屋根と雨樋にコーキング補修が…… | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS その他の記事詳細

屋根と雨樋にコーキング補修が……

 

今日は建築関係の仕事をしている方からの質問です。

 

ちょっとマニアックな話ですが、
是非知っておいてもらいたいのでシェアします!

 

 

Q:質問

 

現在マイホームを新築中ですが、
屋根工事について質問があります。

 

メッキ鋼板横葺き屋根に数箇所、コーキング
補修している部分を発見しました。

 

また、雨樋の継ぎ部もコーキングで補修している箇所があります。
間違って空けて穴を埋めているのです。

 

全体的に仕事が雑な様な感じがします。

 

私は一応、建築関係の仕事をしていますが、
この当たりはどうなのでしょうか?

 

実務者としての意見を伺えればと思います。

 

 

A:解答

 

雨樋にせよ、屋根にせよ間違えて開けた穴を
コーキングで補修するのはナンセンスですね。

 

特に屋根の場合、コーキングが切れたら
大変なことになりますので。

 

但し屋根材が金属系の場合、接合部の目隠しのため
コーキングでつなぎ部分を処理することがあります。

 

その場合は例えコーキングが切れたとしても
金属同士が馳(ハゼ)の様な収まりになっているので、
止水性は保てます。

 

釘の穴だと問題外ですが。。

 

いずれにせよ、一度施工者に問い合わせて、
コーキングの理由を聞くのが良いですね。

 

雨漏りは10年間無料で補修してもらえますが、
それでも新築で雨漏りは気持ちが悪いですからね。

 

 

お好みの条件に合った
内装会社を探す