その他 NEWS & TOPICS

飲食店の売上平均をのばすには「FL比率」が大事?詳しい求め方とは

飲食店を経営されている方のなかで、「飲食店の利益を上げたいが上げる方法が分からない」といった方がいるかもしれません。飲食店の経営は、飲食店の売上平均を求めることで、売上を向上させることができます。

しかし、「FL比率って何?」「客単価ってどう求めるの?」と思った方もいるのではないでしょうか。このコラムでは、飲食店の売上を上げる比率について紹介します。また、多店舗経営の際の注意点についてもまとめているので、読んでみてくださいね。

飲食店の売上平均の目安は「FL比率」でみえる

今日の売上が高かったのか低かったのかは、「坪売上」や「FL比率」などの飲食店の売上平均を知ることで、把握できます。

・坪売上を求めるには
坪売上とは、「1ヶ月の売上÷店舗の坪数」で求められる1坪当たりの売上をだした数値です。

・FL比率を求めるには
「FL比率」は、F=FOOD(材料)、L=LABOR(人件費)なので、材料費と人件費の比率を表します。では、この売上の目安になる、「売上平均」はどのように計算するとだすことができるのでしょうか。

「(材料費+人件費)÷売上高=FL比率」もしくは「(材料費+人件費)×売上高=FL比率」の式から求められます。売上高とは、商品を売って得ることができたお金のことです。売上高は、「商品単価×売った数=売上高」で求めることができます。

たとえば、100円のお菓子を10個売ったとします。「100×10=1000」で売上高は、1000円となるのです。売上高1000円、材料費150円、人件費50円のFL比率を求める場合、「(150+50)÷1000=500」よって、FL比率が500円であることが分かります。

同じように、売上高1000円、材料費150円、人件費50円のFL比率を「(材料費+人件費)×売上高」の式で計算すると、「(150+50)×0.001=500」になります。FL比率をかけて求める場合は、売上高を小数に直すことを忘れないようにしてください。

飲食店の平均年収は、約420~631万といわれています。しかし、FL比率を上げることで、さらに効率よく、利益を上げることができるのです。

飲食店の売上平均の目安は「FL比率」でみえる

コストを抑えてFL比率を改善

飲食店の経営はいかにFL比率を上げるかで、利益を上げることができます。FL比率を上げるには、人件費や家賃などを下げることも視野に入れることも重要です。家賃を抑えるために、自宅の一部の内装を変えて店舗を構えたりしましょう。また、人件費を削減するために、少人数でお店が回せるように、内装レイアウトを工夫したりすることがポイントです。

しかし、FL比率を上げることしか考えず、材料費を削って品質を下げてしまっては、味が落ちてしまう原因になります。無理な方法でFL比率を上げようとするのは、かえって客足が減り、収入が落ちてしまうおそれがあるためおすすめできません。

商品の品質を落とさないように十分考えた上で、FLを上げるようにしましょう。バランスの取れた節約は、飲食店の売上平均と売上の向上につながりやすくなります。

売上をのばすなら客単価に注目

飲食店の売上を向上させるためには、「客単価」を知ることも重要です。客単価は、お客さん1人が1度の来店で払う金額のことです。客単価は、「売上高÷客数=客単価」の式で求めることができるのです。

たとえば、売上高が1,000円、客数が5人だとします。このときの客単価は、「1000÷5=200円」となり、1人辺り1度の来店で200円の支払いをしていることが分かるのです。つまり、客単価が高いとその分売上につながります。そのため、客単価を上げる工夫が必要になります。では、この客単価を上げるには、どのような方法があるのでしょうか。

客単価を上げるための方法として、セット売りのメニューをつくるというものがあります。メインのものに、サラダやドリンクをセットでつけるという方法です。単品でメインのものとドリンクを頼むよりも、セットで頼んだほうがお値打ちになるように価格設定をします。すると、セットで頼む人が多くなり、飲食店の売上平均をのばすことができるのです。

売上をのばすなら客単価に注目

多店舗経営やこだわりの内装でさらに売上をのばそう

飲食店の売上平均を上げていき、2店舗目、3店舗目と多店舗での経営をおこなうと、単純計算をおこなうと売上が2倍に上がります。しかし、1店舗目の経営が安定しないうちから多店舗経営をおこなってしまうと、経営がかえって悪化するおそれがあるのです。

店舗を増やす際に、立地条件だけではなく、その地域でお店を構えても集客率を上げることができるかなどを考える必要があります。たとえば、POPなアイスクリーム屋さんをおこなうなら、高齢化が進んだ地域より、若者が集まる街に出店した方が集客率の向上が見込めそうですよね。このように、お店によってあった地域での開業を考えることが多店舗経営を成功させるポイントです。

飽きさせない店をつくることも顧客をつくり「またいきたい」と思われるお店になるきっかけになります。内装デザインで居心地の良い店内をつくったり、同線などの内装レイアウトをスムーズに働きやすいようにすることで、回転率を上げたりすることができます。繰り返し来店してもらえるお店をつくり、集客率と利益が上げましょう。

まとめ

「LF比率」を上げることで、売上の向上が図れます。計算してでてきたFL比率を目安にすると今日の売上が、高かったのか低かったのかが分かるのです。そのため、家賃などのコストを抑えて、無理のないようにFL比率を上げることがポイントになります。

ほかにも、飲食店の売上平均をのばすには、客単価を計算する必要があります。客単価が高いほど1人のお客さんが支払う金額が上がります。そうすると飲食店の売上も高くなるのです。

また、将来、多店舗経営を考えている方は、1店舗目が安定してから、店舗にあった地域や条件で2店舗目を開業することをおすすめします。このように、飲食店のFL比率を計算して、売上の向上を図りましょう。

お見積りとプランを5社無料でご提案!理想の業者にきっと出会える!

お好みの条件にあった内装会社を探す

お客様情報をご記入ください

会社名必須※個人の方はお名前

※個人の方はお名前

担当者名必須※個人の方はお名前

※個人の方はお名前

メールアドレス必須
電話番号必須

ご要望をお聞かせください

工事予定地必須

用途必須
用途詳細
坪数必須
ご予算必須
開始予定時期必須
完了予定時期必須
ご希望デザイン

※ ご希望のデザインがあればURLを記載してください。例:https://archicloud.jp/design/m2biyo03

図面について必須
ご質問・ご要望

必須ご利用規約に同意する

お好みの条件にあった内装会社を探す