店舗の集客はこだわり続けることが重要!お客さんを集めるコツを解説 | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS その他の記事詳細

店舗の集客はこだわり続けることが重要!お客さんを集めるコツを解説

「せっかく人気の新商品を仕入れたのに、全然客足が伸びない!」

そんなふうに経営のことで困っているかたもいると思います。もしかしたらそれは、今の店舗の集客方法に問題があるのかもしれませんよ。

店舗の集客に力をいれないと、いくら商品やサービスに力を入れたところで人々に気付いてもらえないのです。逆に効率的な集客ができれば、今までと打って変わって大幅な売上アップが期待できるかもしれません。

今回のコラムでは、実際に店舗集客にはどのような方法があるのか、集客はどんな相手にしたらいいのか、といったことを紹介しています。

今まで集客をあまり考えたことがなかった方は、これらの店舗集客のポイントを参考にしてみてはいかがでしょうか。もしかしたら、集客に力を入れたとたん、店舗の客足が今まで以上に伸びるかもしれませんよ。

売っているものの質のよさだけではお客さんは来てくれない

商品に気合を入れている店舗こそ、集客を工夫することが大事なのです。たとえば、人気のブランドの最新作をいち早く仕入れたとします。人気のブランドだから需要も高いはずなのに客足が伸びないという場合は、店舗への集客対策が足りていないことが理由といえますよね。

店舗に品揃えが豊富で、人気商品をいくら取りそろえたとしても、店舗の集客をおろそかにしてしまうと、それらの努力がお客さんに認知されることはありません。品揃えなどの努力は、お客さんに店舗に足を運んでもらって初めて報われるといえるのではないでしょうか。

集客は、工夫によっては大きな効果が見込める場合があります。店舗の努力をお客さんに気付いてもらうためにも、店舗の集客に関してはできる限り力を入れましょう。

売っているものの質のよさだけではお客さんは来てくれない

WEBで情報を仕入れてから来店するお客さんは多い

飲食店でも店舗のメニューをあらかじめ公式ホームページなどで判断してから、足を運ぶかどうか決めるお客さんが多いため、インターネットでの集客の必要性は高いです。

最近では、ホームページやブログ、SNSなどが店舗集客において有力なツールといえます。店舗の存在自体をアピールするためにも、利用しない手はありませんよね。

また、リピーターを大事にするというのも大事な店舗集客の一つです。集客の対象は初見のお客さんだけではないということも忘れてはいけません。メールマガジンやブログなどでの、イベントや新商品入荷告知などは欠かさないようにしましょう。

またインターネットでは、店舗の話題が形となって残りやすいのも特徴です。アピールしたいイベントや商品の情報がお客さんの心をつかみ、どんどん広がって話題になれば店舗の知名度が一気に上がるといったこともありえます。

インターネットでの集客は、費用もあまりかからないうえに高い効果が期待できるため、とくにおすすめしたい集客方法といえます。

WEBで情報を仕入れてから来店するお客さんは多い

フライヤーで知名度を上げよう

インターネットでの宣伝だけをしていればいいというわけではありません。チラシ配りや、ポスター、看板などといったアピールも大事な集客方法です。

たしかに最近の広告戦略ではインターネットだけで十分といった風潮があるかもしれませんが、インターネットを利用しないという方も数多くいます。そういった方へ向けての店舗集客も必要となってきますよね。

また、基本的には店舗周辺を通行する人の方がお客さんになってもらいやすいです。そういった意味でも、店舗近辺の人達への宣伝は大事なのです。

たとえば通行中に看板やチラシで飲食店がオープンした情報が目に入れば「今度、友人とランチに立ち寄ってみようかな」といったように入店のきっかけ作りになりますよね。

このように、店舗の近辺の人に向けて集客をおこなうことは初歩中の初歩ともいえますので、おろそかにしてはいけません。

リピーターを大事にしよう

先ほども少しふれましたが、店舗集客の対象は初見のお客さんだけではありません。お客さんをリピーターとして定着させることも同じくらい大事なのです。

そのためにはお客さんに店舗を気に入ってもらい、何度も足を運んでもらう必要がありますよね。気に入ってもらうためには、インターネットでのリピーターへの情報発信や、店舗自体の工夫などが条件としてあげられます。

店舗の内装などで雰囲気作りにこだわったり、独自のメニューがあったりすると、それが他の店舗にない要素となりお客さんに「このお店じゃなきゃだめ」と気に入ってもらえるかもしれません。

また、クーポンや特典付きのスタンプカードを作って配布するのも効果的です。たとえば飲食店なら「どうせ食事をするならクーポンがあるこのお店にしよう」といったような再来店が望めるからです。

リピーターを大事にしよう

まとめ

店舗が人々のニーズを満たしていたとしても、店舗の知名度がない限りはいつまでたっても認知されません。せっかく商品やサービスにこだわるのなら、店舗集客にも同じくらい力を入れる必要があります。

集客はチラシや看板といったものから、インターネットでの情報発信といったように、いろいろな方法を幅広くおこなうことができます。商品やサービスが充実した店舗ならば、集客方法を工夫して知名度が上がれば客足はきっと伸びるはずです。せっかく品揃えで努力していても、お客さんの目につかなくてはもったいないですよね。

また集客対象には初見客だけではなくリピーターも該当します。初見客に店舗を気に入ってもらいリピーターにできれば、経営も上向きに運びますよね。そのためには、メニューや内装デザインでの雰囲気作りにこだわったり、クーポンやスタンプカードを配布したりして、初見客を手放さないような工夫をしましょう。

お好みの条件に合った
内装会社を探す