オフィスレイアウトを小規模でおこなうには?無駄な空間の活用法など | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS オフィス、事務所開業の記事詳細

オフィスレイアウトを小規模でおこなうには?無駄な空間の活用法など

オフィスレイアウトを小規模な空間でするときに「通路幅がせまくなってしまった」、「結局デスクの上に書類や備品などが溢れてしまった」などといったことはありませんか?

スぺ―スが小規模であるからこそ、レイアウトにさまざまな工夫が必要なのです。そしてこの工夫というものはデスクの向きを意識するなどといった、ちょっとした工夫なのです。

当コラムではこの工夫に関して解説していますので、よければオフィスレイアウトの参考にしてみてはいかがでしょうか。

まずは必要なスペースを見極めよう

オフィスレイアウトを小規模でおこなうとなると、まずあらかじめ確保しておきたいものは必要最低限のスペースです。オフィスをオフィスとして機能させるためにも自身のオフィスに必要なものと、そのスペースを洗い出しておきましょう。

必要なスペースというのは業種によって変わってきますが、基本的にどのオフィスでも必要なスペースをみていきましょう。

・打ち合わせスペース
来客時や面接に使うことになるのがこのスペースです。来客用ということもあって、できる限りスペースを割きたいところではありますが、小規模のレイアウトのため必要最低限の広さにおさえましょう。

・収納スペース
書類や備品などは意外と場所をとるものです。とくに書類は気付けば山積みになっていることが多いため、なるべく上手に収納して、スペースを割きすぎないように気を付けましょう。

・通路スペース
オフィスのレイアウトをしていると、どうしても後回しにしてしまいがちなのが通路スペースです。ほかのスペースを優先してしまうと、社員同士がぶつかるなど通行にいちいち不便を感じてしまうかもしれません。あらかじめ通行のシミュレーションをしておくなどして最適な通路幅を作りましょう。

まずは必要なスペースを見極めよう

基本的なオフィスレイアウト

また、オフィスレイアウトでメインとなるのはデスクの配置でしょう。オフィスレイアウトを小規模でおこなう場合は、なるべくスペースをとらないデスクの配置をしたいですよね。

では実際にどのようなデスクの配置パターンがあるのでしょうか。いくつか紹介しますので、実際に取り入れてみてはいかがでしょうか。

・対向式レイアウト
デスク同士を向かい合わせるような配置をします。メリットとしては社員同士の連絡がとりやすく、省スペースになることでしょうか。

・背面式レイアウト
デスクをオフィスの壁に向けて配置していき、デスク同士が背を向ける形になるレイアウトです。通行しやすい通路スペースが1本になり、社員同士の視線が合わないため集中できるといったメリットがあります。

・フリーアドレス式レイアウト
横幅の広いデスクを多人数で共有するというものです。人員増加に容易に対応できるほか、対向式レイアウトのようにコミュニケーションが取りやすいのがメリットといえます。

基本的なオフィスレイアウト

空間をうまく使えばオフィスは広くなる

オフィスのスペースを上手に使うためには、まず社員たちのなかでルールを設けることが大事です。たとえば、収納のルール、掃除当番、ゴミ出し当番などといった取り決めを明確にしておくといったものです。

ルールを明確にしておかないと、社員たちは「誰かがやるだろう」といった気持ちになってしまい、どうしてもものが散らかったオフィスになってしまいます。

また、無駄なスペースをいかに利用するか、というのも重要なポイントになります。たとえば、柱の横に狭い無駄なスペースができてしまっているのであれば、そこを棚として利用するなどといった工夫です。このように無駄なスペースの活用方法は探してみると案外あるものです。

オフィスレイアウトを小規模でおこなうとなると、限られたスペースを上手く使いこなすことが重要になってきます。無駄なスペースを省いて、その分必要なスペースをできるだけ広げることを意識することが大切です。

オフィスレイアウト事例


対向式レイアウトです。L字型のデスクのため、作業スペースと収納スペースが確保できますね。



こちらも対向式レイアウトです。デスク自体は普通のものですが、真横に収納スペースを作るといった工夫がされています。



背面式レイアウトです。振り返ればすぐに社員間でコミュニケーションがとれます。通路幅にも余裕がありますね。



こちらも背面式レイアウトです。窓際に設置することで景色が見えるため開放感がありますね。



フリーアドレス式レイアウトです。一見対向式に似ていますがデスクが1台であることが特徴です。



こちらもフリーアドレス式レイアウトです。向かい合う席に仕切りを設ければ、ある程度のプライバシーは保護されますね。

まとめ

オフィスレイアウトを小規模なスペースでおこなう場合、できる限りスペース効率のいいレイアウトをする必要があります。そのためにはまず、オフィスとして機能させるために必要最低限のスペースを設けておきましょう。

そしてオフィスレイアウトのメインとなるデスクの配置にはさまざまなパターンがあります。それぞれにメリットがあるため、オフィスの業種や、広さに応じて最適なデスク配置をおこないましょう。

また社員間で整理整頓のルールを設けるようにしましょう。このルールを明確にすれば、オフィスにものが散らかったり、ゴミ出しが滞ったりすることもなくなるはずです。

ほかにも、無駄なスペースを探して収納などにそれらのスペースを活用するというのもありかもしれません。小規模なオフィスはいかにスペースを効率よく利用するか、ということが大切なのです。

お好みの条件に合った
内装会社を探す