エステサロン開業 NEWS & TOPICS

気になるエステサロン経営者の年収!成功の秘訣はどこにある?

エステティストとして仕事をしていると、自分だけのサロンにはあこがれてしまいますよね。でも、エステサロン経営者の年収っていくらなのか?開業には何が必要なのか?よくわからないことが多くあります。

今回のコラムでは、エステサロンを独立開業したとき、経営者はどの程度の年収になるのか、どんなことをすればいいのかを分かりやすく解説いたします。

エステサロン経営者の年収には幅がある

近年では、男性専門のエステサロンも開業し始め、どんどんエステティシャンの需要が増えてきました。エステティシャンになるためにはとくに必要となる資格はないことから、エステティシャンを目指しはじめる人も多くいるようです。加えて、エステサロンを開業するのにも特別な資格は必要ないので、独立開業に踏み切る人も少なくありません。

実際のところ、エステサロンの経営者の年収はどの程度になるのでしょうか。社員として雇われたエステティシャンの平均年収は、一般的には300万円~400万円程度になるようです。

しかし、経営者の場合はピンキリで、年収が300万円以下のこともあれば、年収1,000万円オーバーの人もいます。テレビなどに出演する機会があるほど成功している経営者の場合は、年収数億円という人もいるようです。

それでは、いったいどんな人がエステサロンの経営で成功できるのでしょうか。エステサロンで成功する人というと、高い技術をもっていることが必須条件のように思えます。

しかし、実際に稼いでいる人たちは、技術だけでなくそれ以外のところにも配慮して、お店の集客力を高めているのです。経営者として成功するためには、よい腕を持っているだけでは十分ではありません。

エステサロン経営者の年収には幅がある

腕だけではだめ!成功するためのエステサロン経営術

どれだけ腕がよくても、年収をアップさせるためにはエステの技術以外のことにも力を入れなければなりません。

多くの成功者が実践しているように、エステサロンを経営して年収を上げるためには、店舗を経営するための経営術、そして集客するための工夫が必要なのです。

経営者として成功するためには、経営の勉強を避けて通ることはできません。家賃や光熱費、サロンの消耗品の補充など月々の支出の管理が必要になってきます。また、確定申告といった税金関係の手続きの確認など、パッとあげられたものだけでも、経営にかかわるならお金をつねに計算しなければならないのです。

また、エステサロンに人を呼ぶためにも、サロンの宣伝が必要になってきます。

・立地から最も多くの集客を見込める客層はどんなタイプか?
・ターゲットとなる客層が求めるサービス、もっとも目にする広告媒体は何か?

少なくともこの2点はしっかりとおさえてからサロンの宣伝するようにしましょう。うまく宣伝することができれば、安定した顧客の獲得にもつながります。チラシなどの紙媒体や、ブログ・HP・SNSといったインターネットを活用してお客様をお店に呼びましょう。

腕だけではだめ!成功するためのエステサロン経営術

エステサロン経営術を学ぶにはどうすればいい?

エステサロンの経営者として年収をアップさせるためには、サロンを経営していくためのノウハウが必要だとわかりました。それでは、そのようにして経営術を学べばよいのでしょうか。経営術を学ぶ方法としては、大きく3つあります。

・専門学校で学ぶ
エステサロンの経営術を学ぶ方法のうちもっとも一般的な方法です。エステティシャンには資格は必要ありませんが、専門学校に行けばエステの技術や経営者としてサロンを経営する方法を勉強することができます。ただし、専門学校に行くためには、まとまった時間とお金を用意する必要があるので、開業するための資金のことも考えて利用したほうがよいです。

・セミナーに行く
セミナーでは、専門家と1対1、または少人数で相談することができます。セミナーによって金額はまちまちですが、資金運営や経営方針などについて、実践的なことを直接聞くことができるのが利点です。

・成功者から話を聞く
この方法を実践するためには、成功者とのコネがなければなりません。従業員として雇ってもらってオーナーから教えてもらったり、知り合いの経営者を紹介してもらったりしましょう。

エステサロンを開業しよう!必要な手順や費用

エステサロンを開業するために必要な届け出は、基本的には税務署に提出する「開業届出」のみになります。安全性や清潔さが求められる設備を設置する場合は、施設の図面を保健所に提出しなければならいないこともあります。

エステティシャンには特別な資格が必要ないので、開業するときの届け出はほかの業種にくらべるとかなり少ないようです。

開業するときに必要な資金として大きくは、物件の賃貸費用、設備・内装の工事費用、消耗品・宣伝そのほかの費用があります。総合すると、おおよそ400~500万円は準備しなければなりません。

さらに、開業後しばらくは赤字経営になるので月々の支出3カ月~半年分の運転資金も用意しておく必要があるので、それも加えると600万円程度は最低でも用意しておくことをおススメします。

エステサロンを開業するためには、必ず店舗のテナントを借りなければならないというわけではありません。エステサロンは自宅で開業することもできます。

自宅ならば、開業資金の多くを占めるテナント関係の費用を節約できるので、100万円前後で開業することが可能です。ただし、テナントを借りた場合に比べると集客が悪い傾向があるので、宣伝に力を入れる必要があります。

また、サロンを開業するときには、内装にこだわることを忘れないようにしてください。内装はサロンの印象を決定づける大事な要素です。ここでほかの店舗との違いを見せられるかどうかで、どれだけ集客できるかが大きく変わってきます。エステサロン経営者として年収をアップさせるためには、絶対に忘れたくないポイントですね。

エステサロンを開業しよう!必要な手順や費用

まとめ

エステサロン経営者の年収には大きく幅があり、年収300万円以下の人もいれば、数千万円~数億円稼ぐ人もいます。そういった成功者たちのように、エステサロン経営者として年収をアップさせるためには、エステティストとしての腕だけでなく、サロンを経営するためのさまざまな努力が必要なのです。そのなかでも、サロンの経営術の勉強と宣伝にはとくに力を入れなければなりません。

エステサロンはほかの業種に比べると、必要な手続きが少なく、開業費用を安くすませることができるので、開業しやすい仕事だといえるでしょう。

そのため、同じように開業する人が多くいます。だからこそ、内装やサービスにこだわり、他のお店とは一味違う魅力があるとアピールすることが大事です。あなたの作ったお店で、お客様に喜んでもらうためにもしっかりと勉強して、万全の態勢で独立しましょう。

お見積りとプランを5社無料でご提案!理想の業者にきっと出会える!

お好みの条件にあった内装会社を探す

お客様情報をご記入ください

会社名必須※個人の方はお名前

※個人の方はお名前

担当者名必須※個人の方はお名前

※個人の方はお名前

メールアドレス必須
電話番号必須

ご要望をお聞かせください

工事予定地必須

用途必須
用途詳細
坪数必須
ご予算必須
開始予定時期必須
完了予定時期必須
ご希望デザイン

※ ご希望のデザインがあればURLを記載してください。例:https://archicloud.jp/design/m2biyo03

図面について必須
ご質問・ご要望

必須ご利用規約に同意する

お好みの条件にあった内装会社を探す