生産性も大幅アップ!?理想的なオフィスの間取りの作り方を解説 | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

9:00~18:00 日本全国受付対応中 ※営業日:月~金、年末年始除く

NEWS オフィス、事務所開業の記事詳細

生産性も大幅アップ!?理想的なオフィスの間取りの作り方を解説

「新しいオフィスに移転することになった」「これから起業をする」といった方が悩むポイントとして、オフィスの間取りがあります。そもそもどのような間取りがあるのか、また、自分のオフィスにはどのような間取りが合っているのか。疑問を感じる箇所は非常に多いのではないでしょうか。

今回のコラムでは、オフィスの間取りに関する疑問を解消できるように、実際の写真を参考にしながら解説していきます。

まずはオフィスの間取りの目的を考えよう!

オフィスの間取りを決める上で大切なことは、目的を考えることです。たとえば、今後人が増えるようであれば「スペースを節約したレイアウト」、チームの会話を大事にしたいようであれば「コミュニケーションが楽に取れるようなレイアウト」などです。

その間取りにすることで、「どうなりたいのか?」「何ができるようになりたいのか?」を考えましょう。間取りについて迷ったときは、目的が何だったかを振り返ることで、指針を決めることができるはずです。

作業をする環境や今後の人員に配慮した目的を考えると、大体の間取りのイメージが決めることができます。間取りの種類は大きく分けて「島型」「スクール式」「ブース式」「背面対向式」の4種類があります。

島型は、デスクが向かい合わせで並んでおり、ひとつの島を作るような形で並んでいる間取りです。人と人の距離が近く向かい合っているので、コミュニケーションが取りやすい間取りです。また、形状が島型とよく似ている「フリーアドレス式」という間取りも存在します。

スクール式は学校の教室のように、すべてのデスクが同じ方向を向いている間取りのことです。コミュニケーションは取りづらいですが、作業に集中しやすいので、何かに集中して取り組んでもらいたい作業の場合は、スクール式にすると生産性が上がる傾向があります。

ブース式は、ひとつひとつのデスクをパネルやパーテーションで囲う間取りです。音や視界を遮断するので作業に集中できる空間をつくれます。パネルであれば、高さを調節することによって周りが見えるにもできるので、さまざまな使い方ができます。

背面対向式は、チームが円になった状態で、背中合わせに作業をする間取りのことをさします。別の方向を向いているのでそれぞれ作業に集中することができますが、うしろを振り返ると相談もできる画期的なレイアウトです。

オフィスの間取り

その間取りで大丈夫?オフィスの間取りを決めるときの注意点

オフィスの間取りを決めるときは、目的に合うものを選ぶとよいでしょう。目的に応じて間取りを選ぶことは、集中力やコミュニケーションの量にも関わるので、生産性の向上につながります。

しかし間取りを選ぶときには注意しなければならない点があります。それはスペースの問題です。間取りには、スペースを効率よく使えるレイアウトと使えないレイアウトが存在します。人の移動が激しい環境でありながらも、スペースを効率よく使えない間取りにしてしまったら「ひとり当たりのスペース量が多いから、新しく入ってくる人の作業場がない」なんてことにもなりうるのです。

よって、人員移動が激しくなることが想定できるようであれば、スペースを効率よく使える島型をおすすめします。島型は通路に使うスペース量が他の間取りよりも少ないので、無駄なくレイアウトすることができます。今後の人員にも配慮して間取りを決定するとトラブルを防げるでしょう。

また、動線を意識した間取りにするとよいでしょう。動線とは人の動く流れのことです。質問をよくされる人がいる席や、頻繁に使う書類が管理されている棚のまわりなどは通路を広く確保すると混雑を防ぐことができます。人が1人通るような通路では120cmほどの幅でよいですが、人通りが多い通路であれば160cmほどあるとよいでしょう。

そしてとくに重要であるのは、従業員からフィードバックをもらうことです。オフィスの間取りによる効果を受けるのは従業員です。実際に効果を体感してもらった従業員から意見をもらうことで、自分ひとりでは把握できない間取りの問題点も浮き彫りにすることができるでしょう。

具体的なオフィスの間取りパターンを紹介

この章では事例を交えてオフィスの間取りを紹介していきます。

・島型


間取りの中でも一番使われているといわれるレイアウトです。「オフィスの間取り」といわれると一番に浮かんでくるレイアウトではないでしょうか。営業職でも事務職でも対応できる便利な間取りです。

・フリーアドレス式

こちらも非常によく使われるレイアウトです。島型と違って席が自由なので、人数調整もしやすくコミュニケーションも取りやすいことが特徴です。この間取りであれば写真のように、開放的な空間づくりができることでしょう。

・ブース式


図書館などの勉強する空間でよく見かけるブース式がこちらです。写真のレイアウトは、コミュニケーションも取りやすいようになっています。よりパネルを高くすることで、コミュニケーションは取りづらくなるものの、個人の集中に特化した空間を作り出すことも可能になります。

オフィスの間取りはデザイナーに任せよう!

いざ間取りを選ぼうと思っても、「今までオフィスの間取りのことを考えたことなんてないし、自分で最適な間取りを選べる自信がない……」という方もいるかもしれません。そんなときはデザイナーに任せることをおススメします。

デザイナーの方に依頼すれば、自分の環境に応じたアドバイスをくれるだけではなく、一緒に理想の間取りを考えてくれます。「新しいオフィスでこれから仕事を始めよう」という時期は、ワクワク感もありますが不安な気持ちもあるのではないしょうか。不安な時期に相談ができて、一緒に考えてくれるというデザイナーの存在はあなたの心の拠り所にもなるかもしれません。

費用も、オフィスの規模や状態によって大きく変わってくるので、委託を検討されている方はデザイナーに相談してみてもよいでしょう。

生産性が上がるオフィス

まとめ

頭の中で理想的な間取りを描いていても、オフィスの広さに合わなくてうまくいかない……なんてこともあるかもしれません。実際のオフィスの間取りは、想像と大きく違ってくる可能性もあります。自分の想像通りの間取りにするためにも、仕事の目的を明確にして、間取りを作るときの基準にしましょう。

また作りたい間取りがあっても、人の動きを抑制しやすいものであればやめたほうがよいこともあるので注意してください。

新しいオフィスで仕事を始めるという経験は、なかなかないものです。そのためオフィスの間取りに関するノウハウを知らない方も多いでしょう。しっかりとしたノウハウをもとにオフィスを作りたい方は、やはりデザイナーに任せたほうががよいかもしれません。

お好みの条件に合った
内装会社を探す