ作成費用)
10万円(小物備品類)

合計:210万円

 

開業費用合計

今回の条件によると開業費用の合計は、
510万円+600万円+210万円=1320万円
という結果となった。

 

事務所の開設費用はどの様に調達すれば良いか?

上記で検討した様に事務所の開設費用は決して安くは無い。全ての資金を今までの貯蓄で準備するのは難しいだろう。しかし、開設費用の50%程度は自己資金で調達するのが良いと言われている。最低でも500万円程度は準備をしておきたい。

では、残りの50%はどうすれば良いのか?両親や友人から借りるという方法もあるが、最も一般的な方法は借り入れだ。下記にその詳細を記載する。

 

日本政策金融公庫から借り入れ

日本政策金融公庫とは国が運営する機関だ。比較的融資が下りやすく融資条件が厳しくないため、新規に事務所を開設する場合、重宝されている。

特に「新創業融資制度」は最大で準備資金の10倍もの融資を、保証人及び担保無しで借り入れ可能だ。特に、まだ民間の金融機関との繋がりが無い場合は、是非利用したい融資元だ。

 

民間の金融機関から借り入れ

民間の金融機関とは銀行やノンバンクのことを言う。新規経営者の場合、実績がなければ借り入れは厳しいだろう。但し、法人成りで、個人事業主の時にある程度実績があれば問題は無い。

日本政策金融公庫の場合、借り入れの限度額があるが、民間の場合は、信頼関係が構築できれば限度額は特に決まっていない。事業を拡大する時など大量の資金が必要となる時は是非とも利用したい時は民間の金融機関からの融資が必要となるのだ。

いづれにしても、黒字経営、毎月の返済をしっかりと行い、銀行との信頼関係が構築することが重要だ。

 

地方自治体の制度融資で借り入れ

地方自治体と地元の金融機関による融資制度となる。他の借り入れ先と比べて金利が圧倒的に安いのが特徴だ。ただし、自己資金の2倍までしか融資を受けることができない。また手続きに時間を要するというデメリットがある。

よって自己資金が豊富にあり、時間にも余裕がある場合は是非ともチャレンジして頂きたい制度である。

 

事務所の開設費用を安くする方法と?

事務所の開設費用を安くするためには、上述した通り、全体費用の80%以上を占める「物件取得費」と「内装工事費」をいかに抑えるかがポイントとなる。下記にその方法を記載する。

 

物件取得費を安くする方法

物件取得費で大きな割合を占めるのが保証金だ。実は保証金が無い物件は数は少ないがある。また保証金が6ヶ月以下という物件も実際にはある。

しかし、築年数が古くて人気が無い、保証会社に加入必須、など諸条件が多いので注意したい。いずれにしても、起業したての頃はできるだけ初期費用を抑えることを優先するべきだろう。

保証金が無い、若しくは少ない物件の探し方は、通常の物件検索サイトで検索することもできるが、その様な物件のみを専門に扱うサイトもあるので、一度利用してみるのも良いだろう。

 

内装工事費を安くする方法

内装工事費を安く抑えるために最も有効な方法は、複数の業者に見積比較を行う方法だ。競争原理を働かせることで内装工事費用は確実に安くなる。

アーキクラウドの実例を下記に記載するので参考にして頂きたい。通常坪単価20万円が相場となるが、2社とも坪単価10万円台の金額が提出された。案件受注のために最低限の利益のみを乗せて努力した結果だ。

また工事金額全体としては、100万円以上の差が出ている。見積比較は無料提供させて頂いているので是非試して頂きたい。

「内装工事見積もり比較/アーキクラウド」

 

事務所、オフィス内装工事の見積書

A社:坪単価14万円

officemitsumori02

B社:坪単価17万円

officemitsumori03

C社:坪単価16万円

最後に

今回の記事で、事務所、オフィスの開設費用の相場感が掴めたのではないだろうか?また、これらの費用を抑える方法についても解説しているので是非実行に移して欲しい。起業間もない頃は、大きな費用とエネルギーを消費することになるが、全ての起業家が通る道でもあるので、決して諦めずに、あなたのビジネスを成功させるために努力を続けて欲しい。

 

株式会社 アーキバンク
株式会社アーキバンク
建築に関わる専門知識、経験を活かし、建築や内装に関わる「ヒト」「モノ」「サービス」を効率的かつ有効に結びつけるため、建築関連のWEBメディア事業を中心に、WEBコンサルティング事業を展開。
この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有を!!





店舗開業21日間集中メール講座


go

年間1000件以上の店舗開業支援をさせて頂く中で蓄積されたアーキクラウドの店舗開業ノウハウをぎっしり詰め込んだ21日間の無料メール講座です。

店舗開業の基礎から応用的な項目まで、物件探しから開業後の資金計画など時系列に沿った講義を行うことで、着実に開業に向けた知識を得ることができます。

飲食店(カフェ、居酒屋、バル、レストラン、バー、喫茶店、ラーメン店など)からサービス業(美容室、理容室、リラクサロン、エステ、クリニック、整骨院、鍼灸院など)まで、これから店舗を開業したいという方、また、既に開業されている方で店舗開業についてさらに知識を付けたいという方は是非ご登録下さい。

mmk


講座の内容
第1回:内装工事の価格があいまいな理由とは?
第2回:内装工事額の見積り21業種全てを公開!
第3回:カフェを事例に開業資金をシュミレーション!
第4回:店鋪の開業資金を抑える方法とは?
第5回:店鋪飲食店の開業資金の計算方法とは?
第6回:知らないと損する居抜き物件の種類とは?
第7回:お得な居抜き物件の見極め方とは?
第8回:居抜き物件の設備機器の盲点とは?
第9回:日本政策金融公庫の融資で内装工事をするための裏技とは?
第10回:高い確率で融資を得るための創業計画書の書き方とは?
第11回:リノベーションやリフォームで使える補助金制度とは?
第12回:店舗開業後の利益算出に必要な変動費と固定費とは?
第13回:開業後に赤字にしない為の損益分岐点売上高の計算方法とは?
第14回:店舗経営で営業利益を出すために必要な計算式とは?
第15回:内装工事の減価償却方法と税金について
第16回:内装工事の耐用年数と減価償却について
第17回:賃貸物件でもかかる固定資産税について
第18回:店鋪・飲食店開業前にやるべき立地、物件選びとは?
第19回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その1
第20回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その2
第21回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その3


mmk







内装工事費は見積り比較をすることで確実に安くなります。あなたの地域の優良内装工事会社をご紹介、当サービスは無料でご利用可能。

内装工事費用を安くする方法


このページの先頭へ