デイサービス開業 NEWS & TOPICS

デイサービス開業は大変?!必要な書類や資格をしっかり確認しよう

超高齢化社会の進む日本では今、介護業界が注目されています。介護業界の成長性から、デイサービスの開業が増えているのです。

デイサービスを開業をしたいと考えていても、必要な設備や申請書類が複雑で分からないという方も多いのではないでしょうか。今回はデイサービスの開業に必要な費用や書類、他社との差異化を生み出すコンセプトについてお話ししていきます。

1.デイサービス開業に必要な人員と設備

デイサービスを開業するにあたって、必要な人員や設備を確認するのはとても大切なことです。守らなかった場合法律違反になることもありますので、十分確認するようにしましょう。

まず、必要な人員から説明していきます。デイサービスを開業するためには管理者、生活相談員、看護職員、介護職員、機能訓練指導員が各1名ずつ必要になります。しかし、利用者が10名以下ということであれば看護職員と介護職員に関してはどちらか一方で構いません。また、管理者はそれ以外の職務と兼任することもできます。

続いて設備に関してもいくつか基準があります。

食堂:機能訓練室 3㎡×利用定員以上の面積
静養室:適当な広さを確保する
相談室:相談内容が漏洩しないように配慮されていること
事務室:職員設備備品を配置できる広さを確保すること
トイレ:要介護者の使用に適した機能・設備とすること

上記の基準を満たした設備でなければなりません。
また、食事を提供するなら厨房、入浴介助を行うなら浴室が必要になります。

2.開業に必要な書類と申請先を確認しておこう

デイサービスを開業するためには、いくつかの必要書類を開業予定地を管轄する自治体に提出する必要があります。提出する書類と、提出先は以下の通りです。

・建築確認……各市町村の建築確認担当課建築主事と相談
・防火対象物使用開始届………事業所を管轄する消防署
・介護指定申請書……各都道府県、または市町村の担当課
・法人設立登記……法務局
・道路に看板を設置する場合など……各都道府県の担当課
・助成金・補助金……各市町村の福祉担当課
・給食などを提供する場合……保健所

法人を設立した場合には、税務署、年金事務所、労働基準監督署にも提出書類があります。これらの書類は地域の自治体窓口で直接入手することもできますので、分からない場合には直接窓口に問い合わせるとよいかもしれません。

3.デイサービス開業には結局いくらかかる?

デイサービスを開業する方にとって、開業費用がいくらかかるのかはとても気になるポイントですよね。デイサービスを開業するには大まかに見積もって1500万円ほど必要です。

内訳としては以下の通りです。

・法人設立費 25万
・物件取得費 150万円
・内外総工費 600万円
・設備費 150万円
・リハビリ機器費 550万円
・車両費 160万円
・求人広告費 30万円

このほかにも開業してから、3か月間は収入がありませんので、その間の光熱費、送迎車のガソリン代、保険料、人件費などを払わなければなりません。数か月分の運転資金も用意しておきましょう。最初は、赤字から始まるものなので、半年を目途に黒字を出すことを目指しましょう。

4.デイサービス開業!おおまかな流れ

デイサービスを開業したい方はまず開業のための大まかな流れを把握しておくと計画的に物事を進められます。

①デイサービスの構想を練る
デイサービスを開業する地域や建物を選び、地域の要介護認定者の人口、競合他社などを確認するなどのマーケティング活動もおこなっておきましょう。

②事業計画書の作成
「資金計画」「経費計画」「売上計画」「収支計画」「利益計画」などを作成します。

③法人の取得
デイサービスは法人でないと開業できません。なので、法人の取得は必須です。

④指定機関との事前協議
工事着工の前に行います。設備などについて指定機関から細かく指導されたり、設備基準を満たしていないとデイサービスができなくなってしまう可能性があります。

⑤人員の募集
デイサービスを開業するには、指定された人員が必要になってきます。そのため、人員が足りない場合にはスタッフを募集しなければなりません。

募集の方法には、ハローワークや求人サイトを用いた募集や、学校の就職課での募集などの種類があります。特に介護業界では人手不足が深刻で、倒産する理由もスタッフが不足しているためだといわれています。スタッフの確保は最重要事項といえそうですね。

⑤申請書類の提出
工事完了後、書類を指定機関に提出する必要があります。書類に不備がある場合には、通所介護事業者の指定を受けることができない場合もありますので、ご注意ください。

5.成功させるにはコンセプトをよく考えよう

デイサービスの開業までの流れをご説明しました。しかし、開業がゴールではありませんので、その後も収益を出し続けなければなりません。そのためには他社との差別化が必要になってきます

じつはデイサービスに通いたくないというご高齢の方は多いのです。その理由は、サービス内容に工夫が無く、デイサービスに行っても楽しくないという理由からです。デイサービスの開業を成功させるために、利用者が楽しめて競合他社との違いが出るようなアイデアをいくつか紹介します。

①内装を工夫する

内装を少し工夫するだけでも、他社と差別化ができるかもしれません。たとえば内装の色にこだわってみるのはいかがでしょうか。色の持つ力を利用して、利用者が安心するような内装にしてみましょう。

黄緑色にはリラックス効果がありストレスを減少させる効果があります。このように、リラックスして施設を利用できるような工夫ができるとよいでしょう。

室内の装飾も季節によって変えてみたりするといいかもしれません。変化を起こすというのは脳にもいいことですので、時期によって変えてみると利用者の方にも喜ばれそうですね。

②他にはないサービスをおこなう

また、他にはないサービスをおこなってもいいかもしれません。実際に、露天風呂のあるデイサービスや、動物がたくさんいるデイサービスなどもあるようです。

デイサービスを開業するのであれば独自性のあるサービスを行う必要があります。ですが、その独自性が利用者のニーズを満たすものでなければ利用者に喜ばれるサービスとはいえません。

利用者を喜ばせるためには、まず、利用者がどんなものを求めているのか知ることから始めてみましょう。利用者を癒すことができるようなサービスや、社会とのつながりを持てるようなサービスだと利用者に喜ばれるかもしれませんね。

6.まとめ

デイサービス開業のための手続きなど、必要なステップをご紹介しました。開業するまではいろいろと守らなければならないこともありますので、ご注意ください。デイサービスを開業するのはなかなか大変だと感じたかもしれませが、ぜひがんばってみてくださいね!

また、デイサービスの数は増えてきてもいるので、競合他社との違いを出せるように工夫してみましょう。利用者のニーズを汲み取りデイサービスに来るのが楽しくなるような空間やサービスを作ってあげてください。

お見積りとプランを5社無料でご提案!理想の業者にきっと出会える!

お好みの条件にあった内装会社を探す

お客様情報をご記入ください

会社名必須※個人の方はお名前

※個人の方はお名前

担当者名必須※個人の方はお名前

※個人の方はお名前

メールアドレス必須
電話番号必須

ご要望をお聞かせください

工事予定地必須

用途必須
用途詳細
坪数必須
ご予算必須
開始予定時期必須
完了予定時期必須
ご希望デザイン

※ ご希望のデザインがあればURLを記載してください。例:https://archicloud.jp/design/m2biyo03

図面について必須
ご質問・ご要望

お好みの条件にあった内装会社を探す