家づくりの流れその1 | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS その他の記事詳細

家づくりの流れその1

 

 

今日は家づくりの流れについて、

簡単にご説明したいと思う。

 

 

家を建てるには土地が必要。

当たり前のことですね。

(もちろん建替えの場合は必要はない。)

 

 

立地は理想とするライフスタイルを

実現させるためにも非常に重要。

駅まで何分か?

周辺ににスーパーやコンビニはあるか?

フィットネスクラブは近くにあるか?

ゴルフ練習場はあるか?

 

 

などなど会員メンバーそれぞれのライフスタイルにあった場所選びが必要。

(ちなみに僕の場合、ジムでの筋トレは欠かせないので近くにフィットネスクラブがあるのが前提条件となります。)

 

 

 

そして次に重要なのが、その土地のコミュニティについて。

 

もともとご自身が住んでいる地域であれば問題はないが、

今の住まいとは異なる場所に住む場合、

既にそこにはコミュニティが出来上がっている。

 

 

新入りとしてその地域に入ってくる訳だから、

お隣さん、さらにそのお隣さんなど周りにに気を使って

生活をしていかなければならない。

 

 

社交的でそんなの全然平気という場合は問題ないが、

コミュニケーションやご近所付き合いが苦手という場合は

廻りに住宅があまり無いコミュニティが薄い土地や

街中の商業エリアを選択されることをおすすめする。

 

 

土地が決まれば次は、基本計画です。

もちろん資金についてもこの段階で、検討しなければならないが、

まずはあなたの思いをプランに落とし込み、形にしてみることが重要。

 

 

「将来的に何人が住む家になるのか?」

「子供部屋は別々にするのか?」

「キッチンの広さはどの程度にするのか?」

「リビングの広さは?駐車場は何台必要か?」

「庭の広さは?」

 

 

とりあえず一通り要望を出してみる。

 

 

ある程度要望が固まれば、

工務店さんに依頼し、概略プランと概算見積もりを出してもらう。

 

 

ここではじめて金額がでてきます。

準備できる頭金と返済期間を設定すれば毎月の返済金額は

今ではネットで簡単に算出することがきます。

 

返済シュミレーション

http://realestate.yahoo.co.jp/docs/loan/index.html

 

 

シュミレーションの結果毎月の返済が厳しいようであれば、

要望を再度見直し、必要なもののみ残し、不必要なものは無くしていきます。

 

 

素材グレードについても本当にそのグレードが必要なのか良く考えること。

これを繰り返すことで見積もり額はどんどん減っていきます。

 

 

コストダウンに最も有効なのが面積を減らすこと。

面を隅々まで見てこのスペースが本当に必要なものかどうかじっくりと考えなければならない。

 

 

基本計画がまとまる段階で家づくりのほとんどは決まってしまうと考えても良い。

だからこそこの段階がとても重要である。

 

 

もしこの段階で不明点等あれば、遠慮なくご連絡を頂きたい。

個別相談はこちらから。

 

内装工事見積り比較

 

 

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ

 

 

 

お好みの条件に合った
内装会社を探す