雨漏りと瑕疵担保責任について | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS その他の記事詳細

雨漏りと瑕疵担保責任について

 

今日は雨漏りについての質疑についてシェアしたいと思います!!

 

Q:質問

屋根からの雨漏りについて、教えてください。

 

新築で住宅を購入しました。
築9年と8か月程度です。10年未満です。

 

北海道でトタン屋根を採用しているのですが、
三角屋根ではなく、風で雪を飛ばすタイプの
極めて勾配の少ない屋根です。

 

勾配の下側の角付近の一部が錆びて穴が開いていました。
10Cm程度範囲です。他はなんともありません。
本当にその一部だけです。

 

赤茶に錆びてボロボロになり腐食しているように
穴があいております。雨水の侵入も考えられます。

 

これは、経年劣化として扱われるために保証などの
対象にはならないでしょうか?

 

 

 

A:回答

 

トタン板にしても、少し早いですね。
しかし、この件に関しては経年劣化ではなく、雨漏りです。

 

雨漏りなどのマイホームに関わる重大な項目については、
売主に瑕疵担保責任があります。

 

新築時から10年間は売主が無償で補修をしてくれます。
期限は新築で10年です。

 

雨漏りを知った時から1年以内に請求する必要があります。

 

すぐに売主(販売業者)に連絡を取りましょう。
無償で補修をしてもらえますので。

 

もし対応してくれない様でしたら住宅リフォーム・紛争処理支援センターに
問い合わせてみるといいですね。

 

無料で相談にのってもらえると思いますので。

 

 

 

 

 

お好みの条件に合った
内装会社を探す