家の値引き合戦に要注意 | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS その他の記事詳細

家の値引き合戦に要注意

しっかりとしたの仕様が決まっていない

段階での値引き合戦は非常に危険である。

なぜならば、契約後に、その仕様をいかようにも

下げることができてしまうから。

 

 

例えば設計書には床板張りとだけ書いておくとする。

見積り上はその場合、中グレードの仕様となるのだが、

相手が建築のことを知らない素人であれば、

実際は低グレードの物を使用してもバレなかったりする。

あまりにも値引きを主張してくる業者は

その当たりを入念にチェックしなければならないのである

 

 

またそういった業者は往々にして経営状態が悪い場合が多い。

 

実際の経営は火の車で、とくかく、

現金欲しさにどれだけ安い金額でも受注してまうパターンだ。

 

そのような会社に安心して大切なの現場など任せられないし、

当然倒産のリスクだって充分にある。

 

「他の会社より安くしますよ!」

 

会員メンバーには、

このような値引きトークを繰り出す業者は要注意と考えて頂きたい。

 

 

 

お好みの条件に合った
内装会社を探す