見積書の様式と重要事項説明 | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS その他の記事詳細

見積書の様式と重要事項説明

 

見積書の様式

 

見積り書の様式は各社様々である。

かなり大雑把なところから、

材料の数量まで事細かに記載しているところもある。

 

 

当然のことながら、より細かい記載がされている見積り書

は信頼ができると言って良い。

 

しかし、業者によっては何でもかんでも「一式」と言う言葉

で済ませてしまう業者も多くみられる。

 

「一式」というのはどのようにも解釈できてしまう性質上、

いわば施工者側に都合の良い魔法の言葉のようなものなのだ。

 

当然これを多用している場合は、

信頼できない見積書と判断して頂いて構わない。

 

 

続いて重要事項の説明

 

例えば、天窓をつける案があるとして、

部屋が明るくなるのは当然のことなのだが、

そのメリットだけしか伝えない会社は要注意。

 

天窓をつけることで、(配置にもよるが)

夏場は蒸し風呂のように部屋は暑くなくだろうし、

 

ガラスも複層ガラスを用いる必要性も生じ、

プラスの出費が発生してしまうのである。

 

良い事ばかりを伝えて、デメリットを伝えない業者、

金額や空間について重要事項について全く説明がない業者は

やはり信頼をしてはいけない。

 

 

 

 

お好みの条件に合った
内装会社を探す