美容院開業スタッフ雇用の手順と募集方法について

新規に開業するオーナーにとってスタッフの雇用は、初めてのことであり、戸惑うことも多いだろう。しかし、従業員を雇うということは、労働時間や有給休暇、賃金など労働基準法により規定されるルールを守るということになる。

後々のトラブルを避けるためにも、事前にしっかりと把握して準備をしておきたい。今回は、新規経営者向けに、スタッフの募集方法から、雇用の仕方について順を追って説明させて頂く。

 

スタッフの募集方法について

 

まずはスタッフの募集から始めよう。スタッフの募集方法で最もメジャーな方法は、自社ホームページでの募集だ。あなたの美容院に興味のある人が応募してくるので、意欲のある人材を確保できるだろう。

しかし、実際には、その様な形での募集はほぼ無いのが現実だ。最も確実なのが求人サイトだ。求人サイトには、広告型と人材派遣型がある。

広告型は固定の広告費を支払えば、一定期間募集ができる。応募者が何人いても、支払う広告費は変わらないが、応募が無いというリスクもあるので注意が必要だ。

人材派遣型の場合は、確実に応募があるという特徴がある。リスクが無い変わりに、紹介料は広告費より高めになる。下記に代表的なサイトを掲載するので参考頂きたい。

 

bibipro

美プロ
http://www.kenkou-job.com/

広告費
3ヶ月 :90,000円
6ヶ月 :150,000円
12ヶ月:250,000円

 

 

kireibizキレイビズ
http://www.kireibiz.jp/

紹介料
正社員:給与の1.2ヶ月分
パート:給与の1.0ヶ月分

 
 

※退職した場合の保証制度(3ヶ月間)あり。
1ヶ月:全額返金
2ヶ月:50%返金
3ヶ月:30%返金

 

労働条件通知書を作成しよう

 

労働条件通知書は、スタッフを雇用する際に給料や労働時間、休日などの労働条件明示した書類のことで、必ず雇用者に渡さなければならない。労働条件通知書に必ず記載しなければならない「絶対的明示事項」のは下記の項目だ。

・賃金の決定、計算、方法、賃金の締め切り、支払いの時期、昇給に関する事項
・労働契約の期間に関する事項
・退職に関する事項
・就業場所、従事すべき業務に関する事項
・始業・就業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無
・休憩時間、休日、休暇、就業時転換に関する事項

 

また、下記の項目は社内規定等で決まっているならば、必ず明示しなければならない。「相対的明示事項」と呼ばれる。

・最低賃金、賞与に関する事項
・休職に関する事項
・職業訓練に関する事項
・退職手当に関する事項
・労働者が負担する食事、作業用品に関する事項
・安全、衛生に関する事項
・災害補償に関する事項
・表彰、制裁に関する事項

厚生労働省に雛形が公開されているので、これを使用すれば問題ないだろう。

 

スタッフの労働時間の原則と対策について

 

労働基準法上の原則は「1日8時間、週40時間労働」だ。10人未満のスタッフの場合は「1日8時間、週44時間労働」となる。

しかし、経営者側としては、お客が多い週末に長時間出勤してもらい、平日は短時間で終えてもらいたいところだ。

その様な場合に使えるのが、変形労働時間制だ。シフトを組み、土日は10時間、平日は6時間といった形で月単位で調整ができる。所轄の労働基準監督署に届け出れば活用できる。

また、通常1日8時間を超えた分は、残業代を支払わなければならない。しかし、変形労働時間制を採用すれば、それを回避することも可能。

例えば1日10時間働いたとしても、他の日で超過分の2時間を吸収できればゼロとなる。効率的な雇用体制が取れるので是非とも活用したいところだ。

 

