脱サラしてカフェを経営しよう!カフェ開業に必要なノウハウとは | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS カフェ開業の記事詳細

脱サラしてカフェを経営しよう!カフェ開業に必要なノウハウとは

「脱サラをしてカフェ経営を始めたい!」そう考えている方もいるかもしれません。カフェの経営は、給料が固定されているサラリーマンとは違い、努力をすればそれが直接利益につながりやすいお仕事です。そのため、成功すれば、サラリーマンの月収よりも多く給料がもらえるかもしれません。

しかし、脱サラ後にカフェを経営するのは簡単ではないのが現状です。今回のコラムでは、なぜ脱サラ後にカフェの経営をするのは簡単ではないのか、カフェ開業するために必要なことを紹介します。脱サラ後にカフェの経営を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

脱サラしてカフェを開業することは簡単じゃない

脱サラをしてカフェを開業し、成功させることは簡単なことではありません。なぜ、カフェの開業を成功させるのは難しいのでしょうか。

・資金
まず、重要となってくるのがお金の面です。カフェの開業には、開業資金だけでも100万円程かかってしまいます。そのほかにも、材料費などの運転資金も必要になるのです。サラリーマンの固定された給料から多くの資金をためることは極めて難しいことから、脱サラ後にカフェを経営するのは簡単ではないといわれています。

しかし、費用の調達方法をしっかり把握し具体的な計画と準備をしていれば、脱サラ後にカフェを経営することも十分可能なのです。

・客単価
カフェの客単価は極めて低いといわれています。そのため、多くのお客さんにお店を利用してもらい収入に繋げるということが必要です。多くのお客さんに利用してもらうためには、たくさんの人にお店を知ってもらうことがポイントになります。

脱サラをしてカフェを経営するには、かなりのリスクが考えられます。しかし、そのリスクを乗り切るための方法をしっておくと脱サラ後にカフェを経営することも可能なのです。

脱サラしてカフェを開業するときは先を見据えよう

脱サラ後にカフェを失敗させないためには、お店のコンセプトを考える必要があります。コンセプトとは、お店のイメージをテーマ化したものです。たとえば、「古い本屋さんをイメージしたカフェ」のようにどのようなお店にするかを決めると開業に必要なメニューや店舗の内装デザインを具体化しやすくなります。

コンセプトを考えたら、お店を立てるのに必要な準備をしなくてはなりません。まずは、カフェの経営知識を知りましょう。ターゲットとするお客さんの年代をしぼったり、物件の選び方や外装・内装のデザインを決めたりする方法を知りましょう。また、カフェの開業には、開業届などを出さなくてはなりません。

カフェの開業に必要な知識を得て、必要なものを事前に準備しましょう。そのために、実際にカフェで働くこともいいかもしれません。実際の現場に立ちながらカフェ経営のノウハウが学べるため、経営の知識が身に付きやすいです。

脱サラをする前に準備をしておくことが、脱サラ後のカフェ経営をスムーズにおこないやすくなるのです。カフェによっては、土日や祝日だけの出勤を募集している所もあるため、サラリーマンの空いた時間にお小遣い稼ぎをしながらカフェ経営のノウハウを学ぶのもいいですね。

脱サラしてカフェを開業するときは先を見据えよう

脱サラしてカフェを開業するときは集客対策をしっかりと

脱サラしてカフェを開業し成功させるには、集客率を上げることも大切です。開業前から広告・宣伝しておくことで、開店日からの集客率を上げることができます。集客率をあげるためには、どのような方法があるのか具体的に解説します。

・ネットでの集客
インターネットで検索した際に広告と書いてあり、ホームページが上位表示されるという広告方法があります。インターネット広告を利用すると、店舗の近くでカフェを探している人に自身のカフェを知ってもらうことができます。

・SNS
InstagramやTwitterなどで広告するのも方法のひとつです。InstagramやTwitterはお金がかからないため、広告費がかかりません。写真を取るのが好きな方や得意な方には特に、店舗の写真をSNSにあげることでたくさんの人に見てもらいやすくなり、自身の特技が活かせるためおすすめです。

・チラシ
インターネットを使用しない人にも、お店の存在を知ってもらえるように、チラシを利用するのもいいでしょう。チラシにオープン日やカフェ内装などをのせたり、割引券を付けたりするのも集客率向上の効果的が期待できます。駅前に置いたりするのもいいですが、自身の手でチラシを配るのも地域の人に知ってもらいやすくなる効果が得られやすくなります。

脱サラしてカフェ経営を失敗させないための広告方法は、ほかにもさまざまな種類があります。サラリーマンのときにパソコンを扱っていた人などは、自身で高校を作成するのもいいかもしれませんね。自分の特技を活かしながら、多くの人にお店の存在を知ってもらいお店に来てもらいましょう。

脱サラしてカフェを開業をするときにかかる費用

カフェの開業方法は、さまざまです。開業方法によっても必要な資金は変わってきます。たとえば、移動カフェで開業する場合かかる費用は400万円程度です。しかし、自宅や物件をかりてカフェを開業せる場合、700~1,500万円程度の資金がかかると予想されます。

サラリーマンの限られた収入で、上記のような多額の資金を調達するのは難しいと考える方も中にはいるかもしれません。しかし、資金を調達する方法は他にもあります。銀行などでお金を借りるのもいいですが、日本政策金融公庫などから支援を受けるのもひとつの方法です。もらったお金は、契約時の内容にそって返済する必要があります。

また、カフェを開業する地方自治体の補助金・助成金についても調べておくにもおすすめです。補助金・助成金は、精算後にお金が支払われるため、家族や友達からお金を借りても補助金や助成金が出るとその分返せるのではないでしょうか。

このように、脱サラ後にカフェの開業を考えているサラリーマンにも優しい制度があります。補助金や助成金の制度は、各市町村によって違うので事前に調べておくことがおすすめです。

脱サラしてカフェを開業をするときにかかる費用

まとめ

脱サラをしてカフェを開業するのは、費用や集客率経験の面から見ても簡単ではありません。脱サラしてカフェを失敗させないためには、綿密な計画が必要になります。お店のコンセプトやカフェ経営のノウハウを事前に学ぶために、カフェで働くのもいい勉強になるのではないでしょうか。

また、カフェの経営には集客も必要です。開業前から広告することで、オープン時の集客率を向上させることができます。SNSやインターネット広告を利用して、多くの人にお店を知ってもらいましょう。多くの人にお店を知ってもらい、興味をもってもらうことで、集客率を上げることにつながりやすくなるのです。

お好みの条件に合った
内装会社を探す