脱サラにおすすめの仕事とは!苦難を乗り越える方法も紹介します | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS その他の記事詳細

脱サラにおすすめの仕事とは!苦難を乗り越える方法も紹介します

固定された収入で働くサラリーマンを辞めて、新しい仕事をしたいと脱サラを考えている方もいるかもしれません。しかし、実際「どのような職業を脱サラ後にしようか迷っている……」そんな方に、脱サラ後におすすめの開業しやすい仕事を紹介します。

今回のコラムでは、脱サラするタイミングや脱サラ前に必要なこともまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

脱サラにおすすめの仕事を紹介

脱サラしたいけど、その後なにをしようか迷っているという方に、脱サラ後に、おすすめの仕事をいくつか紹介します。自分の得意なことを考えながら見て下さいね。

・ライターの仕事
ライターとは、数ある情報や資料をもとに、わかりやすい文章を作成する人のことをいいます。ライターが書いた文章を掲載する場所は、Webや雑誌などさまざまです。パソコンの扱いに慣れている方におすすめの仕事です。

・飲食店
飲食店とはいっても、和食や中華、イタリアンなど種類はさまざまです。開業するお店によって雰囲気やメニューは異なりますが、どのお店でもコミュニケーションが大切になります。地域の方との交流も深めることができるため、脱サラ後におすすめの仕事です。

・インターネットビジネスの仕事
インターネットビジネスとは、インターネット上で広告やネット通販などのビジネスをおこなう仕事です。ネットの知識がある人、1つのことを追求して取り組むことが好きな方にはおすすめです。

脱サラにおすすめの仕事は、上記のほかにもたくさんあります。その中から自分に合った仕事を見つけましょう。しかし、仕事が多すぎてなかなか決められない場合、自分の好きなことや得意なことを仕事にすることがおすすめです。

脱サラにおすすめの仕事を紹介

脱サラには苦難が付き物、だからこそ好きなことを

脱サラにおすすめの仕事にも苦難がつきものです。サラリーマンを経験した方なら、苦難を乗り越える大切さや乗り越えた後に得られる達成感を共感できる方も多いのではないでしょうか。サラリーマンを辞めたからといって、次の仕事に苦難がないわけではありません。

独立開業をおこなうと、軌道に乗ればサラリーマンよりもいい給料がもらえます。しかし、上手くいかなければ事業が苦しくなるどころか、生活も苦しくなるのです。独立して開業すると、自分の努力が直接的に利益につながりやすくなります。そのため、苦難を乗り切れば成功することも夢ではありません。では、苦難を乗り越えるにはどうしたらいいのでしょうか。

苦難を乗り越えられるようにするには、自分の好きなことを仕事にすることです。自分の好きなことにために頑張るのと、やりたくないことのために頑張るのでは、モチベーションが変わりませんか?どんな人でも好きなことをやっているほうがたとえ多くの苦難があっても乗り越えられるはずです。苦難を乗り越えるためにも、自分の好きなことや得意なことを仕事にすることをおすすめします。

脱サラするなら綿密な準備をしよう

脱サラにはおすすめのタイミングがあります。タイミングを間違えてしまうとせっかく脱サラしても、次の仕事に取り掛かれなかったり、事業を失敗させてしまったりしてしまうかもしれません。そうならないためには、どのタイミングで脱サラすればよいのでしょうか。

脱サラのタイミングは、次の仕事に取り掛かる準備ができたときです。まずは、なんの仕事がしたいのか、その次に費用がいくら必要なのかを調べます。必要とされる費用を貯金してから、脱サラしたりと脱サラ後の計画や準備が必要なのです。

計画をしっかり立てることで、退職後の仕事の準備もスムーズにこなせます。どの業種も開業資金と計画が十分であればまず失敗はしません。そのためにも細かな計画を立てて、達成していきましょう。必要資金などの計画を達成しているのであれば、いつのタイミングで脱サラをしても大丈夫です。

脱サラするときは補助金・助成金や融資をうまく使おう

サラリーマンの固定された給料で多額の資金をためるのは、かなり難しいことかと思います。そんな資金の調達に困っている方におすすめなのが、補助金・助成金制度を利用することです。補助金とは、国が定めた条件を満たしているか専門の会社が審査をして、合格するともらえるお金のことです。助成金は、国が定めた条件にあっていれば受けることのできるお金のことです。

実際にどのような補助金・助成金制度があるのかを見ていきましょう。開業する際の費用の足しになるかもしれません。

「創業促進補助金」
新しく企業を起こす場合にもらえる補助金制度です。どんな業種でも新しく起業をする方は使えるため、とても便利な制度です。受け取ったお金は返す必要がありません。

「地方自治体の助成金」
地域の活性化や地域に貢献する事業である場合、地方自治体が定めた条件に満たされていると、お金がもらえる制度です。この制度は条件を満たしていれば必ずもらえるため、企業をする場所の地方自治体のホームページから、使える助成金を調べておく事をおすすめします。

また、金融機関から融資してもらうこともいいでしょう。補助金や助成金は、始めの資金は自分もちですが、そのあとにお金が下りるシステムです。そのため、始めから自分で資金をある程度持っておく必要があります。しかし、融資を利用すると、始めからお金がもらえるのです。もらったお金は、契約によっても変わりますが、1カ月ごとに返済するシステムになります。

開業する業種や市町村によって補助金・助成金制度は違います。起業をする前にどのような制度があるのかを十分に把握しておくことが脱サラ前におすすめすることです。場合によっては、融資をしてもらうことも視野に入れるといいかもしれませんね。

脱サラするときは補助金・助成金や融資をうまく使おう

まとめ

脱サラ後の事業を成功させると、サラリーマン時代の収入を上回ることも可能になります。そのため、退職後にほかの職業をする人も少なくありません。脱サラ後におすすめの職業として、インターネットを使う仕事があります。資金が少なく、開業できるためおすすめです。また、飲食店もお客さんとのコミュニケーションが大切なため地域の貢献にもなり、開業後のメリットがかなりあります。

脱サラにはサラリーマンの収入を超えられるメリットがありますが、事業がうまくいかないとサラリーマンよりも収入が得られなくなるのも現状です。そういった苦難を乗り越えるためにも自分の好きなことや得意なことを仕事にすると良いでしょう。

脱サラ前におすすめなのが綿密な計画を立てることです。脱サラのタイミングは計画をすべてクリアした時になります。なんの仕事がしたいのか、そのためにはどのくらいの資金が必要なのかを調べ、資金などをあらかじめ用意しておく必要があるのです。

あらかじめ資金を用意することで、脱サラ後すぐに次の仕事の準備に取り掛かることができます。脱サラ後の事業を成功させるためにも資金をためましょう。

しかしサラリーマンの給料は固定されているため、資金をためるにもかなり厳しいのが現状です。そんな時は、地方自治体の補助金・助成金制度を利用しましょう。場合によっては金融機関に融資してもらうのもいいかもしれません。
脱サラにおすすめの仕事を成功させて、新しいスタートを切ってみましょう。

お好みの条件に合った
内装会社を探す