構造計算と構造設計の違いとは? | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS その他の記事詳細

構造計算と構造設計の違いとは?

 

構造計算と構造設計・・・
一見すると同じように思いますが、実は全然違います。

 

簡単に言うと、構造計算とはただ「計算データ」です。
ルールに沿って計算した数字上のデータになります。

 

一方、構造設計とは
構造計算ではじき出されたデータを元に設計する事です。

 

ここでの設計とはデザインの設計ではなく、
耐力壁や柱の径、梁の大きさ、鉄筋量等を設計する事です。

 

構造計算は専用のソフトがあり、
建物のデータを入力するだけなので、誰でもできます。

 

中国人やカンボジア人などを使って
構造計算させているところもあります。

 

実際、ハウスメーカーで「全棟構造計算します」と謳っていた場合、
調べてみると外国人が構造計算しただけだった事もありました。

 

構造計算で問題なかったからと言って
そのまま建てれば安全・・・ではありません。

 

構造計算さえすれば、安全だと勘違いしている方が多いですね。

 

法律も準拠し、ルールも守った上で構造計算しても、基準ラインであれば
とんでもなく構造的に弱い建物になります。

 

安全を手に入れるのであれば、「構造計算をしているか」より
「誰が構造設計するのか」という事の方が大切です。

 

現場を知らないデスクワークのエリート設計士がするのか、
数々の現場を経験し一棟一棟、責任を持った設計士がするのか、

 

同じ外見の建物でも、かなり違うと思いませんか?
みなさんは、どっちの建物に住みたいですか?

 

構造とはすごく地味な分野です。
しかし地震大国の日本においては、とても重要な事なんです。

 

 

 

お好みの条件に合った
内装会社を探す