その他 NEWS & TOPICS

花屋開業を成功させる!絶対に知っておきたい基礎知識

幼い頃からの夢を叶えたい!というような動機から花屋を開業したいという方は非常に多い。しかし、実際に開業となるときっかけが無かったり、予算、現実の問題を見て開業まで到達しないという方は少ないのが現実だ。

今回は夢を追いかけて実際に開業しよう!と思う方のために、成功させるための知識をお伝えしたいと思う。花屋という少し特殊な業態だから知らなければいけないポイントも多数あるのでぜひ参考にお読みいただきたいと思う。

花屋が儲かる仕組み

まずは、花屋が十分に儲けを出すために知っていただきたい「花屋が儲かる仕組み」について解説する。

花屋というと、綺麗な花に囲まれ、お店に足を運んでくれたお客様の要望に合わせて花を提案するようなイメージを持っている方が多いと思う。

しかし、実際の花屋の多くはBtoCの販売だけでは、BtoBビジネスを行っているケースが多く、売り上げのほとんどがBtoBでの売り上げに依存している事実がある。

では、代表的な3つの事業について解説する。

『内装工事費用を無料で比較する/アーキクラウド』

 

 

店頭、通販などでの小売

まずは、花屋の代表的なイメージでもある小売だ。花屋といえば、やはり、店舗に飾られている花を店舗に訪れたお客様に販売している姿を想像するだろう。

また、近年では物流技術の向上によって、通販などに力を入れる企業も増えており、通信販売も無視できない重要なマーケットとなっている。

もちろん、花屋の中にはこのような小売だけで売り上げを作っている企業もあるが圧倒的に少ないのが事実だ。多くの企業ではその他の事業も同時に展開している事が多い。

 冠婚葬祭向けのフラワーコーディネートなど

続いて、冠婚葬祭向けの販路についてだ。

実際、花屋の大きなマーケットになるのは、この販路によるものが多い。冠婚葬祭向けの商品は単に花を納品するというだけではなく、TPOや顧客の要望に合わせて適切にコーディネートする技術などを伴っている必要がある。

また、結婚式場、葬儀場など場所を問わず出入りの業者という位置づけで基本的には一つの業者が継続的に取引を行っている事が多い。

そのため、新規で参入する場合は既存の業者を出し抜いて乗り換えてもらうだけのメリット作りが必要となり、さらには粘り強い営業活動が必要となる事も合わせて理解しておいていただきたい。

その他の方法

先ほどは営業による販路開拓について紹介したが、そこまでの技術や営業力がないと行った小規模な花屋では、その他の方法で売上を作る企業も多い。

例えば、生花やフラワーコーディネート教室を開き、月謝で売上を作っていたり、花屋での開業経験を生かして起業コンサルタントなどのビジネスもある。

また、日本各地、世界各地で開かれている様々なコンテストに参加し、実績を積んでプロのフラワーコーディネーターとして活動する方法や、そこから派生し、フラワーコーディネーター養成教室を開くなど、花に付随するノウハウを売るという観点で活動の範囲を広げていく方法がある。

花屋が売り上げを伸ばしていくために考えられる方法を3つ紹介したが、全てに共通する事は、単に待つだけの事業展開だけではなく、積極的に営業活動を行い販路開拓をする事。そして、花を生かしたサービスの創出など幅広い工夫をしているという点だ。

つまり、花屋を開業して利益をあげていくためには、花の販売以外の部分にも目を向ける必要があるという事になる。

→『店舗開業21日間集中無料メール講座』

 

花屋開業にかかる資金

続いて、花屋開業にかかる費用について解説していきたいと思う。

店舗取得費

まず、リアルなビジネスを行う上で欠かせない店舗の取得についてだ。

花屋のスタイルは様々あるが、面積の狭い店舗では思うように商品を陳列する事ができないため、どれくらいの種類を常時取り扱うのかというような観点で慎重に検討していく事が必要となる。

また、花はなま物と同じで腐ってしまったら売り物にはならない。さらに、長期間の在庫のストックが出来ないため、在庫も基本的には全て陳列する事を考慮しなければならない。