有給休暇、賃金、パートの採用について

有給休暇は労働基準法で定められているので、必ず取得取得させなければならない。とは言っても現実的には難しいと言ったところだろう。

ただ、最近は有給休暇に関するトラブルも多く、後々裁判になる可能性も少なくない。

法的に定められた規則なのだから、割りきって取得をするように薦めよう。勤続年数によっても異なるが1年で10〜20日の休暇取得者が出ても、営業に支障が出ないように、勤務体制を整えなければならない。

また、従業員への賃金形態は様々だ。一般的には、時給制、日給制、完全月給制などがある。後者の場合、欠勤や遅刻があっても差し引くことができないの注意が必要だ。

しかし、日給制と月給制を掛け合わせたものであれば、差し引くことは可能だ。その場合は「労働条件通知書」に記載してなければならない。

パートについては基本的には時給採用が良いだろう。期間が1年未満であれば、雇用保険への加入義務は無い。

また、交通費の削減を目的として、店舗周辺の人を採用するという手もある。こちらも正規スタッフと同様に、「労働条件通知書」記載が必要だ。

その他、「就業規則」というものがある。「労働条件通知書」をより細かくしたもので、より具体的なことを記載していく。従業員が10人以上の場合は、労働基準監督署に提出の必要があるので注意したい。

 

最後に

 

サービス業である美容院にとって、スタッフはお店の顔であり、大切な存在だ。だからこそ、彼らの時間を奪おうとするのでは無く、逆に与えるという心持ちを持つことが重要だ。法令はしっかしりと遵守し、お客様はもちろんのこと、スタッフにも喜んでもらえる職場となるように努力しよう。

 

 

株式会社 アーキバンク
株式会社アーキバンク
建築に関わる専門知識、経験を活かし、建築や内装に関わる「ヒト」「モノ」「サービス」を効率的かつ有効に結びつけるため、建築関連のWEBメディア事業を中心に、WEBコンサルティング事業を展開。
この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有を!!





店舗開業21日間集中メール講座


go

年間1000件以上の店舗開業支援をさせて頂く中で蓄積されたアーキクラウドの店舗開業ノウハウをぎっしり詰め込んだ21日間の無料メール講座です。

店舗開業の基礎から応用的な項目まで、物件探しから開業後の資金計画など時系列に沿った講義を行うことで、着実に開業に向けた知識を得ることができます。

飲食店(カフェ、居酒屋、バル、レストラン、バー、喫茶店、ラーメン店など)からサービス業(美容室、理容室、リラクサロン、エステ、クリニック、整骨院、鍼灸院など)まで、これから店舗を開業したいという方、また、既に開業されている方で店舗開業についてさらに知識を付けたいという方は是非ご登録下さい。

mmk


講座の内容
第1回:内装工事の価格があいまいな理由とは?
第2回:内装工事額の見積り21業種全てを公開!
第3回:カフェを事例に開業資金をシュミレーション!
第4回:店鋪の開業資金を抑える方法とは?
第5回:店鋪飲食店の開業資金の計算方法とは?
第6回:知らないと損する居抜き物件の種類とは?
第7回:お得な居抜き物件の見極め方とは?
第8回:居抜き物件の設備機器の盲点とは?
第9回:日本政策金融公庫の融資で内装工事をするための裏技とは?
第10回:高い確率で融資を得るための創業計画書の書き方とは?
第11回:リノベーションやリフォームで使える補助金制度とは?
第12回:店舗開業後の利益算出に必要な変動費と固定費とは?
第13回:開業後に赤字にしない為の損益分岐点売上高の計算方法とは?
第14回:店舗経営で営業利益を出すために必要な計算式とは?
第15回:内装工事の減価償却方法と税金について
第16回:内装工事の耐用年数と減価償却について
第17回:賃貸物件でもかかる固定資産税について
第18回:店鋪・飲食店開業前にやるべき立地、物件選びとは?
第19回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その1
第20回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その2
第21回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その3


mmk







内装工事費は見積り比較をすることで確実に安くなります。あなたの地域の優良内装工事会社をご紹介、当サービスは無料でご利用可能。

内装工事費用を安くする方法


このページの先頭へ