地元工務店の地域密着性 | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS その他の記事詳細

地元工務店の地域密着性

 

「地域密着性」

 

地元工務店は大手ハウスメーカーと違い、商圏に限りがある。

 

そのため、一度悪い噂がたってしまうと、経営的に致命傷となってしまう。

 

その土地でビジネスを展開している以上、

「売り逃げ」など到底できないのである。

 

地元工務店のサービスがきめ細やかで、

満足度が高い所以はこの地域密着性にある。

 

特にアフターフォローについては他の追従を許さない。

 

 

大手ハウスメーカーの場合、営業活動は営業マン、工事が始まると現場監督、

完成後はメンテナンスの担当者といった具体にそれぞれの段階で

担当者がコロコロと代わってしまう。

 

これでは施主と強い信頼関係は結べないのは言うまでもない。

 

 

一方地元工務店の場合は、社長自らが営業活動に関わることもあり、

建物完成後も施主とは濃い関係を継続してることが多い。

 

アフターメンテナンスについても、最大限のサービスを提供してくれる。

 

「強い信頼関係」の構築。

これが地元工務店の強みなのである。

 

 

 

 

「作り込み」

 

また、大手ハウスメーカは基本的に契約や計画を急がせる。

 

営業マンはその月のノルマの確保に必死であるため、

早く契約を取りたがるのである。

 

前述した通り、大手の営業にかける費用は莫大なものである。

その経費を回収するために、どこの営業マンも必死なのだ。

 

契約が決まった後もその後の流れは自動化されており、

物足りなさは否めない。

 

一方、地元工務店の場合は、施主側の要望を聞き込んで

じっくりと入念に案を作り込んでくれる。

 

営業から現場まで、1人の担当者が専属でついてくれるので

細かな要望にも対応してくれる。

 

自動化していないため、大手ではまず聞き入れてくれないような

多少無理な要望でも聞いてくれる。

 

案の作り込みから、完成後のアフターメンテナンスまで、

地元工務店に軍配が上がるのは容易に想像ができる。

 

 

 

 

 

 

 

お好みの条件に合った
内装会社を探す