ネイルサロンの開業資金はどれくらい必要?調達方法や節約のコツ | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
03-6277-1093

10:00~20:00 日本全国受付対応中 ※年末年始(12/31~1/3)除く

NEWS ネイルサロン開業の記事詳細

ネイルサロンの開業資金はどれくらい必要?調達方法や節約のコツ

「将来ネイルサロンを開業したいけれど、どれくらいの資金がかかるの?」と疑問に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ネイルサロンは他の業種と比べても開業しやすいといわれています。ではいったいどのくらいの資金で開業することできるのでしょうか。

このコラムでは、ネイルサロンの開業資金についてや、長くお店を続けるためのコツなどをご紹介します。ネイルサロンは比較的開業しやすいといわれていますが、長くお店を続けることは大変です。将来ネイルサロンを開業してみたいという方はぜひ読んでみてください。

ネイルサロンの開業資金はどれくらい必要?

ネイルサロンの開業資金はどれくらい必要なのでしょうか。まずは開業資金の内訳を紹介します。

・店舗賃貸費
・敷金礼金
・内装工事費
・設備費
・ネイル用具費
・広告費
・人件費
・その他

ネイルサロンの開業資金は最低でも200万円ほどかかるといわれています。費用は店舗、内装、人件費がどれくらいかかるかによっても大きく変わってくるでしょう。

店舗は、マンションを借りることによって内装費を削減することができます。自宅でネイルサロンを開業すれば、賃貸費や敷金礼金を払う必要がありません。

また、従業員を雇わない個人経営のネイルサロンであれば人件費もかかりません。そのため、開業資金を大幅に削減することができるでしょう。

将来的にネイルサロンを大きな規模で営業したいと思っている方は、店舗を構えて従業員を雇ってもよいでしょう。しかし、そのぶん開業資金は高くなってしまいます。その際は資金を多めに用意する必要があるでしょう。

数百万円のお金を用意するのはとても大変なことです。次の章では資金調達の方法についてご紹介します。

開業資金の主な調達方法

ネイルサロンの開業資金の集め方を紹介します。おもな調達方法は3つです。

・自己資金
自分でお金をためて資金を用意する方法です。大きな規模でなく、個人でネイルサロンを開業する場合はそこまで多くの資金は必要ありません。200万円ほどあれば、十分サロンを開業できるでしょう。

・借りる
知人や友人などからお金を借る方法です。信頼関係ができている人がいる場合は、借りてもよいでしょう。

・融資
銀行などに融資してもらう方法です。融資を受けるには審査に通る必要があり、難しい場合も多いです。従業員を雇って規模を大きくしたい場合は多額の資金が必要なため、銀行に融資してもらうのもよいでしょう。

開業資金の支援制度も活用しよう

ネイルサロンを開業する際には、開業資金の支援制度を活用する方法もあります。支援制度を活用することによって、ネイルサロンの開業資金の準備が楽になるかもしれません。ひとことで支援制度といってもさまざまな種類があります。

・日本政策金融公庫
日本政策金融公庫は政府が出資している金融機関で、担保・保証人なしで融資を受けることができます。融資のスピードが速いことも特徴で、最短で1ヶ月ほどで融資が受けられます。

・自治体の融資
自治体が融資の資金を会社などに預けることによって、独立開業をサポートしてくれる融資です。自治体や金融機関が連帯して融資をおこなっています。一般的な金融機関と比べて金利が低いことが特徴です。

・市町村の融資
地元での創業支援を目的にしています。申請の際に登録免許税が減税されるなどのメリットがあります。金利の支払い期限が比較的長めであることが特徴です。

他にも自治体などが実施している支援制度はありますが、つねに募集しているわけではありません。また、応募条件の詳細もそれぞれ違うので、注意が必要です。各自治体のホームページなどで確認しましょう。

開業資金の支援制度

ネイルサロンの開業資金を節約するには

お店を始めるにあたって、多くの人が開業資金を節約したいと思うのではないでしょうか。そこで、ネイルサロンの開業資金を節約する方法を紹介します。

・居抜き物件
居抜き物件とは前のテナントが入っていたそのままの状態のお店のことです。お店の中の設備をそのまま使うことができるため、開業資金を節約することができます。内装にこだわりがないのであれば、居抜き物件を利用してもよいでしょう。

居抜き物件を利用する際の注意点は、前のテナントのイメージが悪いとそのままのイメージを引き継いでしまう可能性もあるということです。前のテナントが撤退した理由を確認しておくようにしましょう。

・中古品を購入する
ネイルサロンはネイル機材やネイル設備などが必要になります。機材や設備などを中古品にすることで費用を節約することができるでしょう。

中古品を購入する際はインターネットで買うのではなく、直接目で見て確認することをおすすめします。もし中古品がすぐに壊れてしまうものであると、また商品を購入しなければならないため余計に費用がかかってしまいます。

マニュキュア

成功のコツはUSPと集客!

ネイルサロンの開業資金を用意して、お店を開業するからには長くお店を続けたいですよね。そこでお店を長く続けるためのコツを紹介します。

・USP
UPSとはUnique Selling Propositionの略であり、独自の強みを伝えるという意味があります。自分のお店でしか体験することができないという強みを出していきましょう。コンセプトを決めることで、そのお店独自の特徴を出すことができます。

・内装
お店の強みを出すためには内装も肝心です。お店の内装によってもお客さんの居心地の良さが変わってくるでしょう。落ち着いた雰囲気のお店の内装にするのが一般的です。

・集客
近所にチラシを配るだけではなく、SNSなどでお店を紹介しましょう。料金プランやお店の内装、ネイルのデザインの写真などをアップします。それを見て魅力を感じたお客さんが来店してくれるかもしれません。

USPと集客

まとめ

今回は「ネイルサロンの開業資金と長くお店を続けるために必要なこと」を紹介しました。ネイルサロンの開業資金は場所によって大きく変わります。個人経営であれば、賃貸物件や自宅を利用することによって初期費用を節約できるでしょう。

お店の規模を大きくしたいのであれば、内装費はかかってしまいますが、居抜き物件を利用すると開業資金を節約できるでしょう。また、開業するにあたって支援制度を利用する方法もあります。制度によって条件が違ってくるので、各自治体に確認しましょう。。

お店を長く続けるためにはお店のコンセプト作りが大切です。内装にこだわったり、SNSを使って集客することでもお客さんを集めることができるかもしれません。ぜひあなたも、魅力的なネイルサロンを開業してみてはいかがでしょうか。

お好みの条件に合った
内装会社を探す