カフェの経営を成功に導くメソッドとは?長く続けるためのポイント | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS カフェ開業の記事詳細

カフェの経営を成功に導くメソッドとは?長く続けるためのポイント

せっかくカフェ開業を夢見るのであれば、経営を成功させたいですよね。

カフェの経営を成功させるためには、経営における大事なポイントをきちんとおさえておく必要があります。このポイントを意識できていないと、お客さんがなかなか集まらなかったり、資金繰りに失敗したりしてしまうこともあるのです。

当コラムではカフェ経営において大事なポイントを解説しています。カフェ経営を成功させたいという方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

自分のカフェでなければならない理由を作ろう

カフェ経営で成功するためには、「コンセプト決め」がとくに大事といえるのではないでしょうか。このコンセプト決めは、開業前にあらかじめ設定しておく、カフェのテーマのようなものです。カフェのコンセプト決めをきちんとしておくことで、開業準備や経営後の方針が定まりやすくなるのです。

このコンセプト決めを「なんとなくおしゃれなカフェにしよう」などと曖昧にしてはいけません。たとえば有名な大手のカフェと似たようなメニューやサービスを提供するとします。その場合お客さんは「大手のカフェにいけばいいや」と考え、自分のカフェに足を運んでくれません。

このように他店と似たり寄ったりのカフェを作ってしまうと、なかなか客足は伸びないものです。客足を伸ばすためには、他店にない独自のコンセプトを作る必要があります。

コンセプトは「焼き菓子にこだわったカフェ」「変わったメニューを提供するカフェ」などといったようなものでかまいません。大切なのはお客さんに対して「自分のカフェでなければならない理由」を作ることなのです。

自分のカフェでなければならない理由を作ろう

資金計画は慎重に

カフェを開業するとなると、やはり店内の雰囲気作りには力を入れたいですよね。しかし、そのために初期費用のほとんどを内装工事費に使ってしまう、といったケースはカフェ経営においてよくある失敗です。

カフェ経営を成功させるためには、お金の問題としっかり向き合うことが大切です。カフェの経営を夢見たものの、経営面での意識が足りずにカフェ経営が失敗に終わってしまったなどということはありがちです。経営で失敗しないためには、資金計画を事前にしっかりと立てておきましょう。開業準備の段階で資金繰りを間違えると、開業後の運転資金が不足してしまい、経営難におちいってしまうこともありえるのです。

開業準備でこだわりたいポイントがあるけれど、どうしても資金に余裕がないなどの場合は、融資制度を利用するのも一つの手です。融資制度では利息をともなった返済が義務付けられていますが、きちんと資金計画を立てておけば、これ以上ない資金調達の方法にもなります。

また補助金、助成金といった支援制度も資金調達に利用できので、一度検討してみるといいでしょう。

常に先を見据えよう

長期的な事業計画を立て、先を見据えた開業準備、開業後の経営をおこなうこともカフェの経営を成功させるためには重要です。情報収集がしっかりできていないと、カフェ経営者としての知識や技術が身に付いていないということもあり、店舗の売上はなかなか上がらないということにもなってしまうでしょう。これは資金面のことだけではなく、経営における集客やメニュー、サービスを作っていく際にも必要となってきます。

ただしカフェ業界の経験がなければ事業計画を立てることはむずかしいかもしれません。開業を考える前に、実際にカフェの従業員として働くなどといった、カフェ業界の情報収集をしておくことも一つの手といえます。実際のカフェの現場で働いてみれば、経営のノウハウが勉強できたり、新たな気付きを見つけたりといった、カフェの運営において重要なことを学べるかもしれません。

経営者としてのノウハウが身に付けば、カフェの生産性、回転率といったところに改善点を見出して売上を増やすことができます。ほかにも、今後お客さんに求められるカフェのあり方が変わってきても、柔軟に対応しやすくなるのではないでしょうか。

常に先を見据えよう

お客さんを第一に考えよう

カフェ経営の成功お客さんがいてこそ成り立つものです。開業してから何年も客足の途絶えないカフェを作りたいなら、客さん目線での店舗作りをおこなうことは欠かせません。

たとえば喫煙席、禁煙席で分ける分煙制度は最近だと当たり前ですよね。喫煙者も非喫煙者も快適に過ごしてもらうためには不可欠な要素といえます。ほかにも、基本的なことで清掃にも気を配らなければなりません。いくら雰囲気が良い店舗でも、汚れが目立っていたらお客さんの印象は良くありません。カフェは飲食店の一つであるため、ホール、厨房問わず衛生的な環境作りを心がけましょう。

また、自分たちではわからないようなお客さんたちの要望を知るためには、お客さんに店舗のアンケートに協力してもらうことも重要です。「お客さんの声を聞く」ことで、経営者視点では見つけづらい、お客さん視点での店舗作りのポイントに気付くことができるかもしれないからです。

これらの環境作りで改善点を見つけるためには、お客さんに店舗のアンケートに協力してもらい「お客さんの声を聞く」のも一つの手です。経営視点では見つけづらい、お客さん視点での店舗作りのポイントに気付くことができるかもしれません。

お客さんを第一に考えよう

従業員を大事にしよう

カフェ経営を成功させるためには、店舗の労働者へのねぎらいの気持ちも大切にしましょう。お客さんに対して直接的に接するのは、オーナーではなく従業員だからです。接客マナーなどの従業員教育はきちんとするようにしましょう。

ほかにも、従業員とは良好な関係を保つということも重要です。たとえば、積極的にコミュニケーションをとって、従業員が店舗に対しての意見を発しやすい環境を作ったり、可能な限りシフトの融通を効かせてあげたりといったことです。雇い主である店舗の待遇が悪ければ、従業員は店舗から離れていってしまうかもしれません。従業員も同じ人間だということを忘れないようにしましょう。

まとめ

カフェ経営を成功に導くためには、まずは「コンセプト」をきちんと定めておくことです。そしてコンセプト作りは、「他店にはない特色を持ったカフェ」にすることを意識しましょう。そうすることでお客さんに対して「このお店でなければならない」理由を作ることができるのです。

実際に決めたコンセプト通りのカフェにするためには、資金面には気を付けておきましょう。資金計画をおろそかにしてしまうと、はじめのコンセプトから大きくかけ離れたカフェになってしまいます。

なにより大事にしたいことはお客さん目線のカフェ作りです。分煙や清掃にも気を配り、更なる改善点を見つけるためにアンケートを設けるなどといった工夫ができます。また従業員がお客さんと直接関わるということも忘れないようにしましょう。

お好みの条件に合った
内装会社を探す