おしゃれモダンな店舗内装に!デザインのポイントを要チェック

落ち着いたおしゃれな空間を演出できることが魅力の「モダンスタイル」。モダンスタイルは部屋のインテリアとしてだけではなく、会社や店舗の内装デザインとして高い人気があります。おしゃれモダンな内装を完成させるには、いくつかのポイントがあります。しっかりとポイントを押さえて、ワンランク上の内装デザインを目指しましょう。ここでは、おしゃれモダンな内装デザインにするためのポイントを紹介します。

モダンな内装ってどんなデザイン?

モダンな内装とは、簡単にまとめると「余計な装飾を削ぎ落としたシンプルスタイル」を指します。華美な装飾を避けて内装をシンプルにまとめることで、すっきりとした部屋や空間を演出できるのです。また、モダンスタイルはスタイリッシュで「生活感がない」ことも特徴です。飾り気がなく洗練された空間は、見る人に非日常的な美しさを感じさせます。
それに加えて、モダンスタイルは洗練された空間でありながら、どこか「暖かみがある」こともポイントです。モダンスタイルは無機質で冷たい印象を持つ人もいるかもしれませんが、木製や暖色の家具をうまく配置することで、暖かみのある空間を演出できるのです。モダンスタイルはさまざまなカラーや素材を自由に組み合わせて、自分好みのおしゃれな内装を目指せることも人気のポイントでしょう。

モダンなコンセプトの種類って?

モダンインテリアの基本デザイン

モダンインテリアの基本は、ベースカラーを「白」に設定することです。白を基調にして内装を考えることで、モダンスタイルの特徴であるスタイリッシュさや開放感を演出できます。さらに、ベースとなる白色に黒色を加えた「モノトーン」スタイルは、モダンインテリアの定番です。基本カラーをモノトーンでまとめることで、統一感が生まれておしゃれモダンな印象を与えられます。

また、「金属やガラス」をうまく取り入れることも、おしゃれなモダンスタイルに欠かせません。金属やガラスなどの素材は無機質な印象が強く、シンプルでありながら空間に良いアクセントを加えてくれます。金属やガラスは光に当たるとツヤツヤと輝き、リッチな印象を高めてくれるのです。

さらに、モダンスタイルをかたちづくるには「直線的&曲線で構成」することもポイントです。無駄がなくすっきりとしたフォルムの直線と、開放感ややわらかさを持つ曲線の両方を空間に取り入れることで、洗練されたモダンな印象が強まります。

それに加えて、モダンスタイルは素材にこだわりを持つことも大切です。なかでも、革素材や鏡素材のように「つるっとした素材感」は、モダンな空間づくりに役立ちます。つるっとした素材感は無機質で近未来的なイメージがあり、非日常的な空間を演出するのに向いているでしょう。

モダンインテリアの基本デザイン

モダンなコンセプトの種類って?

モダンインテリアにはいくつかの種類があり、コンセプトは大きく10通りに分けられます。コンセプトによって空間の雰囲気が大きく異なるため、内装デザインを考える前に、きちんとコンセプトごとの特徴を把握しておくことが肝心です。

まずは、シンプルさが魅力の「ナチュラルモダン」は、ファブリック素材や木材などをインテリアに取り入れた、ナチュラル感の高いレイアウトを指します。モダンな雰囲気にファブリックや木材の優しい風合いをプラスすることで、居心地が良い空間を目指せます。モダンな雰囲気は残したまま、ゆったりとリラックスできる空間をつくりたいという人にうってつけです。

個性的な空間が好みの場合は「ミッドセンチュリーモダン」がぴったりかもしれません。ミッドセンチュリーモダンは、斬新なデザインや奇抜なテイストの家具を多く取り入れた、アーティスティックなスタイルのことです。個性的なフォルムの家具を取り入れたり、ビビッドカラーをうまく組み合わせたりすることで、近未来的なモダンコーディネートが完成します。

「ラグジュアリーモダン」は、華やかで高貴な雰囲気が魅力です。重厚感のある家具を主役にしたレイアウトは、壁や床などの配色をシンプルにまとめることで、洗練された大人の雰囲気がアップします。家具の魅力を引き出しやすいため、家具選びにこだわりを持つ人にもぴったりです。

ハイセンスな印象を目指すのなら「スタイリッシュモダン」を選ぶのも一つの方法です。スタイリッシュモダンはモノトーンで統一した家具に、アクセントカラーを盛り込んだスタイルです。アクセントカラーを取り入れることで空間にメリハリが生まれて、ワンランク上のおしゃれさを演出できます。アクセントカラーは、モノトーンと相性の良い青や赤などの色を選ぶことがポイントです。クッションやカーテンなどにアクセントカラーを取り入れると、空間から浮かずになじみが良く、かっこいい印象を与えられます。

