マッサージ師は資格を取ることで仕事の幅が増やせる!取得方法とは | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS リラクゼーションサロン開業の記事詳細

マッサージ師は資格を取ることで仕事の幅が増やせる!取得方法とは

肩こりや腰痛などの悩みを改善してくれる「マッサージ師」の仕事があります。このマッサージ師の仕事は、人にマッサージをするための資格は必要ありません。しかし、マッサージ師の資格を取ることで、できることがあったり、技術を向上させたりすることができるのです。

今回のコラムでは、「マッサージ師」の資格について解説します。国家資格の取得方法や独立開業についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。マッサージ師としての仕事の幅を広げるヒントが見つかるかもしれません。

マッサージの資格を取得すれば仕事の幅が広がる

日常の疲れからくる、肩こりなどをほぐしてくれるのがマッサージ師です。マッサージ師をするためには、特別な資格が必要なわけではありません。しかし、資格を取得することで、仕事の幅を増やすことができます。

マッサージ師の資格を取得するメリットは、自分の店を開業することができるということです。「マッサージ師の資格を持っている人」というだけでお客さんからの信頼度が高まります。また、マッサージ師の資格を取ることで、自分の技術を磨くことができるのです。

マッサージ師はお客さんをリラックスさせるコミュニケーションやサービスも大切ですが、マッサージの技術があるという資格を取ることが1番の強みになります。そのため、マッサージ師の資格を取ってみるのもいいのではないでしょうか。

マッサージの資格にはいろいろな種類がある

マッサージ師の資格といっても、国家資格とそうでないものにわかれています。また、種類も豊富であるため、磨きたい技術に合わせて資格を取ることがおすすめです。実際にマッサージ師の資格には、どのような種類があるのでしょうか。

【国家資格】
・はり師
針を使ってツボを刺激し、施術をおこなうマッサージ方法です。スポーツ選手などで施術を受ける人もいます。つぼを電流で刺激することで、病気の快復を促したり自然治癒力を促進させたりする、効果が得られます。

・きゅう師
お灸を使ってコリをほぐすマッサージ方法になります。高齢者でも施術することができるのです。また、きゅうをすることで、つぼを刺激して血流の流れなどをよくします

・あん摩マッサージ師
指圧(指の圧力)でコリをほぐす方法になります。あん摩マッサージ師は、手を使って施術をする仕事です。施術する側はかなり筋肉がつきます。

【国家資格以外の資格】
・整体
骨や筋肉などの知識を学び、身体の筋肉や骨などを正しい位置に戻す、資格なのです。整体師は、お客さんの身体のゆがみなどを改善するだけではなく、日常的にできるストレッチを伝えるのも仕事の1つになります。

・フットケア
足のむくみや冷え、セルライトなどを改善するマッサージ技術を持った人が取得できる資格です。足のトラブルは、放っておくと身体のバランスが崩れる原因になります。足をマッサージすることで、健康を保つことができるのです。

・ベビーマッサージ
ベビーマッサージとは、赤ちゃんの親が赤ちゃんにマッサージをするということです。これだけ聞くと「資格は必要ないのでは?」と思うかもしれません。ベビーマッサージをおこなうのではなく、マッサージの方法を教えるための資格が、このベビーマッサージなのです。

マッサージ師の資格によって、必要な技術や知識が異なります。自分のやりたいマッサージ方法や仕事にあわせて、資格を取ることがポイントです。

マッサージの資格にはいろいろな種類がある

マッサージの資格取得に必要な技術を学ぼう

マッサージの技術を伸ばすために、マッサージ師の資格を取得するには、必要な技術を学びましょう。マッサージ師の資格を取るために、実際に店舗で働くのもいいかもしれません。必要な技術をお金を貰って学ぶことができるので、働いて学べるメリットがあります。

また、技術だけではなくマッサージ師の資格を取るためには、大学で3年間勉強するか専門学校で必要な「知識」を学ぶ必要があります。マッサージ師の国家資格は、1回の受験で11,600円かかるのです。マッサージ師の国家資格を受けるには、必ず大学またはスクールで必要技術を学ぶことが義務づけられています。
国家資格以外の資格でもより、少ない受験回数でマッサージ師の資格を取得するためにも、スクールを利用することがおすすめです。

マッサージの資格を取ったらいざ開業

マッサージ師の資格を取ると、マッサージ店を経営することができます。マッサージ店の開業資格があると、「独立開業」をすることもできるのです。マッサージ師の国家資格を持っているとできる「独立開業」は、さまざまなメリットがあります。

たとえば、自宅で開業した場合、通勤時間や通勤時の交通費がかかりません。また、マッサージ店の種類もたくさんあるため、自分のやりたい種類のマサージ店を開業することができます。

マッサージ店の開業は、「開業届」を提出すると開業することができます。独立開業について、わからないことがあれば、窓口で相談してみてはいかがでしょうか。マッサージの資格を活かしたお店の開業に、必要な情報や悩みを解決することができます。

マッサージの資格を取ったらいざ開業

まとめ

マッサージ師は、特別な資格がなくても仕事をすることができます。しかし、マッサージ師の国家資格を取ることで、独立開業をすることができるのです。マッサージ師の資格は、国家資格とそうでない資格にわかれていて、それぞれ種類もさまざまです。

資格を取得するには、技術や知識が必要になります。そこで、実際にマッサージ店で働いたり、スクールで学んだりする必要があるのです。

国家資格は、スクールや大学を卒業していないと取ることができません。国家資格の取得を視野に入れている人は、必ず大学やスクールを利用することが大切です。

マッサージ店の独立開業は、通勤時間がかからない自宅開業ができたり、店舗内装を自由に選んだりすることができます。マッサージ師の国家資格を取って、独立開業をしてみてはいかがでしょうか。

お好みの条件に合った
内装会社を探す