スナックの内装工事費用を安くするための3つのポイントとは?

これからスナックを開業しようとするあなたにとって、工事費用やデザインは開業後の経営を左右する大きな要点であることは間違いない。特に内装工事費は開業資金に占める割合も大きく、この費用をどうにかして安くしたいと考えるオーナーは多いはずだ。

しかし、内装工事は専門的な分野であるため、工事費用を下げると言っても、良いアイディアが浮かばないことがほとんどだろう。

そのようなオーナーのために、建築業界に長年携わってきた筆者の経験を踏まえて、スナックの内装工事費用をコストダウンするための方法を公開させて頂く。

 

スナックの内装費用はどの程度必要か?

スナックといっても立地や料金体系によってその種類は多岐に渡る。少し敷居が高く、クラブに近い高級感のあるタイプから、庶民的で誰でも入りやすいタイプなど様々だ。

当然ながら、それぞれによって工事金額は変わってくる。一般的なスナックの場合は内装工事に必要な工事単価は20万円〜30万円/坪程度で可能だ。

また、床や壁の素材にタイルや石などの素材を使ったり、照明でおしゃれな演出をすると坪単価は40万円を超えてくるだろう。

そして、注意しなければならないのが防音工事だ。ほとんどのスナックの場合、カラオケを設けることになると思うが、その際に必要となるのが防音工事となる。スタジオのような完璧な防音性能は不要だとしても、周囲の店舗への影響を考えれ必須の工事と言って良いだろう。

物件のプランや周辺環境によって範囲や仕様が変わってくるので一概には言えないが、上記坪単価の1.5倍〜2倍ぐらいの費用が必要となることもあるので、注意したい。

『内装工事費用を無料で比較する/アーキクラウド』

 

スナックの内装工事費を安くする方法1

内装工事の金額を下げる際に最も効果的なのが仕上げのグレードの調整だ。仕上げ材はそのグレードによって金額が大きくことなる。ちょっとしたデザインや質感の違いで単価が倍になったり、逆に半額になったりすることは珍しくない。

よって、デザイナーや工事会社から提示された見積もり額が高いと感じた場合は、床や壁に使用している素材のサンプルを提示してもらうようにしよう。

例えば石であっても、石の模様をした塩ビタイルは多くある。単価にしたら半額どころではなく1/3や1/4ぐらいのものはたくさんあるのだ。そういった、同じような見た目のもので、より安い素材のものを探して来てもらうのだ。

また、基本的に営業中は暗がりの中だ。安い素材であっても、照明の使い方次第では十分に見るに堪えるものに変えることができる。そういった、コストダウン案をデザイナーや工事会社に提示してもらうのが良いだろう。

 

スナックの内装工事費を安くする方法2

スナックの内装工事費用の悩みどころが上述した防音工事費用だ。しかし、この防音工事費用を抑える方法がある。それは物件選びの際に地下の物件を選択することだ。

地下であれば、隣に店舗等が無いので、自店舗の壁に防音を施す必要が無くなる。つまり、大幅に工事費用を抑えることができる。

ただし、地下の場合は路面物件に比べて立地という点で不利になるので、初期費用と、立地条件による長期的な経営計画をしっかり比較した上でじっくりと検討して頂きたい。

 

スナックの内装工事費を安くする方法3

スナックの工事で多いのが、知り合いの工事会社に依頼するというパターンだ。知り合いの紹介であれば信頼できるし、高い金額にはならないだろうという思い込みがそうさせるのだが、そのような場合、ほとんどが失敗してまうことが多い。

まず1社のみ場合は、競争原理が働かないため、工事金額を下げることが困難となる。また、たとえ納得できるような金額であっても、知り合いの紹介ということで、無理な要求が言いづらかったり、値下げ交渉もしにくい。これが失敗の主な原因だ。

よって、最も良いのが、複数の工事会社に同時に見積もりを提示してもらい工事金額を比較する方法だ。こうすることで、工事金額が安くなると同時に複数の案も比較できるので、より自分のイメージに近いデザインを選ぶことも可能だ。

アーキクラウドでは、多くの優良な内装工事会社と全国規模で提携を結んできる。素早い対応で、見積もりとデザイン案を無料で提示させて頂くことが可能なので、もし必要な場合は是非当サイトサービスをご利用頂きたい。

「アーキクラウド/内装工事見積もり比較」

 

最後に

今回はスナックの内装工事に関して、その費用を安くする方法を公開させて頂いた。スナックは一見それほど工事費用がかからないように見えるが、実際には上述したように防音工事費用など、コスト増となる要因はたくさんある。

ただし、今回ご紹介した方法を実践して頂ければ、内装のクオリティを担保しながら、工事費を下げることはそれほど難しくない。内装工事費用は決して安くない金額であるので、しっかりと検討して、価格はもちろんのこと、デザイン的に納得のいく工事にして頂きたい。

 

 

【記事監修】 山田 博保
店舗ビジネス&建築マーケティング/一級建築士     
建築業界での経験を活かしたWEBメディアを運営。内装工事マッチングサイト「アーキクラウド」創業者。WEBコンサル事業、コンテンツ販売事業にも携わる。Facebookお友達申請大歓迎です。その他WEB集客、自社メディア構築、ビジネスモデル構築に関するコンテンツは公式サイトより。
この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有を!!





店舗開業21日間集中メール講座


go

年間1000件以上の店舗開業支援をさせて頂く中で蓄積されたアーキクラウドの店舗開業ノウハウをぎっしり詰め込んだ21日間の無料メール講座です。

店舗開業の基礎から応用的な項目まで、物件探しから開業後の資金計画など時系列に沿った講義を行うことで、着実に開業に向けた知識を得ることができます。

飲食店(カフェ、居酒屋、バル、レストラン、バー、喫茶店、ラーメン店など)からサービス業(美容室、理容室、リラクサロン、エステ、クリニック、整骨院、鍼灸院など)まで、これから店舗を開業したいという方、また、既に開業されている方で店舗開業についてさらに知識を付けたいという方は是非ご登録下さい。

mmk


講座の内容
第1回:内装工事の価格があいまいな理由とは?
第2回:内装工事額の見積り21業種全てを公開!
第3回:カフェを事例に開業資金をシュミレーション!
第4回:店鋪の開業資金を抑える方法とは?
第5回:店鋪飲食店の開業資金の計算方法とは?
第6回:知らないと損する居抜き物件の種類とは?
第7回:お得な居抜き物件の見極め方とは?
第8回:居抜き物件の設備機器の盲点とは?
第9回:日本政策金融公庫の融資で内装工事をするための裏技とは?
第10回:高い確率で融資を得るための創業計画書の書き方とは?
第11回:リノベーションやリフォームで使える補助金制度とは?
第12回:店舗開業後の利益算出に必要な変動費と固定費とは?
第13回:開業後に赤字にしない為の損益分岐点売上高の計算方法とは?
第14回:店舗経営で営業利益を出すために必要な計算式とは?
第15回:内装工事の減価償却方法と税金について
第16回:内装工事の耐用年数と減価償却について
第17回:賃貸物件でもかかる固定資産税について
第18回:店鋪・飲食店開業前にやるべき立地、物件選びとは?
第19回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その1
第20回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その2
第21回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その3


mmk







内装工事費は見積り比較をすることで確実に安くなります。あなたの地域の優良内装工事会社をご紹介、当サービスは無料でご利用可能。

内装工事費用を安くする方法


このページの先頭へ