トイレだからこそキレイに!お客さんが好む飲食店のトイレの作り方 | 内装工事、店舗デザイン・設計の見積もり依頼・比較 アーキクラウド

今すぐ電話でご相談

通話
無料
0120-949-594

24時間365日日本全国受付対応中

NEWS 内装工事の店鋪デザインの記事詳細

トイレだからこそキレイに!お客さんが好む飲食店のトイレの作り方

みなさんは飲食店でトイレにいったとき、どんなトイレだったらうれしいですか?逆にトイレにいってがっかりするのはどんなときでしょう?

お客さんのお店への判断要素として、トイレというものはとても大きいのです。汚かったりするとお店のイメージは悪くなり、きれいで利用しやすかったらイメージは良くなります。

今回は飲食店のトイレについて解説します。お客さんに「また来たいお店」と思ってもらうために、トイレのことにはしっかりと気を配りましょう。

人は「トイレ」で「店」を見ている!

たとえば、みなさんがきれいで、オシャレなお店にいっても、トイレがとても汚かったらどうでしょう。どれだけオシャレなお店でも、それだけで印象が悪くなってしまうこともあります。飲食店のトイレは、とくに気を使う必要があるかもしれません。というのも女性が飲食店を選ぶ基準は「雰囲気」「禁煙」「トイレ」といわれているからです。

女性にとって、トイレはお手洗い以外にもいろいろと目的があるため、よく足を運ぶ場所です。たとえば化粧直しをするときに立ち寄ったり、食事中にスマートフォンをさわるのを遠慮しがちな人はトイレでメールを返信したりします。

しょっちゅう立ち寄る場所だからこそ、トイレは清潔であってほしいものです。とくに飲食店であれば、お客さんの目にはいる場所は全部キレイであってほしいですよね。

人は「トイレ」で「店」を見ている!

飲食店のトイレを作るときは細部まで気を配ろう!

飲食店のトイレの内装を整えるうえで、何を意識したらいいのでしょうか。トイレという狭いスペースでも、こだわれるポイントはいくつもあります。いくつか説明していきますので、参考にしてください。

・お店の雰囲気にあわせる
たとえば内装がとてもステキで、店内のBGMもオシャレで雰囲気のあるお店で食事をしているとします。お手洗いをしようとトイレに足を運んだら、どこにでもあるような普通のトイレだったらちょっとがっかりしますよね。トイレもお店の空間の1つで、お店の雰囲気にあわせたデザインが大切なのです。

・荷物置を作る
個室の中や、洗面台の横などに荷物置のスペースがあるだけでイメージはがらりと変わります。お店からお客さんへの細かい気配りが感じられ、かなりの好印象を得られるはずです。

・張り紙
便器の近くで「いつもきれいにご利用いただきありがとうございます」などの張り紙を目にしたことはありませんか?こういったようなお店側からのメッセージが何か一言あれば印象も変わってきます。トイレは一度足をとめる場所なので、新商品やおすすめのメニューなどの広告を張って宣伝するのもいいかもしれません。

・アメニティを設置
コットン、綿棒、おしぼりなどのアメニティを洗面台に置いておくと、間違いなくお客さんに喜ばれるでしょう。お店からの良質なサービスを感じますし、高級ホテルのような特別な待遇をされているような気分になれます。

飲食店のトイレを作るときは細部まで気を配ろう!

飲食店のトイレを作るときの注意点

飲食店のトイレを作るうえで気をつけたいことがいくつかあります。気合を入れてトイレの内装工事をしても、「ここはこうするべきだった…」なんて後悔のないようにしましょう。

・男女別にする
当たり前のように感じますが、大切なことです。トイレというのはデリケートな場所なので、お客さん用のトイレはちゃんと男性用と女性用で分けて作りましょう。また、分けて作る場合はどちらが男性用で、どちらが女性用かちゃんとわかりやすく作る必要があります。男女のマークなどの案内がぱっと見でわかりづらいと、お客さんが立ち往生してしまいます。

・和式よりも洋式に
トイレは和式よりも、洋式のほうがずっと印象が良いです。和式トイレを利用するときの姿勢は少しだけ負担を感じますよね。外国人のお客さんへの配慮も考えて、洋式トイレの設置をおすすめします。

また、洋式トイレの場合は便座の衛生面も考えてトイレットペーパーの横に便座用のクリーナーを設置すると喜ばれるかもしれません。

飲食店のトイレを清潔に保つコツ

先ほど飲食店のトイレでは、とくに清潔感が大切だと説明しました。清潔感を保つには、内装のことだけではなく日ごろの清掃作業が大事です。トイレを清潔に保つコツをいくつか紹介していきます。

・定期的な掃除
飲食店のトイレは頻繁に利用されます。大きなお店だとなおさらでしょう。利用者が多いと汚れるのも早く、定期的に掃除をしないとどんどん汚れていってしまいます。とくに土日などの休日では、平日に比べて利用者も増えがちなので、数時間おきに掃除をするようにしましょう。

・臭いにも気を配ろう
清潔なトイレを保つには、見た目に気を付けているだけではいけません。できる限りにおいのない空間を心がけましょう。対策としては便器の掃除にくわえて、消臭剤を各個室に置いたり、脱臭機能付きの洋式トイレを設置したりするのがいいかもしれません。

・その他
ほかにも、清掃用具をお客さんの目につかない場所に収納するようにしたりすることも大切です。いくらトイレをきれいにしていても、掃除して汚れた掃除用具が無造作に立てかけられてあるのを見たら台無しですよね。

飲食店のトイレを清潔に保つコツ

まとめ

トイレは場所が場所だけに、ついつい力を入れるのが後回しになりがちです。ですが、トイレはお店の空間の1つだということを忘れてはいけません。とくに飲食店のトイレは常に気を付ける必要があります。

お店の雰囲気にあわせたデザインに内装したり、お客さんへの配慮をこれでもかと感じさせたりすると、そのお店そのものへのイメージアップにつながっていくはずです。

また内装だけに力を入れていても、清潔に保てなければ良いトイレとはいえません。飲食店のトイレだと、多くの人が利用するので、こまめな清掃を心がけることを忘れないようにしましょう。

お好みの条件に合った
内装会社を探す