内装工事業者に許可は必要か? | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
03-6277-1093

10:00~20:00 日本全国受付対応中 ※年末年始(12/31~1/3)除く

NEWS 内装工事と税務と手続きの記事詳細

内装工事業者に許可は必要か?

内装工事業者に許可は必要でしょうか?

 

内装工事を発注する側としては、許可のない業者に工事を依頼するのは
なんとも避けたいところです。

 

まず法律上は建設業を営む場合、適用除外を除いて建設業の許可が必要です。
許可の種類は下記となります。


 

①大臣許可・知事認可
国土交通大臣の許可→2つ以上の都道府県に営業所を設置した者
都道府県知事の許可→1つの都道府県に営業所が限られている者

 

②特定建設業・一般建設業
特定建設業の許可→1件の建築工事につき、下請契約の総金額が4500万円以上の場合
一般建設業の許可→上記及び下記以外
許可を必要としない場合

・建築一式工事で1件の請負金額が合計1500万円未満の工事
・延べ床面積150㎡の木造住宅工事
・上記以外の工事で1件の請負金額が合計500万円未満

 


 

となります。

 

内装工事の場合は建築工事ではありませんので、上記の赤い部分に当てはまります。
つまり内装工事で500万円未満の場合は特に許可は必要なく、どの様な会社でも
実施可能ということになるのです。

 

内装工事の場合、家のリフォームも含めて500万円以下の工事は多くあります。
ここに悪徳業者が食い込んでくるのです。

 

悪徳業者にダマされない様にするには
500万円以下の場合であっても、一般建設業の許可を得た業者を選定するのが得策ですね。

 

 

優良な内装工事業者、リフォーム業者への見積り比較依頼はこちらより。

 

 

 

お好みの条件に合った
内装会社を探す