価格競争力が強くオーナーの立場に立って仕事を進めることができる内装工事会社

toki001

 

どの様な経緯で今の仕事を始められたのでしょうか?

toki003

私は、大学を卒業してから約8年間ゼネコンにおりまして、そこで建築を覚えました。

32歳の時にそのグループ会社に転職したんですが、そこでは、飲食部門があってその店舗の立ち上げに関わるようになりました。不動産屋から物件を借りて、内装デザインの打ち合わせをして発注するという、今とまったく逆の立場の仕事をしていたんです。

そこで飲食店を何店舗か立ち上げました。居酒屋やバーを含めて、全国で北は北海道から南は九州の福岡まで21店舗を増やしていきました。

その店舗立ち上げの仕事をしていた中で、オーナーが内装から不動産まで含めてやれたらいいんじゃないかということで、立ち上げたのが今の会社の前身です。

不動産だけでなく、以前の仕事柄、建築や内装も分かっている私が会社の立ち上げも頼まれまして、それからグループ内の仕事を請け負っていきました。

3年前に、ある程度ノウハウができて人も増えてきたところで、そろそろ一般の企業様や一般の個人様向けにもやっていこうということになり、それまでのイメージを一新するために、社名も変えて立ち上げたのが今の会社です。12月決算なので3期が終わり、今4期目になりました。

 

どのような体制で仕事を進めていますか?

一般の事業は私を含めて営業が3名です。その下に設計がパートを1人含めて4人。その下に現場監督が2人と、クロス、大工、設備、電気といった職人を5人自社で抱えています。

工事に関してまとめて外注先に丸投げという会社が多いと思うのですが、弊社では直接職人を雇っているので、とても融通が利きますし、ひとり親方の職人とのネットワークもあります。彼らは非常にいい仕事をするし、請負金額にしてもかなり融通を効かせてくれる。

今、特に一般の会社様や個人様は、お金にシビアになってきていますが、お客様に対してはできるだけ価格面でも協力させていただいています。

また、一般の企業様や一般の個人様とのお仕事で利益が低かったとしても、弊社の場合グループ内での工事がありますので、そちらで補填することができます。ですので他社と比べて価格競争力にはかなりの自信があります。

 

御社の強みは何ですか?

toki005

【提案資料:3Dパースと平面図】

 

私が逆の立場である発注側であったときに感じていたことですが、平面図と見積もりを見せられても一般の方はなかなかイメージが湧かないんですよ。

私たちの強みは、一番最初のアプローチとして、写真や手書きの絵をお見せして、お客様にとって、こんな感じのお店ができるんだとイメージが付きやすいご提案ができることです。

社員に、デザイナーと建築設計でパースを描く者が3名おりますので、その者らに絵を描かせています。平面もお見せしますが、絵をお見せして、こういった形なら坪単価どれくらいでトータルどれくらい、あとはお打ち合わせしながらできますよ、というような形でご提案をするので、お客様はイメージがしやすく分かりやすいと思うんですね。

相見積もりになった場合などの他社様は、たいてい平面図と見積もりだけで、そこまで最初からやっているところは少ないですよね。

 

得意分野はありますか?

得意分野は、飲食、居酒屋系が強いです。自分のグループでも飲食系の店舗をやっていることもあり、厨房機器などの仕入れもグループで購入している問屋があるため価格をかなり抑えることができますので、特に価格面の競争力がとても高いと思います。

 

今後の展望は?

年内中に不動産事業部をつくり、物件の紹介から店舗造りまで全てを行えるようにしたいと考えて動いています。現在、既に宅地建物取引主任者を採用していまして、内装工事を一緒にやらせていただければ、物件の成約の際の仲介手数料は頂かないというサービスを始めたいと考えています。

 

クライアントからの意見はありますか?

toki002

弊社はお客様からよく、職人がいいと言われています。現場管理の者は立てるのですが、私の経験上、現場での実際のやりとりは職人がお客様と話せる状況が一番よいと思っています。

弊社では下請けの職人に関してもお客さんとのコミュニケーションをきちんととれる人間が多いんですよ。職人もいいお店を作りたいというスタンスがあるので、お客様からしても非常に融通が効くと言われています。

