グリストラップを設置するには?設置基準と設置方法 | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

9:00~18:00 日本全国受付対応中 ※営業日:月~金、年末年始除く

NEWS 飲食店鋪開業の記事詳細

グリストラップを設置するには?設置基準と設置方法

飲食店の経営を考える際、どんな設備が必要になるのか事前に調べておくことは重要です。設置を検討しなければならない設備のひとつに、グリストラップがあります。自治体によっては設置を義務付けているところもありますので、事前に詳細を確認しておくとよいでしょう。この記事では、グリストラップの設置基準と設置方法について解説します。

グリストラップって何?

グリストラップは、飲食店から排出される汚水の汚れ、特に油脂を取り除くための設備です。「油脂遮断装置」「オイル阻集器」とも呼ばれます。汚水に含まれる油脂を分離させて溜める構造になっており、先の排水管・下水道管に油脂を流さないようにする仕組みです。

動物性・植物性にかかわらず、飲食店ではさまざまな種類の油脂を流します。油脂のイメージが浮かびやすい肉類や生クリームのほかに、牛乳などの液体にも油脂は含まれています。

油脂を含んだ汚水をそのまま流してしまうと、配管の中で詰まったり、配管が早く傷んだりする可能性が高くなります。また、汚れた水を流す行為は環境にもよくありません。そのため、グリストラップを設置する飲食店は非常に多いのです。

グリストラップという装置は、生ごみや油脂など汚水の原因となるものを取り除く役目を担います。まず、バスケットで生ごみや大きな塊の油脂を回収し、比重の軽い油を水面に浮かせます。残った小さなごみは下に沈むため、油脂や生ごみを含まない水を下水へ流せます。

グリストラップは配管設備や水質環境を守る重要な役割を持っています。下水の基準値が定められている下水道法を遵守するためには、グリストラップの設置はあった方がよいでしょう。

グリストラップって何?

グリストラップの設置基準とは一体?

グリストラップの設置基準には「下水道法」「水質汚濁防止法」「建築基準法」が関係していて、建設省(今の国土交通省)では下記のような告示が出されています。

汚水が油脂、ガソリン、土砂その他排水のための配管設備の機能を著しく妨げ、又は排水のための配管設備を損傷するおそれがある物を含む場合においては、有効な位置に阻集器を設けること。(建設省告示第1597号より)

飲食店の排水には大量の油分が含まれる排水が配管を汚してしまう可能性はあると思います。そのため、グリーストラップトラップ設置は必要だと解釈できますが、具体的な数値が書かれていないため、明確な判断基準としては不十分といえます。

また、下水道法では、店舗から排出される下水は下水道法の基準値よりも汚してはいけないという決まりになっています。だだし、下水道法で定められている条件は「1日あたりの汚水排出量が50m3以上の事業場」になるため、一般的な飲食店ではよほどのことがないかぎり当てはまりません。

これだけ見ていると、グリーストラップの設置に対する明確な基準がないように思えますが、自治体が各地域の状況に合わせてグリーストラップの設置が必要か判断しています。

グリストラップの設置基準は、自治体によって異なります。設置が義務付けられている自治体もあれば、明確な基準が設けられていない自治体もあるためです。グリストラップの設置が義務付けられている場合、指示に従わないと罰金を支払わなければならない可能性もあります。

法律上、グリストラップの設置については義務化されていません。そのため、自治体の定めがない場合の設置は自由であると思いがちですが、下水の基準値については下水道法でしっかりと決められています。店舗から排出される下水は、下水道法の基準値よりも汚してはいけないという決まりになっているからです。基準値を守ろうとする場合は、油脂を分けられるグリストラップの設置は必須となります。そのため、飲食店の開業では実質グリストラップを設置しなければならない可能性が高いでしょう。

自治体の指示だけに従っていても、ほかの守るべき基準をおろそかにしていては、法律に準じた営業ができません。場合によっては、店舗に指導が入る可能性もあります。飲食店の開業にあたっては、さまざまな基準をクリアした設備になっているか十分に注意する必要があるでしょう。

法律上、グリストラップの設置については義務化されていません。そのため、自治体の定めがない場合の設置は自由であると思いがちですが、下水の基準値については下水道法でしっかりと決められています。店舗から排出される下水は、下水道法の基準値よりも汚してはいけないという決まりになっているからです。基準値を守ろうとする場合は、油脂を分けられるグリストラップの設置は必須となります。そのため、飲食店の開業では実質グリストラップを設置しなければならない可能性が高いでしょう。

自治体の指示だけに従っていても、ほかの守るべき基準をおろそかにしていては、法律に準じた営業ができません。場合によっては、店舗に指導が入る可能性もあります。飲食店の開業にあたっては、さまざまな基準をクリアした設備になっているか十分に注意する必要があるでしょう。

グリストラップの設置基準とは一体?

グリストラップの設置方法は?

グリストラップを設置する際は、排水設備指定工事店に依頼する必要があります。自治体で設置が義務付けられている場合、自治体が指定する工事店に依頼しなければならないケースもあります。自治体へ問い合わせをするかインターネットを活用して工事店を探しましょう。

また、営業を開始したあとは清掃によるメンテナンスも定期的に行わなければなりません。清掃を行わないと、グリストラップの内部に生ごみや油脂が溜まり続け、汚れを取り除く効果が弱まってしまうためです。グリストラップの内部が生ごみや油脂でいっぱいになってしまった場合、汚水が逆流して床にあふれてきてしまいます。生ごみや油脂、汚泥が腐敗して悪臭を放ち、害虫が発生する原因にもなるでしょう。

また、自治体によってはグリストラップの清掃基準も設けられています。生ごみは1日に1回回収し、油脂は週に1回以上の処理が必要など、回数や期間はさまざまです。清掃基準が定められている場合は、順守しないと罰金や懲役が科される可能性もあります。設置するだけでは効果が保たれないのがグリストラップの特徴です。

グリストラップの設置基準を満たした店舗経営を!

飲食店を開業する前には、商品となる料理やサービスの準備に気を取られがちですが、店舗の設備もしっかりと確認しなければなりません。法律や自治体の基準に合わせて揃えられているかが重要です。

特に、厨房から排出される汚水の油脂類を取り除くグリストラップは設置を検討する必要があります。自治体によっては、排水設備指定工事店による設置が義務付けられている場合もあります。心配であれば、自治体に問い合わせを行うとよいでしょう。

設置が定められていない場合でも、下水道法の基準値を守るためにはグリストラップが必要です。設置したあとは生ごみや油脂が過剰に溜まるのを防ぐため、定期的に清掃を行って汚れを取り除かなければなりません。清掃を行う頻度なども定められている場合があるので、基準に従ってメンテナンスをしましょう。

グリストラップを使用した汚水の管理は、店舗を清潔に保つことにつながります。飲食店の開業や経営の準備を進めている際は、グリストラップの設置基準が満たせているかも重要なポイントです。汚水の管理をしっかりと行って、順調な営業に結びつけましょう。

グリストラップの設置基準を満たした店舗経営を!

お好みの条件に合った
内装会社を探す