新築オフィス | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS その他の記事詳細

新築オフィス

 

東京都内の5区( 千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)は、オフィスビルの新築状況や、空室率を

見るときに、指標とされるます。

 

この5区は、ビジネス街、官庁、ショッピング、そして住居も含まれますが、

オフィス街の指標として使われています。

 

昨年の10月以降、政権交代があり、東京5区の空室率が、5%程度減りました、

特徴的なのは、1フロアーが、700坪~1,000坪を超える大型ビル、新築ビルに註文が増えて居ます。

 

2、3年前の空室率が7%~8%でしたから、かなり空室率も減り、また、家賃相場も上がっています。

もう一つ変わったのは、新築ビルが増え(建設中のビルも増えて居ます。)新築ビルから空室率率が減る傾向になっています。

 

先日z、千代田区の飯田橋付近に最近出来たオフィス、商業ビルが併設された内覧会に行ってきました。

地下3階は、駐車場、地下2階から、3階までが、商業施設(レストランやファッション施設

4階がオープンスペースになっていて、5階から27階までがオフィスとし使用される予定になっています。

1フロアーは、800坪~1,200坪とかなりのスペのースが有り、床はフリーアクセス、天井はLED、空調はスリット

天井で、オフィスワークが快適に出来る工夫が随所に施されています。

今回、賃貸する予定のオフィスは80%が制約済みで、残りも年内に決まると話していました。

 

今、建設中の大型オフィス、来季、4月、5月に完成予定のビルが多く、今後も増えることは

間違い有りません。

 

明日は、もう少し具体的に新築ビルについて、解説致します。

 

 

 

 

お好みの条件に合った
内装会社を探す