日本の住宅のゼロカーボン化の状況は? | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS その他の記事詳細

日本の住宅のゼロカーボン化の状況は?

 

マイホームにおいても太陽光発電の利用が叫ばれる様になってきました。
では、グローバルなレベルでどれだけ広まっているでしょうか?

 

ヨーロッパ圏では、

「EPBD(Energy Perfor-mance of Buildings Directive」
;建築物のエネルギー性能改善に関わる欧州指令)」
というものがあります。

 

この法令の特徴は約5段階程度で建物のエネルギー性能を評価するのですが、
対象は全ての建物で、しかも改修も含めるという画期的なもです。

 

また、イギリスでは2016年から全ての住宅を
ゼロカーボン化する様に法律を改正しています。

 

フランスでも2020年から
住宅のゼロカーボン化を実践していくそうです。

 

 

この様に世界的に住宅のゼロカーボンが進んでいる中、
果たして日本ではどの様な状況になっているのでしょうか…

 

残念ながら日本では住宅の
ゼロカーボン化は思う様に進んでいません。

 

太陽光発電の補助制度はあるものの、
その投資回収率の非現実的な数値から
実行している人が圧倒的に少ないというのが現状です。

 

義務化については、2020年にむけて住宅の
断熱基準が見直されているだけです。

 

住宅のゼロカーボン化については、グローバル社会に
おおきな遅れをとっているという状況なのです。

 

環境という次世代のテーマにおいて行政が全く機能していない
環境を創る立場であるに僕たちのが率先して、
この件について問題提起していかなければならないのです。

 

 

お好みの条件に合った
内装会社を探す