一般的に店舗取得にかかる費用は面積の狭い店舗で100万円程度、少し広めの店舗となれば300万円程度の予算は想定しておきたい。

ただし、花屋の場合、立地については必ずしも重要ではなく、先ほど紹介した3つの事業戦略のうち、小売以外の部分に注力するのであれば、郊外のエリアや人通りの多くない場所でも十分、売上を作る事が可能である。

このような点を踏まえても、店舗取得に関してはできるだけ慎重に行うべきだと言える。

『内装工事費用を無料で比較する/アーキクラウド』

設備投資

物件取得の次は設備投資について解説する。

花屋を開業したいという方の多くが意外と設備投資については考慮していない事が多いが、実は非常に重要なポイントである。重要である事には2つの理由があり、1つは花屋に重要なディスプレイに関する理由だ。

どんなに小規模で展開していくにしても、ある程度の商品数は必要になる。ディスプレイを意識していないと開業後、想定していたより陳列数が少なくなってしまったり、1つ1つの商品を十分にPRできないという事になってしまいかねない。

したがって、このような事を防ぐために什器や照明などの設備投資も十分に検討し予算を確保する事が必要だ。とはいえ、照明や什器だけの場合、そこまで多額な費用は必要なく20万円〜50万円程度あれば問題ないだろう。

もう1つの理由は、花を長持ちさせるためのフラワーキーパーに関する理由だ。ご存知の方もいると思うが、フラワーキーパーとは花を長持ちさせるために温度管理機能を備えたショーケースの事だ。

実際にはフラワーキーパーを設置していない店舗も多いが、このような場合、ある程度店舗の面積が広く、バックヤードにストックしておけるため店頭に出ていない可能性もある。もちろん、設置自体をしていないケースもあるが、長期的な目線で廃棄率などを見ていくとできれば用意しておく事をおすすめする。

花屋は設備投資が安く済むという点がメリットではあるが、他店との差別化をするためにも設備投資に関しても事前に検討しておく事が重要だろう。

→『店舗開業21日間集中無料メール講座』

 

内装、外装工事費

そして内装や外装にかかる費用についてだ。

内装、外装ともに、他店との差別化、コンセプトを反映するもの、顧客満足度につながるものである事がまずは重要だ。

しかし、それだけではなく業務負担の軽減も考慮したものである必要がある。

なぜならば、花屋の業務の中でもっとも過酷な部分と言われている水換えなどの力作業を軽減していく事は、自身の負担軽減だけではなく、ゆくゆく採用する人材の定着率や、業務効率にも関わる重要な部分だからだ。

したがって、内装に関しては事前に想定しているコンセプトや経営戦略、そして、実務的な部分を網羅的に考えられたものである事が望ましい。

したがって、魅力的に見せるための外装などへの予算は十分に確保するべきだと言えます。一般的には内装外装費含めて最低でも100万円〜300万円程度を想定しておきたいところだ。

その他経費

最後は、事業を進めていくに当たって必要なその他の経費だ。その他の経費には運転資金、営業活動費、広告費、求人費などがある。

もっとも重要な経費としては運転資金があるが、月々の収益予測の1年分程度を準備しておくのが一般的であり金額としては300万円〜500万円程度あれば問題ないだろう。

その他の経費では営業活動費についても忘れてはいけない。例えば仕入れにかかる費用は顧客が少なければ、それに伴って減らす事ができる。また、広告費なども同様だ。

しかし、営業活動にかかる費用は事業を進める事とイコールであり、絶対に削る事ができない費用だという事ができる。したがって、店舗や内装などにかかる費用以外では運転資金、営業活動費の項目を特に重視して経費を試算しておく事が必要だと言える。

→『店舗開業21日間集中無料メール講座』

 

花屋は体力勝負!

