地元工務店の種類について | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS その他の記事詳細

地元工務店の種類について

中小規模の地元工務店

この工務店にも様々なタイプがあるので、順を追って説明させて頂く。

独立自営型工務店

主に注文住宅がメイン。

 

営業活動、設計施行を自社の管理、主導の下で行っている地元工務店

 

価格、提案力、技術力、アフターメンテナンスなどにおいて、バランスが良く、

当会においてもこのような独立自営型の工務店への依頼を推奨させて頂いている。

下請型工務店

大手ハウスメーカーの仕事の請負を専門にしている工務店。

 

自社での注文も請け負っている会社もあるが、その多くは大手の看板を背負っているため、

消費者目線というよりかは大手目線。

 

提案力が弱く、積極性にも欠け当会が目指す方向性とは大きくズレるため、

当会では下請け型の工務店への依頼は推奨しない。

 

 

フランチャイズ主導型工務店

経営としては独立しているがその存在が全く表にでてこないタイプ。

つまり、フランチャイズのブランドを前面に押し出し、

自社の看板は奥に引っ込めている工務店。

 

外からみれば、大手住宅会社の販売店となんら変わりはなく、

提案力や積極性に欠けるため当会では積極的に推奨しない。

 

 

フランチャイズ加盟店主導型工務店

経営として独立し、加盟店がその存在を大きくアピールしている工務店。

 

一棟まるごとフランチャイズ化するのではなく、

必要と思われる部分のみ取り入れ自社の技術力の向上を目指している。

 

例えば構造の一部や、ソーラーシステム、

換気システム、といった施工法や設備を取り入れたりしている工務店が多い。

 

独立型と同様に、価格、提案力、技術力、

アフターメンテナンスなどにおいて、バランスが良く、

当会ではこのような独立自営型の工務店への依頼を推奨させて頂いている。

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ

 

 

 

 

お好みの条件に合った
内装会社を探す