白をベースにした「ミニマルモダン」は、無駄なものがなく、シンプルさを極めたコーディネートです。白をベースにした爽やかな空間は、民族柄のマットやラグを取り入れると、モダンな印象が強まります。ミニマルモダンは生活感を徹底的に排除し、非日常的な空間を求めている人に向いています。

都会的な雰囲気の「シンプルモダン」は、モダンインテリアのなかでも人気の高いレイアウトです。モノトーンをメインカラーにして、さまざまな質感の家具を取り入れると、シンプルかつおしゃれな印象が強まります。なかでも、ツヤのあるガラス素材はシンプルモダンと好相性です。モノトーンが与えるスタイリッシュな雰囲気とガラスの持つ透明感がうまく組み合わさり、ハイセンスな空間を演出できます。

異国情緒を感じさせる「アジアンモダン」は、基本のモダンインテリアに、エキゾチックな小物や家具を組み合わせた様式のことです。シックな印象のモダンインテリアに、温もりを感じさせるアジアン家具を合わせることで、心がほっと落ち着く空間を演出できます。おしゃれなのにどこか心が安らぐ、自然さを感じられるテイストが人気です。

「和モダン」は、古き良き日本の文化と欧米の文化を融合させた、斬新な雰囲気が特徴です。モダンなレイアウトをベースに、日本らしさを感じさせる家具を選んだり、和紙や竹などの素材でできた上品な和雑貨を飾ったりすると、ぐんと和モダンらしい雰囲気がアップします。日本文化・欧米文化の両方の良さを活かした和モダンは、新鮮なのにどこか懐かしい、不思議な感覚を与えてくれます。

アンティークな雰囲気の「フレンチモダン」は、優雅で上品な印象を与えてくれることが魅力です。メインカラーはモノトーンでシックにまとめつつ、家具や雑貨をガーリーなテイストで統一することで、優しい雰囲気の空間が完成します。特に、エレガントな内装が好みの人に人気です。

「北欧モダン」は、シンプルなテイストに個性的な北欧デザインの家具やアート作品を盛り込んだインテリアのことです。北欧家具はナチュラルさと個性的なフォルムが特徴で、シンプルなモダンスタイルとの相性が抜群です。なかでも、北欧柄のラグやマットは大人っぽく知的な印象が強まり、空間に良いアクセントを加えてくれます。ナチュラルで心安らげる北欧モダンは、多くの人に愛されています。

モダンなコンセプトの種類って?

モダンデザインの演出に使えるインテリア

モダンスタイルはシンプルだからこそ、選ぶインテリアのセンスが問われます。モダンスタイルを演出するには、「木製の花瓶」を取り入れることも良い手です。花や緑は空間に潤いを与えてくれる重要なアイテムといえます。

シンプルになりがちなモダンスタイルだからこそ、花や緑を取り入れて室内に明るい雰囲気をプラスしましょう。なかでも、花や緑を飾る花瓶は、暖かみのある木製を選ぶとモダンな雰囲気を高めてくれます。優しい質感の花瓶をインテリアに取り入れることで、ナチュラルで優しい空間のモダンスタイルに近づけます。

また、ナチュラルさをプラスするには「木製のフォトフレーム」が便利です。フォトフレームは自分で撮影した写真やお気に入りのポストカードを入れておくと、おしゃれなインテリアになります。木製のフォトフレームはどんな家具とも合わせやすく、空間に自然になじみやすいこともメリットです。モダンな空間にうまく溶け込み、さりげない部屋のアクセントとして活躍してくれます。

それから、「ガラス製のフラワーベース」もモダンな内装をつくるうえで便利なアイテムです。ガラスの持つ無機質な輝きが生けた花の美しさを強調し、空間に華やかなアクセントを加えてくれます。優しい雰囲気よりもシャープな雰囲気を目指す場合は、ガラス製のアイテムを取り入れると便利です。

個性的なインテリアを目指すのであれば「シックなウォールアート」が欠かせません。モダンインテリアはベースカラーや家具のデザインがシンプルなぶん、ウォールアートで遊び心を加えることがポイントです。アーティスティックな絵画や写真をウォールアートとして飾ることで、まるで美術館のようにハイセンスな空間を演出できます。ウォールアートは気分や季節によって、手軽に取り換えが楽しめる点も魅力です。

モダンスタイルは無駄がなく、生活感のない雰囲気を目指すことが重要です。うまく生活感を隠すには、収納性に優れた「コイルバスケット」を取り入れるのも良いでしょう。コイルバスケットは見た目がおしゃれなだけではなく、日用品や小物などを隠せる優秀アイテムです。うまくコイルバスケットを活用することで、モダンでスタイリッシュな空間をつくるのに役立ちます。

