サロンに集客させるために……長く続けていくコツを知ろう! | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS エステサロン開業の記事詳細

サロンに集客させるために……長く続けていくコツを知ろう!

お店を経営するときに気をつけなければならないのが集客です。お店はお客さんに足を運んでもらえなければ売り上げを出すことができないからです。それはサロン経営でも同じで、サービス業だからこそ、より集客率に関してはシビアなのかもしれません。

サロンの経営を長く続けていくためにも、どのように集客率をあげていくか考えていきましょう。今回のコラムでは、サロンの集客についてお話しています。より多くのお客さんを集める店舗の内装の作り方や、集客のポイントなどについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

サロンを成功させるためには

サロンの集客と一言でいっても、エステサロンや日焼けサロンなど、さまざまな種類があります。どんな種類のサロンを経営するかは、どんな方にお客さんとして来てもらうかで変わるので、まずはターゲット層を明確にして方向性を決めましょう。

また、サロンを経営するときにはどんなお店にするかという、コンセプトを決めておくのも重要になります。長い時間リラックスしてもらいながら、サロンのサービスを提供するのであれば、落ち着いた空間を演出する必要がありますよね。サロンを経営するために用意する機材や内装も、サロンのコンセプトによって変わってくるので、コンセプトは慎重に決めるようにしてください。

サロンを成功させるためには

開業前に確認しておこう

サロンを開業するときには、お店を開く場所の近くに似たようなサービスをしているお店がないか、事前に調べておきましょう。

もしも近くに同じようなサービスをしているお店があったら、お客の取り合いになってしまいます。せっかくサロンを開くのであれば、少しでも多くのお客さんにお店に来てほしいですよね。お客の取り合いにならないよう、競合店がない場所でサロンを始めることをおすすめします。

競合店の調査をすることは、ほかにもメリットがあります。競合店の内装やサービス内容を調べることで、ほかのお店には独自のサービスを考えやすくなるのです。他にはないオリジナリティあふれるサービスがあると、お客さんを集めやすくなります。サロンの集客を考えるのであれば、しっかりと競合店の調査をしておきましょう。

また、競合店調査と同時に市場調査もしておくと一層集客しやすいサロンを経営していくことができます。市場を把握しつつ競合店との違いを明確にできれば、集客に関しては怖いものなしなのではないでしょうか。

サロンを選ぶ基準とは

お客さんが皆さんの経営するサロンのリピーターになってくれるかどうかは、お客さんがどれだけ満足してくれたかどうかが重要になります。一度サロンを利用しても、サービス内容が悪かったり店員の対応で嫌な気分になったりしたら二度と利用したくないと思ってしまいますよね。

お客さんに何度も利用してもらえるサロンにしていくためには、お客さんがサロンを選ぶ基準を押さえておきましょう。お客さんがサロンを選ぶ基準にはいろいろなものがあります。


【お客がサロンを選ぶ基準】

・検索サイトで見つけたから
・自分の住んでいる家から近い
・知り合いに勧められた
・サービス料が安くてお得感がある
・店員の腕がいい
・内装がおしゃれ
・対応しているサービス内容が豊富


サロンが選ばれる基準はこのようにたくさんあります。そのなかでも内装に関しては店舗を用意するときにしっかりと決めておきましょう。

内装作りはサロンの雰囲気作りにもつながります。おしゃれで落ち着く内装にして、サロンの集客率をあげてくださいね!

サロンを選ぶ基準とは

成功させるためには集客が大事!

サロンの経営を成功させるためには、しっかりと集客できるようにならなければなりません。だからこそ、お客さんを集める集客方法はしっかりと考えるようにしましょう。

サロンの集客をするのなら、ますは宣伝・広告を打ってみましょう。宣伝費がかかりますが、チラシをつくったりはがきを出したりするのはお店を知ってもらうのにとても有効になります。そのチラシやはがきに割引クーポン券などを付けておいたら、お客は「一度行ってみようかな?」と思ってくれるのではないでしょうか。

また、インターネットを利用した宣伝方法があります。サロンのHPを開設してそのHPから来店予約ができるようになっていたりすると、便利ですよね。HPにサロンのなかの様子や、サービス内容などが説明されていたりすると、お客も安心して来店してくれますよ。

ほかにも、サロン店舗の外装・内装が宣伝材料になることもあります。お店のおしゃれ感をSNSなどでアップすることで、たくさんの方の目に触れるようになりますよね。SNSを見た方が、皆さんの経営するサロンのお客さんになってくれるということもあるのです。

このように、サロンの集客方法にはさまざまなものがあります。自分に合った集客方法を使って、サロンのお客さんを増やしていってくださいね。

まとめ

サロンにはさまざまな形態があります。サロンのサービスを決めるためには、お客になるターゲット層を決めて、お店のコンセプトをしっかりと決めておきましょう。

決めたコンセプトは、サロンの集客にもつながります。お客さんが集まらないとサロンの経営を続けていくのは難しいので、どうやったら集客につながるのかを考えるのは大切なことなのです。

サロンの集客方法は、お客さんがどの部分をポイントにして、自分が行くサロンを選んでいるかを考えるのも有効です。お客の目線を有効活用して、たくさんのお客がサロンに来てくれるようにしてくださいね。

お好みの条件に合った
内装会社を探す