普通のオフィスと違って店舗というのは、お客様からその場で、こうしたほうがいいとか、こうしたいという要望がでてくることが多いのですが、そういった時、職人には、現場監督に確認しなくてもお客様とのコミュニケーションの中で判断してよいと任せています。

お客様から金額的に頂けるときは頂きますが、頂けないときは、サービスでやりますので、その辺りは職人に一任するということにしています。

これはお客様からとても喜ばれていて、私が現場を廻るときも言われるのが、あの職人さんいいわ~、大工さんいいわ~、設備屋さんいいわ~、と職人のほうがかなり気に入られてしまいます。お客様からご指摘されることは、いまのところ思いつくところがありません。

 

最後にお客様に向けてメッセージをお願いします

弊社のオーナーも常に言っている内容で、グループの社訓としているのですが、お客様の笑顔を見ることができるように仕事をしていくこと、利益も大事だがいいお店を作ってお客様に喜んでもらい、その対価として利益があればよいということを、いつも社員にも伝えています。

 

アーキクラウドよりコメント

今回の工事会社は自社グループ内で飲食店を何店舗も運営されているということで、オーナー側の立場に立った対応ができる点が特徴となります。またグループ内での利益率の高い仕事があるため一般向けには価格を抑えた工事ができるという点も大きなポイントです。実際にアーキクラウドでも多くの案件を受注し、強みを活かした事業展開をされています。

 

会社概要と過去の設計施工実績

 

本社所在地 東京都豊島区
営業範囲 関東圏、九州、北海道
業務範囲 内装設計(デザイン)、内装工事
強み オーナーの立場に立って作ることができる低価格店舗
売上高 年間約7億円

 

 

株式会社 アーキバンク
株式会社アーキバンク
建築に関わる専門知識、経験を活かし、建築や内装に関わる「ヒト」「モノ」「サービス」を効率的かつ有効に結びつけるため、建築関連のWEBメディア事業を中心に、WEBコンサルティング事業を展開。
この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有を!!





店舗開業21日間集中メール講座


go

年間1000件以上の店舗開業支援をさせて頂く中で蓄積されたアーキクラウドの店舗開業ノウハウをぎっしり詰め込んだ21日間の無料メール講座です。

店舗開業の基礎から応用的な項目まで、物件探しから開業後の資金計画など時系列に沿った講義を行うことで、着実に開業に向けた知識を得ることができます。

飲食店(カフェ、居酒屋、バル、レストラン、バー、喫茶店、ラーメン店など)からサービス業(美容室、理容室、リラクサロン、エステ、クリニック、整骨院、鍼灸院など)まで、これから店舗を開業したいという方、また、既に開業されている方で店舗開業についてさらに知識を付けたいという方は是非ご登録下さい。

mmk


講座の内容
第1回:内装工事の価格があいまいな理由とは?
第2回:内装工事額の見積り21業種全てを公開!
第3回:カフェを事例に開業資金をシュミレーション!
第4回:店鋪の開業資金を抑える方法とは?
第5回:店鋪飲食店の開業資金の計算方法とは?
第6回:知らないと損する居抜き物件の種類とは?
第7回:お得な居抜き物件の見極め方とは?
第8回:居抜き物件の設備機器の盲点とは?
第9回:日本政策金融公庫の融資で内装工事をするための裏技とは?
第10回:高い確率で融資を得るための創業計画書の書き方とは?
第11回:リノベーションやリフォームで使える補助金制度とは?
第12回:店舗開業後の利益算出に必要な変動費と固定費とは?
第13回:開業後に赤字にしない為の損益分岐点売上高の計算方法とは?
第14回:店舗経営で営業利益を出すために必要な計算式とは?
第15回:内装工事の減価償却方法と税金について
第16回:内装工事の耐用年数と減価償却について
第17回:賃貸物件でもかかる固定資産税について
第18回:店鋪・飲食店開業前にやるべき立地、物件選びとは?
第19回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その1
第20回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その2
第21回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その3


mmk







内装工事費は見積り比較をすることで確実に安くなります。あなたの地域の優良内装工事会社をご紹介、当サービスは無料でご利用可能。

内装工事費用を安くする方法


このページの先頭へ