これからのエステ集客方法!おさえておきたいポイントについて解説 | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
03-6277-1093

10:00~20:00 日本全国受付対応中 ※年末年始(12/31~1/3)除く

NEWS エステサロン開業の記事詳細

これからのエステ集客方法!おさえておきたいポイントについて解説

エステサロンの経営をしていると、どう集客すればいいか悩んだことはありませんか。一見順調に経営できていても、新規顧客が獲得できていないと、これからやっていけるのだろうかと不安になることもあります。

今回のコラムでは、これからエステ経営において、おさえておきたいエステ集客方法のポイントを分かりやすく説明いたします。

エステは集客が難しい?!

エステの集客が難しくなっている最大の理由は何でしょうか。

それは「顧客がエステを使い分ける」ようになったということです。これまでは、エステを利用する顧客は、ひとつのエステで気になるところをすべて施術する人が多かったのです。しかし、近年はエステに来る人の傾向が変わってきており、施術を使い分ける方が増えてきたのです。

エステサロンを使い分ける方が増えたということは、これまでの一通りの施術ができるエステには、新規顧客が付きづらくなったということです。最近流行しているサロンを見ると、やはり看板メニューのあるところや専門店の割合が多い印象があります。顧客は施術ごとにエステを使い分けているので、自然と各分野で評判のあるサロンに新規顧客が集まるようになったのです。

これからできる効果的なエステ集客方法としては、看板メニューなどをだして、「うちのサロンはここが強い」とアピールするのがおススメです。ある特定分野で、近隣では1番だという評価を得ることができれば、自然と新規顧客の数は増えていくでしょう。

エステの集客

エステの集客方法はSNSの効果が高い!

エステ集客方法のなかでももっとも効果的なのは、やはりサロンの宣伝でしょう。ポスターやチラシのような紙媒体、ホームページやブログのような、インターネットを介したものなどさまざまです。大手のサロンになるとテレビCMをだしていることもあります。

その中でも、いまだからこそ宣伝方法としてオススメしたいのがSNSです。SNSは近年急速な発展を遂げ爆発的に広まりました。その普及率はすさまじく、テレビで市民の声として、SNSの投稿が引用されることまであるほどです。さらに、SNSをよく使う年齢層には、20~30代のエステをよく利用する女性が多く含まれています。エステの宣伝に利用しない手はありません。

SNSを用いた宣伝による効果は、新規の顧客の獲得だけにとどまりません。SNSへの投稿はリピータ顧客にアピールする方法としてもとても有効なのです。むしろやり方によっては、リピータ顧客への効果の方が高いかもしれません。ただし、そのためには施術情報を事務的に投稿するだけではいけません。

SNSでの宣伝する情報は、施術情報以外に新しいサービスの告知やクーポン情報など、顧客がSNSを定期的に確認するようなトピックを発信し続けるように努力する必要があります。美容のために日頃どういう努力をすればいいか、簡単な方法はないか、といった話題になりやすい情報を提供するのも、顧客を獲得するためには有効でしょう。

エステ開業前に競合調査や立地調査も大事!

エステを開業するときは、ライバルたちや集客に有利な立地も調査をしましょう。安定して集客するためにも、この2つの情報はとても重要です。

・立地調査
立地によって、エステ集客方法は変わってきます。駅前の目につきやすいテナントのサロンと郊外のサロン、より多くのお客さまを集めやすいのは、当然駅前の目につきやすいサロンですただし、駅前だからよい立地というわけではありません。立地を選ぶときは商圏エリアにも注目してください。

商圏エリアとは、ターゲットが自分からお店に立ち寄ってくれる範囲のことです。ターゲットがお店に通いやすい距離は、自宅から500m程度といわれています。つまり、お店から半径500mの範囲が、多くの集客が見込める商圏エリアとなるのです。エリアによっては、かたよった年齢層の方々が住んでいることもあるので、しっかりとリサーチしましょう。

・競合調査
立地とともに競合調査も行うようにしてください。競合者として対象になるのは、商圏エリアの範囲がかぶっているサロンになります。店舗を出店するエリア内に競合者がいる場合は、競合者とは違うターゲットを得られるようにしましょう。競合者の店舗のメニューや情報を集め、競合者が売りにしているのとは違うサービスを提供することをおススメします。競合者としっかり差別化できれば、ターゲットの取り合いにはならないので集客がしやすくなるでしょう。

エステ集客

他店舗と区別化するためには

お客さまにサロンに立ち寄ってもらうためには、他店舗とは違う強みを持ったサロンだと理解してもらうことが重要です。競合者との違いをだすためには、サービス内容と同じくらい大事なのがサロンのコンセプト・雰囲気です。提供するサービスだけでなく、空間にも違いをだすことも重要なエステ集客方法なのです。

お客さまはサロンに、普段とは違う特別な時間を求めている方が多くいらっしゃいます。そのためには、内装を工夫してオシャレな空間を演出することは不可欠です。サロンの内装を決めるときに絶対におさえておかなければならないのが、生活感を消すことと、コンセプトを決めて統一感をだすことです。

とくに、コンセプトを決めることは、他店舗とサロンを区別化する空間を作れるか決定づける要素です。できるだけ早い段階で決めておくことをおススメします。競合他店舗の外観や内装を調べて、それらとは違うコンセプトを設定してください。

そして、このとき忘れないでほしいのがお客さまの目線です。たとえば、ターゲットが30代の女性なのに、10代の若者向けのコンセプトにしてしまっては集客が難しくなってしまいます。お客さまの目線を忘れずに、コンセプトを区別化できれば、お店の雰囲気も自然と他店舗とは違ったものになるでしょう。

まとめ

最近はお客様がエステを使い分けるようになりました。そのため、従来のエステ経営では集客が難しくなってきています。これからできるエステ集客方法としておさえておきたいポイントは以下の通りです。

・サロンの強みをはっきりと伝える。
・宣伝にはSNSも活用する。
・立地調査・競合調査をしっかり行う。
・サロンのコンセプトを決めて、他店舗とは違う雰囲気のお店を作る。
・他店舗としっかり区別化する

他店舗と区別化するために、サロンの強みとコンセプトを決めることはとても重要です。しっかりと調査して他とは違うサロンを作り、その魅力をお客様に伝えられるようにすれば、サロンには自然とお客さんが集まってくるでしょう。

お好みの条件に合った
内装会社を探す