内装と住生活 | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS その他の記事詳細

内装と住生活

 

「内装と住生活」なんだか難しそうなテーマですが、家族の人数やライフステージが時代と

共に変化しそれらに伴って、住生活(住む家)や内装(インテリア)も変わって来ていると

考えれば、分かりやすいと思います。

 

明治、大正、昭和40年代までは、3世代や、親族も一緒に住む事は一般的でしたが

現在では核家族化が進み、一人で生活する人たちも増えています。

それらに伴って、住生活や内装も大きく変化しています。

 

現代の一般的な家庭では、家族が集まる、リビング、ダイニングとそれぞれの

家族が個室を持つことが普通です。

リビング、ダイニングには家族集まり、食事をするための椅子やテーブル、

くつろぐためのソファー等のインテリアが重要な要素であり、家族の

生活に合ったデザインや機能が求められます。

 

反対に個室は、家族の個人が生活する場所として、それぞれの個性が活かされた

インテリアが好まれています。

特にライフステージが違う事は、個室での生活時間が長くなること、反対に

言えば、家族の集まる時間が少なる事を意味しますので、個室でのインテリアも

求められています。

 

自分の部屋でくつろぐための内装して、小型のテーブルや照明、カーテン等が

手頃な価格で購入できるインテリアショップ増えています。

こういったことを見ていると、内装と住生活の個性化が今後のキーワードに

なるでしょう。

 

 

 

 

 

お好みの条件に合った
内装会社を探す