カフェ開業 NEWS & TOPICS

カフェ経営が失敗するのは理想を追求しすぎ?成功させるポイントとは

コーヒーが好きな方の中には、自分でカフェを経営するのが夢だという人もいるでしょう。しかし、いざ自分のカフェを開くことができたとしても、全員が問題なく経営し続けられるわけではありません。中には、カフェ経営を失敗してしまう人もいるのです。

カフェの経営がうまくいかない人には、一体どのような問題があるのかわかりますか?このコラムではカフェ経営を失敗している人はどのような人なのか、成功させるために必要なことは何かなどをご紹介します。ぜひコラムを参考に、夢のカフェ経営に役立ててください!

カフェの経営で失敗する人は理想にこだわりすぎている

「カフェ巡りが好きだ!」「コーヒー・紅茶を愛している!」という情熱からカフェ経営を考える人も多いのではないでしょうか。そのような方は好きなことを仕事にするので、ゆずれない理想のカフェ像をもっているということもあるでしょう。
しかし自分の理想ばかり求めるせいで、肝心のカフェ経営が失敗したという話もよくあります。

たとえば、「自分はコーヒーが好きだから」と、コーヒー好きで味の違いがわかる人だけのためのカフェを開業したとします。コーヒー好きの人に向けたカフェのため、ほかの飲み物は一切取り扱っていません。また、マイナーで高価なコーヒーばかり置いていたり、コーヒーに詳しくない人に不親切なメニューであったりしています。
もしこのようなカフェがあったとしたらどうでしょうか。

純粋によいコーヒーや珍しいコーヒーを求めている人にとっては、とても魅力的なお店となるでしょう。しかし、コーヒー以外も好きな人や軽くカフェで一息つきたいというお客様にとっては、足を運びにくい店だと考えられます。また、客層が広がらず、集客が上がらないため、十分な収益を得るのがかなり難しくなるのではなないでしょうか。

カフェ経営で失敗する人の中には、このように理想にこだわりすぎて経営するための手法がおろそかになっている人がいます。長年の間人気が継続しているチェーン店、老舗のカフェや喫茶店を見てみてください。多くのお客様のニーズにこたえられるような多彩なメニューを扱っているなど、事業として店を経営するうえで大切なことも、きちんと考えていることがわかります。

自分のこだわりは大事ですが、こだわりや理想ばかりでなく経営の手法もきちんと考えることが重要です。そのための事前準備はしっかりとおこないましょう。

カフェの経営で失敗する人は理想にこだわりすぎている

カフェの経営で失敗しないためには事前準備がものをいう

自分のこだわりに沿って味や質のよい飲みものを扱い、味の違いがわかる店にすることで、同じくこだわりが強いお客様が気に入ってリピーターとなるもあるかもしれません。
しかし、一部のお客様だけを満足させるのではなく、より多くのお客様に来てもらえるように経営の勉強をすることもとても大切です。

カフェは飲みものを主に扱う店なのでレストランなどのほかの飲食店とは異なり、客単価(顧客一人から回収できる利益)が低いといわれています。このことを知らずにカフェ開業をして多くのメニューを取り扱った場合には、食材にかかる費用が大きくなり、経営を圧迫してしまうかもしれません。たとえばとある喫茶店では、複数のメニューに同じ食材を使うことで材料費を削減しているようです。

趣味のカフェ巡りも事前準備になるかもしれません。他店をリサーチし、どのようなサービスをおこなっているのか、ターゲットとしている客層はどこなのかなどを確認するのもひとつです。
自分が経営するカフェが他店と同じようなサービスばかりだったり、狙っている客層が同じであれば、顧客は分散してしまうでしょう。リサーチ情報をもとに他店との違いを自分のカフェに反映させることで顧客には目新しく見えたり、他店とは異なる客層をターゲットにすることで集客数が安定するかもしれません。

経営について学ぶことや他店リサーチなどの事前準備は、自分のカフェ経営を失敗しないようにするためにも必要不可欠です。

カフェの経営で失敗しないためにも集客戦略を

さきほどまでも述べてきたように、カフェ経営を失敗しないようにするのであれば、やはり「集客」がもっとも重要でしょう。集客戦略で重要なポイントは、店の立地条件や人通りの多さだけではありません。ここでは、効果的な集客戦略の一部をご紹介します。

