新規飲食店オーナーが知っておくべき開業資金の平均値及び相場感について

カフェ、レストラン、バー、居酒屋、食堂、小料理屋など新たに飲食店をオープンしようと考えているあなたにとって、新規開業における必要資金は最も気になる内容だろう。アーキクラウドの豊富な事例を基に、飲食店開業資金相場を検討してみる。

 

飲食店開業資金平均金額、相場を把握しよう!

 

一般的に飲食店の開業資金平均は約1000万円と言われている。しかし飲食店と一言で言えど様々なビジネスプランがあり、それぞれ開業資金の金額は変わってくる。

面積から算定する場合は、1坪当たり100万円を目安とするのが良いだろう。費用の内訳はどの様な業態でもほぼ一緒だが、その中である程度の開業する為に必要な金額は自ずと見えてくる。

まず自分だけの事業計画書を作成しよう。事業計画書に自分の夢や希望全てを書き込む。出来る事、出来ない事は考えずにまずアイデアレベルでも構わない。全て書き終えたら、実現に向けてリアルな数字を算出していく。

新規オーナーの場合、自分のやりたい事を考えるだけで、実際に必要となる金額を知ってから挫折するパターンが多い。しかし、現実を直視しなければならない。自分で作成した事業計画書を基にリサーチし、内容を決めていく。

→『店舗開業21日間集中無料メール講座』
 

物件取得費

・保証金、敷金(家賃の約6ヶ月以上)
・初回家賃(入居日による)
・仲介手数料(不動産屋に支払う家賃一ヶ月あたりの金額)
・譲渡代金(居抜き物件の場合)

まず一番最初にお店を出す物件の確保が必要となる。立地条件など、自分が考えた計画に沿う場所、土地柄で金額はもちろん変わる。事業計画に基づき、考案したビジネスモデルに最も合う立地条件を探そう。

物件を確保してから、自分のセンスや個性を反映させる内外装を内装工事業者と共に考えます。居抜き物件や立地物件探しについては下記の記事を参考にして頂きたい。

「居抜き物選びの3つのコツとポイントについて」

繁盛店を作るための立地物件条件について

 

内外装費

・内装工事費用(20〜50万円/坪)

契約した物件が居抜きであるか、業態により金額は大幅に変わる。空調システムが使用できるかなどもチェックが必要だ。お客様に何を提供するのかによって変わってくるだろう。いずれにしても内装工事費を抑えるには複数の業者を比較することが必要となる。

アーキクラウドでは全国で経験豊富な内装工事業者による見積り比較サービスを提供している。内装工事費を確実に抑えたい場合は是非利用して頂きたい。

内装工事見積り比較

 

厨房計画

・厨房機器(内装工事費の20~40%程度)
・初期仕入れ費用(業種による)

厨房機器類は必ずオーナー自ら購入しよう。内装工事業者にお任せすることも可能だが、業者の経費が上乗せされるため、自分で購入するより高くついてしまうからだ。施主支給品として内装工事業者にメーカーとの調整をしてもらうのが賢明だ。

初期仕入れ費用は、実際にお店で料理や飲物を提供するための材料の費用だ。これは提供する料理の内容、お店の規模などによっても異なるが、あまり高い仕入れだと経営を圧迫し、低いと貧弱なメニューになってしまうため、このあたりのバランスを考えて見積もることが大切だ。

 

宣伝広告費

・HP作成費(30万〜50万円)
・チラシ制作費、ポスティング代

新しいお店をできるだけ多くの人に存在を知って貰うための費用だ。方法は様々だがインターネットを利用するならホームページの開設、管理費、グルメサイトへの掲載や、紙媒体なら広告費、チラシ作製や折り込み、ポスティング代などがそれにあたる。

ホームページは格安のものもあるが、集客も見込んで作成するならそれなりのグレードのもを作らなければならないので30万円以上は用意しておいた方が良いだろう。

 

備品・消耗品

・家具類
・食器、調理器具

 

その他費用

・仕入れ費用
・求人募集
・運転資金

→『店舗開業21日間集中無料メール講座』
 

開業資金の目安となる数値について

 

まず開業資金の中自己資金はどの程度調達すれば良いのだろうか?自己資金が多ければ多いほど開業後の経営は楽になる。

また自己資金は金融機関や国庫などから借り入れする際にも必要となる。一般的には開業資金の50%は自己資金を確保しておきたいたい。

また開業資金は年商の5割程度にするのが良い。年商2000万円(月商約160万円)の場合、開業資金は1000万円となる。利益率を売上高の10%とすると、年間の利益は200万円となる。

つまり5年で開業資金を回収できる計算だ。できるだけ短期間で初期投資を回収することで安心で経営を続けることができる。

例えば飲食店の場合、1坪当たりの売上が1ヶ月で15〜20万円程度あれば経営が安定する。10坪の店舗であれば月商200万円、年商2400万円だ。開業資金は1200万円程度に抑えることができれば資金計画は問題ないだろう。

