美容院の開業で失敗しないためには!どのような点に注意すべきか | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS 美容院開業の記事詳細

美容院の開業で失敗しないためには!どのような点に注意すべきか

近年美容室の件数は全国的に増えていて、その分競争率が高いのも現状です。そんな美容師業界で、美容室を開業して失敗しないためにはどうしたらいいのでしょうか。それは、実際に開業に失敗した美容院の失敗原因を知ることでどのような点に気をつけるべきかがわかることが多いです。失敗の原因に注意することで美容院の開業失敗を防ぐことができるのではないでしょうか。

自分のお店だからこそ、絶対に美容室開業を失敗させたくはないですよね。そこで、今回のコラムでは美容室を開業するためには、どんな点に気をつければよいかを解説します。売り上げにつながる会計方法や集客率をあげる方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

美容室開業失敗の原因は「曖昧さ」

美容室の開業は、どのような理由で失敗してしまうのでしょうか。考えられる2つの開業失敗原因を原因別に解説します。

・ビジョンがない
どんなお店にしていきたいかは、ビジョンによって変えることができます。ビジョンとは、理想像や見通しという意味です。ビジョンとはいっても、「1日の客数が5人」といった目標は、経営するビジョンには向いていません。なぜなら、達成しやすいビジョンだからです。達成しやすいビジョンは、達成した後に目標が無くなってしまい目標に向かって向上することがなくなり失敗しがちになります。そのため、「来店されるすべての方の髪の毛をキレイにしたい」など永久的に追及できるようなビジョンを立てる必要があるのです。

・会計が曖昧
2つ目の原因は、会計が曖昧なことです。会計が曖昧だと今日の売り上げはどの程度なのか、出費はどの程度なのかを把握することができません。そのため、今お店にどれくらいのお金があるのかがわからなくなってしまうのです。お店にある金額がわからないと赤字になっていても気づかないことも多いです。そのため、お金が底をつき閉店せざるを得なくなってしまうこともあります。

お店のお金流入・流出管理をするためには、キャシュフロー計算書をつけておきましょう。キャシュフロー計算書類とは、お金の流入・流出を把握するために計算したものを記載しておく書類です。この書類をつけないと、売り上げと出費の詳細や今お店にある金額を把握することができず、美容室の営業を失敗させてしまいます。

美容室開業失敗の原因は「曖昧さ」

会計をはっきりさせよう

経営の知識を入れることで、より会計を明確にすることができます。会計を明確にすることで、美容室の経営をどのようにすれば成功させられるのか知識が得られます。その知識をもって美容院の経営をおこなうと、美容室の開業失敗を防ぐことができます。

会計を明確にするということは、具体的にどのようなことなのでしょう。会計を明確にすると回していったら収入が安定しているのかを知ることができるのです。では、どのように経営の知識を学べばいいのでしょうか。

経営についての知識を入れる手段に、税理士を利用する方法があります。税理士とは経営に必要な税金やお金のやりくりについての専門知識をもっている人のことです。税理士の仕事は、会社の経営方法について事業主に教えたり、事業主の相談にのったりすることになります。

税理士を利用すると初期投資の削減方法も教えてくれます。そのため、美容に関する知識の他に美容室の経営に関する知識を身に着けておくことで、美容室の開業を失敗せずにすむのではないでしょうか。そのためにも、美容だけではなく経営のノウハウを知っておくことも大切なのです。

明確なコンセプトを打ち立てよう

美容室の開業を失敗しないためにはコンセプトが必要です。コンセプトとは、物事を始めるさいに決めるテーマのことです。自分の美容室がどんな店舗にしたいのかコンセプトを決めましょう。コンセプトを決めるためにいくつかの方法があります。どのようにしてコンセプトを決めていくといいのでしょうか。

・「自分が持っている技術を生かす」
得意とする分野や技術は人によってことなります。たとえば、傷んだ髪をキレイにすることが得意ならば、お店のコンセプトを「どんなお客さんの髪も美しくきれいにする」といったコンセプトにするのです。そうすることで、コンセプトを達成しやすくなり、コンセプトに向けて努力すると自分の技術も磨きがかかります。

・「ターゲットとするお客さんを意識する」
どんな年代の方が利用されるお店にするのかによって、内装や必要になるものも変わってきます。年齢層が低い人をターゲットにしているなら、若者の支持を受けそうな内装やカラー材を用意するのです。そうすると、若い年齢の人が利用しやすい店舗になるのです。

上記のような内容に気をつけることで、お店の内装やメニューを作るさいにも統一感が生まれるようになります。そのためには、自分の技術を知って、ターゲットとするお客さんを意識することが大切になってきます。

明確なコンセプトを打ち立てよう

集客戦略をたてよう

美容室の開業を失敗させないためには、集客率をあげることも必要になります。せっかくいいお店でも、来て下さるお客さんがいないと意味がありません。そのためには、集客率をあげることが必要です。具体的にどのような方法で集客率向上がはかれるのでしょうか。

【主な集客率向上方法】
☆ホームページを作る
ホームページには、店舗についての必要な情報を掲載することができます。店舗を気になっているお客さんが知りたい情報を調べるのがホームページです。そのため、ホームページには、店名や店舗の位置のほかに、店舗メニューや割引情報なども入れておきましょう。また、ネットから予約が取れるようなシステムを作るのもオススメです。

☆フリーペーパーを作る
フリーペーパーとは、チラシやビラのことです。ホームページと別にフリーペーパーとネットを利用しないお客さんにもお店を知ってもらえるメリットがあります。より多くのお客さんに手に取ってもらえるようフライヤーはインパクトがあるものにしましょう。

たとえば、「期間限定カット料金〇〇%OFF!」などのキャッチコピーも大切です。人は限定商品や今だけという言葉に目が行きやすいといわれています。そのため、フリーペーパーに記載するさいにキャッチコピーを添えることをおすすめします。宣伝をして、たくさんの人に知ってもらうことで興味を持たれやすくなります。

まとめ

美容室の開業を失敗させないためには、失敗例を参考にすることがおすすめです。美容室開業の失敗にはビジョンが曖昧であったり、会計が曖昧だったりという原因があります。どんなお店にしたいかビジョンを考えましょう。また、キャッシュフロー計算書を書いて、お店の金銭内容を把握しましょう。

より会計をはっきりさせると、どのように会社を回すと売り上げが上がるかを知ることができます。そのため、美容室の経営方法を学びましょう。

また経営方法の学び方のひとつとして、税理士を頼るというものがあります。税理士は、お店の経営方法や相談に乗ってくれるのです。税理士と相談してより良い美容室経営をしましょう。

ほかにも、お店のコンセプト(テーマ)を明確にするのも重要になります。どのようなお店にするのかによって、内装やメニューなどが変わってきます。コンセプトが明確になったら、お店の広告に力を入れましょう。お店の良さやカットメニューなどの情報をホームページやフライヤーを通して、さまざまな人に知ってもらうことが重要です。

お好みの条件に合った
内装会社を探す