①広告を掲載する
個人経営のお店だと、開店したばかりの時期は特に、有名なチェーン店にはブランド名で負けてしまいます。しかし、勝ち目がないわけではありません。チラシや雑誌に、あなたが経営するカフェを掲載してもらうといいでしょう。

地方紙などの雑誌は、チェーン店よりも地域に根付いた個人経営の店舗を掲載することが多いです。そこで雑誌やチラシに名前が載ったり、カフェの様子が写真で掲載されたりすれば、新規のお客様の集客につながるかもしれません。

②インターネットで宣伝
インターネットでブログを始めたり、グルメサイトで取り扱ってもらうこともひとつです。近年、情報取集でもっとも多く利用されているのはインターネットでしょう。スマホやパソコンから簡単に検索することができるため、あなたも普段からネットで何かを検索することがあるはずです。

より多くの人に宣伝することが集客戦略では重要なので、このように誰もが使うインターネットに宣伝を載せるだけでも、目に入る機会は格段に多くなるでしょう。

カフェの経営で失敗しないためにも集客戦略を

カフェの経営で失敗を避けるためにリピーターを作ろう

集客戦略では新規のお客様だけでなく、リピーターの獲得も重要です。カフェの経営を失敗しないためにも、あなたのお店に根付いてくれるようなサービスを展開しましょう。

たとえば、来店時にあなたの店舗のSNSアカウントを登録してもらうという方法があります。SNSは店の状況を紹介したり、新商品を提供する場合の告知で活用することができます。登録者限定の割引デーなどを設けて、それをSNSで告知するなどで集客をしているお店もあるようです。割引は顧客にとって大きなメリットなので、足を運びやすくするのにも有効ではないでしょうか。

リピーターのためのポイントサービスを提供するのもいいかもしれません。たとえばドリンクを一杯の注文につき1ポイントで、一定のポイントを貯めてくれたお客様にドリンクやオリジナルグッズなどをサービスするというのもよいかもしれませんね。

ほかにも、内装にこだわるというのもひとつです。お子様連れのお客様が足を運びやすいようにキッズスペースを設けたり、1人でくつろぎたいお客様に向けた個席を準備するのはどうでしょうか。お客様は自分の用途や状況に合ったお店を好むでしょうから、ニーズに沿った内装を整えるのもリピーターを作るきっかけになるはずです。

まとめ

カフェ経営を失敗する多くの方は、理想にばかりこだわりすぎている方が多いようです。理想はその店のコンセプトともいえるのでとても大切なことですが、理想ばかりを追求してはほかのニーズのお客様を取り入れることができません。

経営で重要なことは、事前準備と集客戦略です。事前準備では経営術をしっかりと学ぶ必要があるでしょう。特に集客戦略は売上に直結します。お客様の獲得のため、雑誌やグルメサイトなどで名前を掲載してもらうのもひとつの手段です。多くの人の目に入れば、お店に足を運んでくれる方も増えるでしょう。

リピーターを作るために、ポイントサービスを始めるのもいいでしょう。また、内装をニーズに合わせてこだわることで、他店にはない魅力あるカフェになるかもしれません。

このコラムが、カフェ経営の成功につながると幸いです。

お見積りとプランを5社無料でご提案!理想の業者にきっと出会える!

お好みの条件にあった内装会社を探す

お客様情報をご記入ください

会社名必須※個人の方はお名前

※個人の方はお名前

担当者名必須※個人の方はお名前

※個人の方はお名前

メールアドレス必須
電話番号必須

ご要望をお聞かせください

工事予定地必須

用途必須
用途詳細
坪数必須
ご予算必須
開始予定時期必須
完了予定時期必須
ご希望デザイン

※ ご希望のデザインがあればURLを記載してください。例:https://archicloud.jp/design/m2biyo03

図面について必須
ご質問・ご要望

必須ご利用規約に同意する

お好みの条件にあった内装会社を探す