キッチンの床仕上げを杉にしてみた。。 | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS その他の記事詳細

キッチンの床仕上げを杉にしてみた。。

 

今日はこの様な質問を頂いたので共有したいと思います!

 

質問:Q

キッチンの床材で悩んでます。

リビングダイニングは無垢材(ボルドーパイン)を使用します。
床暖房は付けません。建築会社からはタイルを提案されました。確かに水や

油などがはねたりこぼしたりで、無垢材だと手入れが大変そうなのはわかりますが、
タイルを使用した場合、どうしても冷えるのが引っ掛かります。

子供がまだ小さいので、こぼされたりすることを考えると、タイルかなぁとは思うのですが、
皿をおとして割ったりすることを考えると、どっちもどっちかなぁとも…。

何かいい案はありませんか?冷えにくいタイルとかってあるんでしょうか?

ちなみに、今のところ、クッションフロアやコルクは考えてはいません。
どうか、いい知恵をお貸しください。

 

質問:A

タイルの冷えが気になるのであればサーモタイルという商品があります。
通常洗面所などで仕様するものなのですが、キッチンでも使えると思います。

床材の断面に空気が入っているので、その分断熱性がが高く、
通常のタイルの様に冬場でもキンキンに冷えることはありません。

実際私も使ったことがあるのですが、施主には好評でしたよ。

無垢材は確かに断熱性が高く良いのですがおっしゃるとおり
一手間かかりますね。

水に弱いので換気をこまめにする必要がりますし、
汚れも付着しやすいです。

ただ1年ぐらい経つと内部の油が表面に出てきます。

写真は杉の床材を比較したものです。

上が1年経過したもの。
下が新築時のもの。

味のある雰囲気が出てきます。

しかも木の表面が油でコーティングされ
汚れが付きにくくなるのです。

ただ、キッチンという汚れ易い場所。
お子さんがまだ小さいという点を考えるとタイルの方が良いかもしれませんね。

 

 

お好みの条件に合った
内装会社を探す