居酒屋経営に必要な準備資金と始める前に知っておきたい繁盛店づくりのコツ | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

9:00~18:00 日本全国受付対応中 ※営業日:月~金、年末年始除く

NEWS 居酒屋開業の記事詳細

居酒屋経営に必要な準備資金と始める前に知っておきたい繁盛店づくりのコツ

いつかは自分のお店を持ちたい!との思いから飲食店での経験を積んできた方も、具体的に経営者として関わる居酒屋は下積み時代とは違うものである。

特に居酒屋は参入障壁が低く、ある意味「誰でも始められる」というメリットがある反面、新規で参入する居酒屋だけではなく、すでに長年やっており多くのファンを持つ老舗の居酒屋が日本中どこでも存在するため、開業するのは簡単でも繁盛店を作ることは簡単なことではない。

今回は居酒屋の経営を安定させるために重要な準備資金と、情熱だけではうまくいかない繁盛店を作るコツについて紹介したいと思う。

この記事をしっかりと読んでいただき繁盛する居酒屋作りを成功させていただければ幸いだ。

居酒屋経営に必要な準備資金

ブタとお金と電卓とノート

まずは、居酒屋を経営する前に準備しなければいけな資金について紹介していく。

居酒屋経営をスムーズにしていくためには事前の準備資金について検討を重ね、準備を進めていくことが必要となる。

居酒屋を経営するために必要な資金はお店の作り方、経営の方法によって大きく変わるものでもある。

例えば、居抜き物件を利用し場所も中心街から少し離れたところで良いということであれば比較的準備資金は抑えることができる。

反対に、内装や雰囲気にこだわり目新しいスタイルで開業するのであればそれ相応の資金を準備が必要となる。

このように、これくらいの準備資金があれば良いということを一概にまとめることは難しいが、小規模店舗の場合で700万円から1200万円程度が相場と言われている。

また、準備資金を全て実費で賄うほどの蓄えがあれば良いが、多くの場合、国民金融国庫や銀行などから借り入れを行って事業をスタートすることになるはずだ。

借り入れを行う場合の目安としては準備資金総額の3分の1程度は自己資金として準備しておかなければ満足のいく借り入れが行えないこともあるため注意が必要だ。

つまり、居酒屋経営に必要な準備資金は状況によってまちまちだが、相場としては700万円〜1200万円程度であり、想定する準備資金の3分の1程度が自己資金が必要ということになる。

 

開業時にかかる主な費用

続いて、居酒屋の開業時にかかる主な費用について概算を紹介していく。

もし、経営に関する準備資金についてまだ十分と推敲ができていないという方はぜひ参考にご覧いただきたい。

物件取得にかかる費用

まずは、物件取得にかかる費用についてだ。

居酒屋経営において、物件を確保することができなければ事業をスタートすることはできない。物件取得に関する費用はもちろん、家賃だけではなく物件の契約時に支払う保証金、仲介手数料、礼金、前払い家賃などの諸経費が必要となる。

また、住宅を借りる場合と異なり、保証金は必ずと言っていいほど設定されており家賃の半年分〜1年分程度と住宅と比較して高額の資金を準備することが必要となる。

居酒屋経営を成功させるためにはお店の立地や清潔感なども鍵となる重要なポイントであるため、開業を急ぐのではなく、満足のいく物件が見つかるまでは事業をスタートしないというほど慎重に進めるべきポイントである。

店舗への投資(内装・外装、設備・備品購入)に関する主な費用

物件が確保できたあとに必要となるのが、内装、外装、設備、備品など店舗にかかる投資だ。この中には厨房機器、看板施工、内装設計、クリーニング費用なども含まれていることを忘れてはいけない。

居酒屋と一口に言ってもどんな料理を提供するのかで必要となる設備は変わり、居抜きなどの物件を利用する場合でも、設置されている設備が古く利用できないということもあるため、設備に関しても慎重に計画を立てていくことが必要となる。

事業として利用する調理機器などは家庭用のものと比較して高額となる場合が多いため、この辺りも適当な見立てではなく、一つ一つの器具をインターネットで検索するなどして正確に把握していくことをおすすめする。

人材募集に関する費用

店舗の準備ができたら続いて人材確保にも費用を使う必要がある。人材確保というと求人広告や人件費がまず思い浮かぶと思うが、それ以外にもユニフォームを用意したり交通費を用意したりという見落としがちな費用も考慮する必要がある。

飲食店は近年、エリアによってはかなり時給相場が上昇しているため、最低賃金程度で計算をしていると人材が確保できないだけではなく、確保してからの人件費が想定よりもオーバーしてしまうこともあるので注意が必要だ。

