発注者なら知っておきたい内装工事会社の種類と特徴について | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
03-6277-1093

10:00~20:00 日本全国受付対応中 ※年末年始(12/31~1/3)除く

NEWS 内装工事の実務の記事詳細

発注者なら知っておきたい内装工事会社の種類と特徴について

これから、店舗をオープンしようとするオーナーにとって、内装工事会社の選定は最も大きな要素である。しかし、内装業界は専門性の高い分野であるため、どのような種類の内装工事会社があって、どのような特徴があるのかを、オーナー自信が事前に把握しているケースは稀だ。

しかし、自分のイメージ通りの内装を完成させるには、内装工事会社の種類と特徴を知り、適切な会社を選ぶことが必要だ。

もし、工事会社選びに失敗した場合はとんでもない代償を負うことになってしまう。そうならないためにも、事前に内装工事会社について知ることが重要となる。

内装工事会社にはどのような種類があるのか?

内装工事を大別すると、デザイン(設計)と工事に分けることができる。デザインは設計図を書く作業だ。発注者のイメージを実現するために、図を描いて、イメージを現実世界に落とし込んでいくための過程段階と言える。

そして、その図を現実世界へ変換する作業が工事となる。会社によっては、どちらか片方が可能、若しくは両方可能なパターンがある。下記にそれぞれの特徴をしたので確認頂きたい。

 

工事専門の内装工事会社

内装工事のみを専門に行う会社だ。世の中の内装工事会社の殆どがここに分類される。元々が大工で、その後、事業の規模を広げて、法人化したパターンや、元々工事会社に勤めていて独立を果たしたパターンなど様々だ。

特徴としては、現場に強いが、デザインには弱い。現場での細かい部分での対応能力には優れいているが、工事前の打ち合わせ段階での発注者のイメージに対する提案力は劣っている。

既に図面が出来上がっている場合は、こちらに依頼するのが良いが、まだ図面もなくイメージ止まりの段階でこのような会社に依頼するのは避けた方が良いだろう。

『内装工事費用を無料で比較する/アーキクラウド』

 

デザイン専門のインテリアデザイン事務所及び設計事務所

続いては、デザインを専門に行うインテリアデザイン会社及び設計事務所となる。両者の違いは設計事務所の場合、主な業務が建物の設計となるので、内装のデザインについては、規模や種類によっては請けることができないこともある。

一方、デザイン会社はインテリアデザインが主な業務となるので対応可能だ。ただ、会社によって得意な分野が異なるので、依頼をする場合は事前にその会社の過去の実績を確認した方が良いだろう。

また、当然のことながら、これらの会社には工事を依頼することはできない。作成してもらった図面を持って、工事する会社を選定する必要がある。そのため設計をスタートしてから工事が完了するまでの期間が長くなるというデメリットがある。

また、デザイン料も無視できない。内装デザインにかかる設計料は建築工事に比べて工事金額に対するパーセンテージが高くなる。こだわりのデザインを求めていたり、資金に余裕がある場合は別だが、できるだけ内装にかける費用を抑えたいのであれば、デザイン会社を採用することは、避けるのが賢明だ。

 

工事とデザインをする内装工事会社

続いては、デザインと工事が両方できる会社だ。元々デザイン専門であった会社が工事部門を設立したり、工事会社がデザイン部門を設立したりと設立過程は様々だが、総じてバランスの取れた会社と言える。建設会社で言えばゼネコンのようなものだ。

これらの会社はデザインから工事までが一貫して行われるので、デザイン開始から工事完了までの期間が短期間で済むというメリットがある。例えばデザイン会社と工事会社を分けた場合は、デザインの意図を工事会社に伝えたり、工事会社を選定するのに時間を要してしまう。

また、費用面でのメリットも大きい。現場でのコストダウン方法をデザインの段階で反映させることができ、デザイン料も省くことができる。デザイン会社の場合は、デザイン面での提案力は優れているが、コストダウンについては劣っていることが多い。

デザイン会社はコスト感覚が劣っていることが多く、実情価格に精通している、工事会社にコストダウン提案を依頼することが多いのもこの業界の事実なのだ。ということでトータルバランスでみて工事とデザインができる会社に依頼するのが最も賢明と言える。

 

良い内装工事会社の条件とは?

上述したように内装工事を短期間で、できるだけ安価に行うには工事とデザインが両方できる会社に依頼するのがベストである。しかし、そのような会社でも良し悪しがあるので注意をして頂きたい。

例えば工事ができたとしても、工事は全て丸投げで、外注である場合はどうだろうか?よほど現場管理がしっかりしていれば良いが、殆どの場合は、元請けの会社の担当者が毎日現場を管理するということはないだろう。

そのような場合は、細かい対応に遅れが出たり、工事ミスも多くなりがちとなる。よって、自社で職人を抱えて、しっかりと現場を管理できる体制を整えた会社が良いということになる。

自社で職人を抱えていれば、細かい指示もダイレクトに現場に反映させることができ、後々のトラブルも避けることができるだろう。これはデザインでも同様のことだ。外注では無く、社内にデザイナーがいれば設計段階の対応も早く、ミスも少なくなるだろう。

 

最後に

今回は内装工事会社の種類について理解が深まるように体系的に説明させて頂いた。ただ現実的に上述したようなベストな内装工事会社を、発注者が自らがセレクトするのは困難である。内装業界は専門的な分野であり、専門外の人が表面上の情報でその会社の実体を見抜くのは難しい。

アーキクラウドでは、内装、建築業界のプロである一級建築士が、専門家の目を通して選定した多数の内装工事会社と提携している。もし内装工事会社選びに悩まれている場合は、是非当サイトのサービスを利用して頂きたい。

優良内装工事会社がデザインから見積り提出までを無料で提供させて頂く。
「内装工事見積り比較/アーキクラウド」

 

 

お好みの条件に合った
内装会社を探す