飲食店鋪開業 NEWS & TOPICS

飲食店開業を失敗させないためにはどのような点に気をつけたら良いか

飲食店の開業を失敗させないためには、何に気をつける必要があるのでしょうか。飲食店を失敗させないためには、金銭面や集客率など抑えるべき点があります。

今回のコラムでは、なぜ飲食店の経営に失敗してしまうのかの原因を解説します。ほかにも、お店の集客率をあげる方法や回転率をあげる人材育成に必要なこともまとめたのでぜひ参考にしてください。飲食店を成功させるためのヒントが見つかるかもしれません。

当然ながらお金がなければお店は続けられない

会計が曖昧になると、飲食店開業を失敗してしまうことにつながりやすいといわれています。会計が曖昧だと、今会社のどれくらいのお金があるのかがわからなくなり赤字になっても気づかないことが多いのです。会計をハッキリさせるためには、いくら稼ぐことができたかやいくらあったお金を何に使ったのかを手帳につける必要があります。そうすることで、現在のお金がいくらあるのかを把握しやすくなります。そのため、会計管理をしっかりおこなうようにしましょう。

また、経営の際借りた借金の返済に追われて借金を返すことができず、飲食店開業を失敗してしまうこともあります。そうならないためには、キャシュフローを把握しておくことをおすすめします。キャッシュフローとは、資金の流れや現金収支のことを表します。利益だけではお金の流れがわかりません。キャッシュフローを知ることで、収入がいいときのお金の流れがわかりやすくなります。

どんなに料理がおいしくても、知らなければ人は来ない

せっかく料理の腕があるのに、お客さんに来てもらわないと当然売り上げが上がりません。飲食店開業を失敗させないための広告方法は、どんなのがあるのか詳しく見ていきましょう。

・グルメ情報サイトに掲載する
飲食店を探しているお客さんが、飲食店を探すことができるサイトです。サイトによっては実際にお店に行った人が口コミを書くこともできるのです。口コミもがいいお店だとそのお店の評価が高くなり、興味をしめす人も増えるため、集客率向上につながります。

・ホームページを作成する
ホームページには、メニューや店舗の写真お店に興味を持っているお客さんが知りたい情報を書き込むことができます。情報が多いとどんなお店なのかが知ることができます。そのため、「どんなお店なのだろう」という思いが「行ってみたい」に変わりやすくなるのです。

・SNSを利用する
SNSを利用することで、メニューや店舗の雰囲気を明確に伝えることができます。インパクトある料理の写真を掲載することで、見た人が「食べたい」と思ってもらうことが狙いです。また、定期的に更新することで最新情報をより多くの人に知ってもらうことができます。

お客さんがお店に求めるものはなにかを考えたメニューで広告する必要があります。近年インターネットやスマホの普及により、ネットからお店を探す人が多くなってきました。そのため掲載する際、パソコンやスマホどちらでも見やすい広告にすることで、多くの人に読まれやすい広告になるのです。

どんなに料理がおいしくても、知らなければ人は来ない

1人でできることには限界がある

集客率をあげたら必要になるのが、お店の回転率です。回転率を良くするためには、人材育成を十分におこなう必要があります。人材育成を一人で付きっ切りでおこなうのは難しいことです。しかし、人材を育成しなければ従業員の教育が悪くなって飲食店開業を失敗に追い込んでしまいます。

人材育成がうまくいっていないと、回転率が悪くなり、味が落ちたり人材不足になったりしてしまいます。働く側のストレスを軽くするためにも、人材育成をしっかりおこなう必要があるのです。

人材育成を良くするために、まず仕事内容が分かりやすく掲載されているマニュアル作成が必要です。マニュアルを明確にすることで、味を統一させることができます。また、付きっ切りで指導しなくてもマニュアルを読むことで理解してもらうことができるメリットがあります。

ほかにも、その人にあった人材育成も大切です。人はそれぞれ理解するスピードが違うため、人によっては教えるのに根気がいるかもしれません。

覚えが悪くても攻め過ぎず、せっかく得た人材を失わないために、成長を評価することも必要です。人は誰かに認めてもらうことで、よりその仕事にやりがいを感じられます。お店に必要な人材であることを直接伝えるのも継続して働いてもらうには必要になってくるのではないでしょうか。

お客さんが自分のお店に来る理由を作ろう

飲食店の開業を失敗させないためには、自分のお店をお客さんが利用する理由を考えましょう。お客さんは味と雰囲気を求めて来店される方が多いのではないでしょうか。味が良くても雰囲気が入りずいとお客さんは集まりません。また、雰囲気が良くても味が悪いとせっかくの雰囲気が台無しになります。

お店の味と雰囲気のバランスを取るためには、お店のコンセプト(テーマ)を元にする必要があります。コンセプトを意識することでメニューやお店の内装に統一性をもたらすことができるのです。そうするとメニューと雰囲気のバランスが取れ、入りやすい店舗なります。

また、飲食店の経営は競争率が激しい業種です。飲食店の経営を失敗させないためにも、他店との差別化を意識することもポイントになります。差別化とは、お客さんに対して自分のお店でしか提供できないものをつくることです。

このお店にしかない味や雰囲気を提供することで、お客さんが繰り返し来店されやすい店舗をつくることが実現できます。

お客さんが自分のお店に来る理由を作ろう

まとめ

お金がなければもちろん飲食店の経営は失敗します。そのためにはキャッシュフローを理解するために、手帳につけるなどして店舗の金銭内容を理解する必要があるのです。

集客率をあげるのも経営にはかかせません。パソコンやスマホが主流になってきたからこそ、インターネットやSNSを利用して、より多くの人に見てもらうことができます。

集客率を向上させると必然的に必要になるのが回転率です。分かりやすいマニュアルとその人その人のペースに合わせた指導が大切になります。

繰り返し利用してもらうお店にするには、自分の店にしかないものを提供する差別化が必要になります。お店のコンセプトから、メニューと内装に統一性を持たせましょう。そうすることで、お客さんが入りやすい店舗を実現させることができます。問題点を解決し、数あるお店から選んでもらえるお店をつくりましょう。

お見積りとプランを5社無料でご提案!理想の業者にきっと出会える!

お好みの条件にあった内装会社を探す

お客様情報をご記入ください

会社名必須※個人の方はお名前

※個人の方はお名前

担当者名必須※個人の方はお名前

※個人の方はお名前

メールアドレス必須
電話番号必須

ご要望をお聞かせください

工事予定地必須

用途必須
用途詳細
坪数必須
ご予算必須
開始予定時期必須
完了予定時期必須
ご希望デザイン

※ ご希望のデザインがあればURLを記載してください。例:https://archicloud.jp/design/m2biyo03

図面について必須
ご質問・ご要望

お好みの条件にあった内装会社を探す