新規オーナーのための開業資金調達支援サービスNEWS & TOPICS

新規オーナーのための開業資金調達支援サービス

新規に店舗やオフィスを開業するには多額の資金が必要となりますが、自己資金でその資金を賄える方はほとんどいません。よって多くの方が、金融機関からの融資により資金を調達することになります。

しかし、豊富な経験や健全な財務状況など、与信が無い限り、希望金額を全額を調達することは困難です。開業資金を準備できずに、結局は新規開業を諦める方が多いのも事実です。

今回はそのような問題を抱える、これから店舗を開業するオーナー、オフィスを開設する経営者向けの資金調達支援サービスについてご提案させて頂きます。

 

審査通過率が高い資金調達サービス

内装工事費、開業費、運転資金が不足しているため、金融機関より借り入れをしたいが、希望融資金額が降りなかった、与信が通らないなど、様々な問題を抱える方は多いと思います。

当サービスはアーキクラウド(株式会社アーキバンク)が業務提携する、経済産業省より経営革新等支援機関(中小企業支援のプロフェッショナル集団)として認定を受けた「経営サポートプラスアルファ」が、金融機関の審査を通し、お客さまが銀行融資、リース或いは、分割支払いを行うことを可能とするサービスをご提供させて頂きます。

 

 

<開業資金支援システムのスキーム図>

keiei

 

 

お申し込みはこちらより

yajirushi
irai

 

 

ご利用規約
 

 

ご融資対象は開業資金から運転資金まで何にでもご対応

 

ご融資の対象:内外装工事費、設備機器、備品、家具類、その他開業費、運転資金など

 

日本政策金融公庫から十分な融資が降りなかった場合に最適

開業資金を調達する上でまず最初に考えるのが、日本政策金融公庫からの融資となります。店舗やオフィスを開業しようとする場合、最低でも1000万円以上の資金が必要となりますが、実際に融資が降りる金額は最大でも300万円が限度となることが多いです。

結局必要資金を確保することが難しく、開業を断念するケースが多いのも事実です。

当サービスをご利用いただければ、日本政策金融公庫(300万円)、自己資金(200万円)、当サービス(500万円)といったことも可能です。

 

<オフィス開業必要資金>

内装工事費 500万円
賃借保証料 200万円
家具一式 200万円
事務機器 100万円
合計 1000万円

<資金調達先>

日本政策金融公庫 300万円
自己資金 200万円
当サービス 500万円
合計 1000万円

 

<飲食店開業必要資金>

内装工事費用 600万円
賃借保証料 300万円
備品類 200万円
広告費 100万円
合計 1200万円

<資金調達先>

日本政策金融公庫 300万円
自己資金 300万円
当サービス 600万円
合計 1200万円

 

 

開業資金調達支援サービスの具体的ステップ

 

当サイトが提携する経営サボートプラスアルファよりご連絡差し上げて、具体的なサービスのご説明とプランのご提案をさせて頂きます。

店舗、オフィスの内装工事をお考えの方は同時に、工事金額の見積もり、デザインの案の比較を無料で行うことができます。お申し込みは下記よりお願いいたします。

開業資金調達支援サービス/アーキクラウド

会社名 *
※個人の方はお名前
担当者名 *
※個人の方はお名前
メールアドレス *
ご住所 *
電話番号 *
事業主体 *
ご融資希望金額 *
例:600万円
ご融資希望時期 *
例:2018年6月1日〜
ご質問、ご要望

 

 

 

 

お見積りとプランを3社無料でご提案!理想の業者にきっと出会える!

お好みの条件にあった内装会社を探す