すでに花屋での経験がある方ならご存知だと思うが、花屋というのは見た目の華やかさとは違い、かなり体力勝負である事はご存知だろうか。

先ほども触れたが、1つ1つの花は軽くても、量が増えるとかなりの重量になる。

また、花を綺麗に保つためには日々の水換えが重要だが、水の入ったバケツは数十キロに及び、それを1日に何度も交換しなければならないため腰や膝、肘を悪くして花屋をやめて行く人も多いという事実がある。

多くの方が、花屋で働くに当たって「ある程度体力勝負である事」は仕方ないと考えているが、実は工夫次第でその苦労は減らす事が可能だ。

例えば、水場を店内に設け隠せるようにする、または、排水溝をなるべく売り場に近い部分に設置するなどの工夫もあるだろう。したがって、このような花屋で働く上で「負」になる部分も見据え十分に考慮して行く事が快適な労働環境を作る上でも重要だと言えるのではないだろうか。

→『店舗開業21日間集中無料メール講座』

 

売れる花屋はディスプレイが上手い!

また、繁盛している花屋というのは、ディスプレイに関して抜かりがない。ディスプレイとは単に花の魅せ方だけではなく、入り口から店内に入った瞬間の目線の動きを考慮し、もっとも目立つ部分に工夫を施しておく。また、店内での顧客の動線を考慮して見せたい商品を配置するなどがある。

このような手法はスーパーマーケットやドラッグストア業界などでは以前から意識され実施されてきた事ではあるが、花屋の業態ではここまでこだわっている店舗はそこまで多くはない。

とはいえ、導入が難しいかといえばそうではなく、内装工事の際に、業者と十分に打ち合わせを行いデザインに反映する事で、知識のある業者であれば比較的簡単に導入をする事ができるだろう。

つまり、ディスプレイが上手い店舗と、そうでない店の違いは、事前にディスプレイについて想定し、実績があり信頼できる内装業者に相談する事が出来ているかどうかだけだと言えるのではないだろうか。

→『店舗開業21日間集中無料メール講座』

 

花屋で成功する鍵は負担の軽減と魅力を伝えるディスプレイ

先ほど、業務負担の軽減の重要性と、ディスプレイの重要性について紹介したが、実はこの2点が花屋を成功させるためには大きなポイントになる。この2つのポイントをクリアするためには、信頼できる内装業者を見つける事が重要となる。

花屋に限らず、いざ開業するとなり、内装工事を依頼する事になると多くの方が、少しでも安心感がある方が良いと考え、知り合いに内装業者を紹介してもらったり、そこまで親しい仲でなくとも接点のある業者を選びがちだ。

果たしてこのような業者選びで、先ほどのようなポイントがクリアできるだろうか。実際に、成功している店の多くは著名な事務所とまでは行かずとも、商業店舗の工事実績のある業者をリサーチし、十分な資金を割いて施工を依頼している場合が多い。

もし本当に、ビジネスとして成功させたいのであればここまでこだわってしかるべきではないだろうか。

→『店舗開業21日間集中無料メール講座』

 

まとめ:花屋を成功させる基礎知識と2つのポイント

今回は花屋を成功させる基礎知識と2つのポイントについて解説した。花屋というビジネスは店舗での販売はもちろん。販路の拡大やビジネス領域の工夫が必要となる。

同時に、仕入れの腕や接客技術はもちろんだが、花屋で働く上でのネックとなる体力的な負担を軽減する対策、また、商品やお店のブランドを引き立てるディスプレイ、内装デザインなどにこだわる事も成功のためには外せないポイントだと言える。

また、これらを実現させるためには「良い業者選び」も非常に重要である事を忘れてはいけない。

今回の記事を参考にしていただき、是非!人気の花屋を目指していただきたい。

→『店舗開業21日間集中無料メール講座』

お見積りとプランを5社無料でご提案!理想の業者にきっと出会える!

お好みの条件にあった内装会社を探す

お客様情報をご記入ください

会社名必須※個人の方はお名前

※個人の方はお名前

担当者名必須※個人の方はお名前

※個人の方はお名前

メールアドレス必須
電話番号必須

ご要望をお聞かせください

工事予定地必須

用途必須
用途詳細
坪数必須
ご予算必須
開始予定時期必須
完了予定時期必須
ご希望デザイン

※ ご希望のデザインがあればURLを記載してください。例:https://archicloud.jp/design/m2biyo03

図面について必須
ご質問・ご要望

お好みの条件にあった内装会社を探す