また、未経験者のアルバイトの場合だと事前研修にかかる費用や採用後の離職なども考慮して余裕を持った計画を立てておくことが重要となる。

その他費用

そして最後は必須ではないが考慮しておかなければいけない費用についてだ。

例えばレジなどは店の規模にもよるが文房具店などで販売されている金庫などで代用することも可能である。しかし、現金商売である居酒屋業においてセキュリティ面や業務効率を向上につながる部分であるためできれば準備しておきたい。

また、新規オープンを近隣に知らせるチラシや、オープン直後の特価販売の一環として使う販売促進費などもスタートを加速することができるためできれば準備しておきたい費用となる。その他、ホームページの作成や各種グルメ広告への掲載費用などの費用も準備段階では検討しておきたい費用である。

上記以外にも黒字化するまでの期間を補う準備資金を用意することも必要だ。

冒頭で説明した平均的な準備資金にもこの費用は含まれてはいるが、いつ軌道に乗るかわからない状態を考慮すると少しでも多くの準備資金がある方が安心して経営に専念することができる。

あと数ヶ月あれば軌道に載せられるのに、資金不足によって廃業しなければいけないということにならないように事前に適切な対策を講じておこう。

 

繁盛店を作るには適切な資金配分が重要

繁盛店

居酒屋経営にかかる費用について網羅的に紹介させていただいた。どのような観点で資金を用意することが必要かお判りいただけたと思う。

続いて、繁盛店を作るためのコツとして資金配分の重要性について解説をしていきたいと思う。

居酒屋は開業後95%が10年以内に廃業してしまうと言われているが、その理由のほとんどは資金不足によるものだ。

資金不足と言っても大きく分けると2つあり、想定よりも黒字化に時間がかかり結果的に資金が足りなくなるパターン、そもそも準備資金の見立てが甘く資金が足りていないパターンが存在する。

前者の場合、特に、初めての居酒屋経営であれば黒字化の期間を正確に計算することが難しいためどれだけ準備を重ねても「仕方ない」場合も存在する。しかしながら、後者の場合、事前準備と適切な資金配分を行うことでリスクを下げることができる理由であるため、絶対に回避したい理由である。

つまり、居酒屋経営をし、繁盛店を目指すためには、まず、黒字化するまでを乗り切る準備資金を正確に把握し準備すること、そして、準備した資金を無駄なく配分していくことが重要なことだと言える。

いざ、事業をスタートしようとすると意外なほど検討しなければいけない項目が多いことに気づくはずだ。居酒屋の経営に限らず、何事も成功を決めるのは事前の準備であるというのはいうまでもないが、資金、タスクの両面で十分に検討できるよう計画を立てよう。

 

資金を投下すべきは、後で変更しにくい部分

居酒屋の準備段階で適切に資金を分配するために重要となるポイントは、あとで変更しにくい部分に資金を投下するという点だ。 後で変更しにくい点とは具体的には店舗、内装のことである。

店舗に関しては容易に変更できるものではないが、内装は場合によっては開業後でも変更することが可能である。しかし、事業が開始してからの内装変更は客離れやリピート客の居心地に悪さに直結してしまうため、開業後の開業は計画的に進めなければならない。

そのため、準備資金の検討やコンセプト設計の段階で十分にイメージを練り、実績のある内装業者などと連携しながら検討していくことが必要だ。

また、反面では、後でなんとかなるという程度の浅いコンセプトでは長期的に繁盛するお店にはなりにくいという側面もあるため内装に関しては十分に考慮することが必要となる。

 

繁盛店こそ、雰囲気にこだわる

また、内装にこだわるということは顧客満足度にも直結することであるということは居酒屋を経営し繁盛店に導くために必要なことである点は理解しておくことが必要だ。料理をする人間ならある程度常識とも言えることではあるが、人間の味覚や満足度は色や雰囲気に大きく影響を受けるものである。

例えば、赤系の色は人間の食欲を刺激する色であり、青や紫は食欲を減退させるという話がある。その他にもキャバクラやスナックなど女性のいるお店が薄暗く、オレンジ系の照明を使う理由はこのような雰囲気がもっともお金に対して無防備になる色だからとも言われている。

内装や雰囲気にこだわるというのは単にオシャレなお店造りをするということだけではなく、事業を行う上でもっとも重要である料理の味や顧客満足度の向上に直結することであり、繁盛店を目指す上で注力しなければいけない重要なポイントである。

 

まとめ

今回は、居酒屋経営に必要な準備資金と繁盛店を作るためのコツについて紹介した。

ポイントとなる点は

・居酒屋経営に必要な準備資金は一般的に700万円〜1200万円

・資金は後で変えることができない内装に特にこだわるべき!

という2点である。

競争の厳しい居酒屋で繁盛店を作り、成功させるためには事前の準備が全てと言っても過言ではない。今回の記事を参考にしていただいて、繁盛する居酒屋作りを成功させていただきたい。

お好みの条件に合った
内装会社を探す