何もかもあなたの思い通り!スケルトン物件の概要とメリットを解説 | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS 内装工事の店鋪デザインの記事詳細

何もかもあなたの思い通り!スケルトン物件の概要とメリットを解説

新しくお店を開業するためには物件を借りなければなりませんが、なかには前に借りていた人の設備がそのまま残っている店舗もあります。自分の思い描いた理想の内装を実現できないこともあるので、「何もない状態から始めたい」という人に設備の残った店舗は向いていません。そんな人におすすめなのがスケルトン物件です。

今回のコラムは、理想の内装を何もかも思い通りに叶えられる「スケルトン物件」について解説します。

スケルトン物件とは?

お店を開業しようと情報を探している人であれば、「スケルトン物件」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

スケルトン物件とは建物の中に内装設備が何もない物件です。スケルトンとは「骨格」という意味で、スケルトン物件を借りる際は、店内の床、壁、調理設備、カウンターなどがない本当に店舗の「骨格」のみを借りることになります。

スケルトン物件と反対に、設備の残った状態の物件のことを「居抜き物件」と呼びます。ひと通りの設備がそろっていることも多く、借りてすぐに事業を始められることもあります。

スケルトン物件とは?

スケルトン物件なら内装が思い通り!

スケルトン物件のメリットは自由度が高いことです。何も設備がない状態から内装を決められるので「理想があるけど、前のテナントの設備があるから思い通りに内装を決められない」ということがなくなります。内装のデザインが明確に決まっているという方は、スケルトン物件を利用するのがよいでしょう。

デメリットは費用と時間がかかることです。設備が何もない状態から内装工事をするので、居ぬき物件よりも費用が高額になりがちです。また、工事もイチから行うので、時間もかかってしまいます。

一方居ぬき物件であれば、設備が残った状態で借りられるので、費用や時間を抑えることも難しくないです。その代わり、中身がほとんど出来上がってしまっている状態で借りるので、作りたい内装から遠くなってしまうこともあります。

スケルトン物件VS居抜き物件

スケルトン物件と居抜き物件のどちらがいいのかは一概には言えません。そこで、スケルトン物件、もしくは居抜き物件を選んだほうがいい人に分けて紹介します。

【スケルトン物件を選んだほうがいい人】

・内装にこだわりがある人
お店の内装が明確に決まっている人は、スケルトン物件を選べば自分の思う通りの設計にできます。すでにコンセプトなどが決まっているなら、スケルトン物件がおすすめです。

・時間をかけてもいい人
お店を開店するまでの時間に余裕がある人も、スケルトン物件に向いています。時間をかけることで、自分が納得する内装にできるでしょう。

・新しいお店で開業したい人
居抜き物件であれば、前のテナントが使っていたものを使うことも多いです。そうなると、どうしても使用感が残ってしまうこともあります。新しい状態でお店を始めたい人はスケルトン物件がよいでしょう。

【居抜き物件を選んだほうがいい人】

・費用を節約したい人
費用を節約したいなら居抜き物件がよいでしょう。しかし、注意点もあります。物件によっては汚れがひどい場合があるのです。このように物件の状態が悪いと、追加で工事をしなければならないので、スケルトン物件よりも費用が高くなってしまうこともあります。居ぬき物件を借りる際は物件の状態をよく確認しましょう。

・早く開業したい人
前のテナントの設備を使用することができるので、スケルトン物件より早く開業できます。内装のデザインについて相談する時間も少なくて済むので、1日でも早くお店を開業したいという人は居ぬき物件を選びましょう。

スケルトン物件VS居抜き物件

スケルトン物件の思わぬ注意点

スケルトン物件には注意点があります。それは「原状回復」です。原状回復とはお店を退去するときに元の状態に戻すことを指します。床や壁をすべて直して、調理場などにあるすべての設備を撤去します。

原状回復をする必要があるかは入居時の契約で決まります。多くの物件が原状回復を条件にしているため、入居時の契約内容はしっかりと確認してください。

原状回復をせず、そのままの状態で退去できることもありますが、その際は、建物の所有者、撤退するテナント、新しく出店するテナントの3者の合意が必要になります。

物件を退去する際はするべきことに注意しましょう。

まとめ

スケルトン物件とは内装設備がない物件のことを指します。反対にさまざまな設備が残されたままの物件が居抜き物件です。

スケルトン物件は設備がないので、自由に内装を決められます。費用や時間がかかってしまうというデメリットもありますが、理想の内装を実現したい人にはおすすめです。

居ぬき物件は設備を使いまわせるので、費用や時間を抑えた人に向いています。その代わり、理想に近い内装からは遠くなってしまうこともあるので、事情に合わせて選びましょう。

物件を契約する際は、原状回復についても考える必要があります。原状回復とは退去するときに元の状態に戻すことです。入居時に契約内容をしっかりと確認するようにしましょう。

自分に合った物件を選んで、理想のお店を作りましょう!

お好みの条件に合った
内装会社を探す