壁面を華やかに彩る「ボタニカルフレーム」は、モダンな印象を高めてくれるアイテムです。ボタニカルの爽やかな雰囲気が、空間に開放感を与えてくれます。モノトーンをベースにしたモダンスタイルに、清涼感のあるボタニカルカラーを合わせることで、空間の良いアクセントになってくれます。

モダンデザインの演出に使えるインテリア

モダンなデザインを選ぶポイント

モダンデザインは多種多様であり、自分の好みをきちんと理解したうえで空間づくりを行うことが大切です。また、モダンスタイルを店舗デザインに施すのであれば、お店のコンセプトにマッチしているのかどうかも、選ぶときの基準として重要といえます。
漠然としたイメージのままデザインを考えるよりも、きちんとお店のコンセプトと照らし合わせてデザインを決定するほうが、より理想に近い店舗づくりを行えます。内装を決める際は、どのような雰囲気のお店を目指しているのか、ターゲットとなるお客さんの好みにマッチした内装であるのかをきちんと考えておきましょう。

それから、おしゃれなモダンデザインにするには、家具の選び方や配色、レイアウトのセンスがポイントになります。モダンデザインの考えがうまくまとまらないときは、プロの力を頼ることも良い方法です。プロのアドバイスを受けることで、自分の好みが明確になったり内装デザインを決めるヒントを得やすくなったりすることが期待できます。

よりマッチしたモダンデザインを選んでみて!

モダンインテリアは明確な定義がなく、さまざまなスタイルが存在することが特徴です。好みのテイストで統一することはもちろん、他のテイストをうまく組み合わせて、自分だけのミックスモダンスタイルを考えるのも良い方法といえます。基本となるシンプルな配色や家具選びのポイントを押さえておくことで、テイストをミックスさせても統一感があるモダンな空間が完成します。

内装デザインをスムーズに決めるには、さまざまなテイストのモダンデザインを見て、自分の理想を把握することが肝心です。下調べを徹底して行うことで、デザインを決める工程がスムーズになります。自分好みのデザインやお店のコンセプトにマッチしたデザインを選んで、オリジナリティの高いこだわった内装を目指しましょう。

よりマッチしたモダンデザインを選んでみて!

株式会社 アーキバンク

株式会社アーキバンク
建築に関わる専門知識、経験を活かし、建築や内装に関わる「ヒト」「モノ」「サービス」を効率的かつ有効に結びつけるため、建築関連のWEBメディア事業を中心に、WEBコンサルティング事業を展開。

この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有を!!





店舗開業21日間集中メール講座


go

年間1000件以上の店舗開業支援をさせて頂く中で蓄積されたアーキクラウドの店舗開業ノウハウをぎっしり詰め込んだ21日間の無料メール講座です。

店舗開業の基礎から応用的な項目まで、物件探しから開業後の資金計画など時系列に沿った講義を行うことで、着実に開業に向けた知識を得ることができます。

飲食店(カフェ、居酒屋、バル、レストラン、バー、喫茶店、ラーメン店など)からサービス業(美容室、理容室、リラクサロン、エステ、クリニック、整骨院、鍼灸院など)まで、これから店舗を開業したいという方、また、既に開業されている方で店舗開業についてさらに知識を付けたいという方は是非ご登録下さい。

mmk


講座の内容
第1回:内装工事の価格があいまいな理由とは?
第2回:内装工事額の見積り21業種全てを公開!
第3回:カフェを事例に開業資金をシュミレーション!
第4回:店鋪の開業資金を抑える方法とは?
第5回:店鋪飲食店の開業資金の計算方法とは?
第6回:知らないと損する居抜き物件の種類とは?
第7回:お得な居抜き物件の見極め方とは?
第8回:居抜き物件の設備機器の盲点とは?
第9回:日本政策金融公庫の融資で内装工事をするための裏技とは?
第10回:高い確率で融資を得るための創業計画書の書き方とは?
第11回:リノベーションやリフォームで使える補助金制度とは?
第12回:店舗開業後の利益算出に必要な変動費と固定費とは?
第13回:開業後に赤字にしない為の損益分岐点売上高の計算方法とは?
第14回:店舗経営で営業利益を出すために必要な計算式とは?
第15回:内装工事の減価償却方法と税金について
第16回:内装工事の耐用年数と減価償却について
第17回:賃貸物件でもかかる固定資産税について
第18回:店鋪・飲食店開業前にやるべき立地、物件選びとは?
第19回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その1
第20回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その2
第21回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その3


mmk







内装工事費は見積り比較をすることで確実に安くなります。あなたの地域の優良内装工事会社をご紹介、当サービスは無料でご利用可能。

内装工事費用を安くする方法