教育・施設 NEWS & TOPICS

雑貨屋を開業するためにはなにが重要?!店を成功させるためには

おしゃれなお店が多い雑貨屋。そのおしゃれな雰囲気からお店を持ちたいという方も多いのではないでしょうか。ですが、雑貨屋を開業するには注意しなければならないことがあります。

今回は「雑貨屋を開業するために必要なこと」を紹介します。雑貨屋は仕入れ、集客、販売などしなければならないことがたくさんあるため、事前に対策しておくことが重要になってきます。。

「雑貨屋を開業したい!」もしくは、「何か新しくお店を始めたい!」という方はぜひ読んでみてください。

雑貨屋は仕入れが大事

雑貨屋を開業して長く続けるためには仕入れが大切です。どんな商品を扱うかによってお店の売り上げは大きく変わります。どんな仕入れ方があるのでしょうか。

・卸問屋
卸問屋とはメーカーと小売店の間にあるお店で、メーカーから仕入れた商品を雑貨店へ取り次ぐ役割を担っています。仕入れを専門におこなっているので、商品に関する知識を豊富に持っています。
また付き合いが長くなれば、値段を安くしてくれるということもあるかもしれません。

・メーカーと直接取引
メーカーと直接取引します。通常は卸問屋経由ですが、メーカーと直接取引することによって大量に発注することもできるかもしれません。ただ大量仕入れは在庫を抱えるリスクも大きくなるため、確実に売れる商品を見極める知識と経験が必要となるでしょう。

・展示会
展示会にいって商品を探します。ひとつの会場でたくさんの商品を見ることができます。メーカーの方に名刺を渡すだけでも今後取引する際に役に立つでしょう。

ですが、頻繁に展示会は行われているわけではないです。また、会場まで距離があると移動が大変でしょう。

・インターネット
インターネットで商品を仕入れます。仕入れる商品の数も調整することができます。いつでも注文することができます。送料がかかりますが、時間と交通費がかからないことを考慮するとネット注文の方がよいかもしれません。

商品を手に取ってみることができないというのがデメリットでしょう。また、大量に注文したいけど、売り切れてしまうということもあります。

雑貨屋は仕入れが大事

集客するためのコツとは

雑貨屋を開業しても集客することができなかったらお店を長く続けることはできません。せっかくお店を開くのであれば長く続けていきたいですよね。集客するためのコツを紹介します。

・実店舗の場合
実店舗であれば、近くでお店の宣伝をするとよいでしょう。チラシを作ってお店を宣伝しましょう。チラシを作った人がお店に来てくれて、そのお客さんが口コミで別のお客さんを連れてきてくれるかもしれません。

・ネットショップ
実店舗であれば来客できる人は限られてしまいますが、ネットショップであれば、全国どこでも注文を受けることができます。ネットショップの存在を知ってもらうためにはネット広告を出してもよいでしょう。

・SNSを使う
実店舗、ネットショップに限らず、SNSやブログを使うことによってお店を宣伝します。フェイスブックやツイッターにお店や商品を紹介することができます。

ブログで毎日、お店の様子を更新しましょう。ブログを見てくれる方がお店に来てくれたり、商品を購入してくれるでしょう。

レイアウトも大事

仕入れだけでなくレイアウトも雑貨屋を長く続けていくためには大切な要素です。レイアウトの仕方によって売り上げも大きく変わってくるといっても過言ではないでしょう。

レイアウトの仕方を間違えてしまうと商品が長く売れず物によっては処分しなければならなくなってしまいます。どんなレイアウトの仕方があるのでしょうか。

・入店率を上げる
入店率を上げるために必要なことはレジカウンターを置く場所です。入口の正面にレジカウンターを置くとお客さんは圧迫されているような感覚になります。商品管理も大切ですが、入ってくるお客さんからは直接見えない場所に配置するようにしましょう。

・見やすくするには
良い商品をたくさん置いてもお客さんに見てもらわないと意味がありません。そのため、商品の配列に気を付ける必要があります。

商品によって詰めておくのか位置を離すのか考えます。イチオシしたい商品はお店の目立つところに置くのがよいでしょう。

また、商品を購入して欲しい性別などを考えて、商品を置く高さにも注意しましょう。男性用の商品であれば、ある程度高い場所でも手に取ってもらえる可能性がありますが、女性用の商品であれば、低い場所に置くようにしましょう。

・滞在時間を長くする
滞在時間を長くするために必要なことは商品の配置です。お客さんが回って商品を見ることができるようにします。

お客さんが前にいったり後ろにいったりというよりは回りながら商品を見るようにした方が滞在時間は長くなります。お店の端に商品を置くのではなく真ん中に商品を置くようにするとよいでしょう。

雑貨屋を開業して長く続けることができる秘訣はお客さんのことを考えて営業していくことでしょう。

レイアウトも大事

こだわりすぎるのも

雑貨屋を開業する際、店のコンセプトを決めるでしょう。どんな商品を置くかによってもコンセプトが大きく変わります。ですが、コンセプトにこだわりすぎるのはよいことではありません。なぜなら内装費用などがかかってしまうからです。

雑貨屋を開業する際にかかる費用は以下の通りです。

・家賃費用
・内装費
・仕入れ費用
・人件費
・備品

初期費用は少なく見積もっても500万はかかると思ってよいでしょう。少しでも費用を抑えることを考えると内装費がよいでしょう。

仕入れ価格もお店の規模によって大きく違ってきますが、内装費であれば、費用を抑えることができます。こだわりが強くなければ、お店の内装をおしゃれにする必要はないかもしれません。

まとめ

今回は「雑貨屋を開業するために必要なこと」を紹介しました。仕入れ方法は展示会に行く、メーカーと直接取引、インターネットで購入するなど方法はたくさんあります。自分の好きな方法で商品を仕入れることができます。

お店を宣伝するためにはチラシを作って配ったり、SNSやブログを使って多くの人にお店の魅力を伝えましょう。

レイアウトの仕方によってお店の売り上げは大きく変わるので、お客さんのことを考えてレイアウトの仕方を工夫する必要があります。今回紹介した方法を試してみてはいかかでしょうか。

お見積りとプランを5社無料でご提案!理想の業者にきっと出会える!

お好みの条件にあった内装会社を探す

お客様情報をご記入ください

会社名必須※個人の方はお名前

※個人の方はお名前

担当者名必須※個人の方はお名前

※個人の方はお名前

メールアドレス必須
電話番号必須

ご要望をお聞かせください

工事予定地必須

用途必須
用途詳細
坪数必須
ご予算必須
開始予定時期必須
完了予定時期必須
ご希望デザイン

※ ご希望のデザインがあればURLを記載してください。例:https://archicloud.jp/design/m2biyo03

図面について必須
ご質問・ご要望

お好みの条件にあった内装会社を探す