最後に開業資金の目安となる数値を改めて下記にまとめたので参照頂きたい。


・飲食店の開業資金平均は約1000万円

・1坪当たり10万円を目安

・開業資金は年商の5割程度

・開業資金の自己資金率は5割程度

 

開業資金事例を公開

 

アーキクラウドが関わった内装工事における開業資金の事例を公開する。開業資金に対する自己資金率や、店舗面積に対する月商などあなたがこれからオープンする店舗の参考として頂きたい。

全ての事例において上記の開業資金における目安の数値をクリアしていることがご理解頂けるだろう。

 

立ち飲みバー<東京都>

開業資金  …… 300万円

自己資金  …… 200万円
借入金   …… 100万円 (親族)

物件取得費 …… 150万円
内外装費  …… 100万円
その他   …… 50万円

店舗面積  : 8坪
客席数   : 20席
客単価   : 1500円
月商    : 50万円


有機食材カフェ<京都府>

開業資金  …… 500万円

自己資金  …… 300万円
借入金   …… 200万円(親族)

物件取得費 …… 100万円
内外装費  …… 300万円
その他   …… 100万円

店舗面積  : 12坪
客席数   : 15席
客単価   : 1000円
月商    : 80万円


創作中華料理屋<大阪府>

開業資金  …… 1000万円

自己資金  …… 400万円
借入金   …… 600万円(日本政策金融公庫)

物件取得費 …… 320万円
内外装費  …… 500万円
その他   …… 180万円

店舗面積  : 10坪
客席数   : 15席
客単価   : 2500円
月商    : 200万円


和食割烹<東京都>

開業資金  …… 2000万円

自己資金  …… 500万円
借入金   …… 1500万円(親族、日本政策金融公庫)

物件取得費 …… 500万円
内外装費  …… 1000万円
その他   …… 500万円

店舗面積  : 20坪
客席数   : 30席
客単価   : 10000円
月商    : 380万円


 

飲食店開業資金は銀行融資及び公的融資の活用方とは?

これから初めて飲食店をオープンしようとする新規オーナーにとって平均1000万円と言われる開業資金を自己資金で賄うのは至難の技だ。どの業界でも初期費用は借り入れという形で資金を調達することが多い。

資金調達先としてまず頭に浮かぶのが銀行だ。わたしたちの一番身近な資金源であることは間違いない。しかし、残念なことに実績もなく成功するかもわからない事業に、銀行はなかなか資金を提供してくれないだろう。ましてや、個人事業となるとなおさらだ。

そんな時に強い味方になってくれるのが、、国民生活金融公庫だ。今は、名前が変わって日本政策金融公庫の国民生活事業部となったが、国庫といえば、わかる人も多いのではないだろうか?

国庫は、個人事業のような小規模事業主へ資金の融資をしてくれる政府系金融機関だ。政府系の金融機関なので、金利が低いのが特。金利が低いと長期での借り入れも可能だ。

 

そのほかに、地域に特定して融資をしてくれる制度が各都道府県や市町村にはある。補助金であったり、助成金であったり、いろいろな独立援助のプログラムが用意されているのが特徴だ。

地域の融資制度の場合は、地方自治体が直接お金を貸してくれるのではなくその地域にある銀行から融資を受けるという形になる。

そのため、融資をうけられると同時に、銀行とのコネクションもできるという点は大きい。融資や補助金制度については下記記事に詳細をまとめている。是非参照して頂きたい。

内装工事の融資補助金について

 

最後に

 

ここまでの内容がイニシャルコストと呼ばれる開店までに必要な費用だ。冒頭で説明した通り開業資金の予算平均は1000万と言われている。あなたの事業計画書の内容を見てみるといかがだろうか?殆どの場合オーバーしていることだろう。

その様な場合、諦める部分を明確にして、できるだけ初期費用を削らなければならない。特に内装工事費は全体に占める割合が大きいため削減の余地があるはずだ、内装工事業者とも相談して不要な部分をじっくりと検討しよう。

ここまではあくまでイニシャルコスト、オープン後はお店を維持して行く為に必要なランニングコストを意識しなければならない。お店を開業するよりも維持するのが大変と言われている。開業できたからと行って決して安心はできないのだ。
 
また、アーキクラウドでは、これから店舗を開業するオーナー、オフィスを開設する経営者向けの資金調達支援サービスをご提供している。

日本政策金融公庫や銀行など金融機関から思うような金額の融資が降りなくても、当サービスをご利用して頂いた方の95%以上が審査を通過し、見事に融資を獲得してる。

内装工事費に関わらず、開業資金全般、運転資金などあらゆる資金の調達が可能となるので是非ご利用頂きたい。

「経営者、店舗オーナーのための資金調達支援サービス」

 

 
 

 

【記事監修】 山田 博保
店舗ビジネス&建築マーケティング/一級建築士     
建築業界での経験を活かしたWEBメディアを運営。内装工事マッチングサイト「アーキクラウド」創業者。WEBコンサル事業、コンテンツ販売事業にも携わる。Facebookお友達申請大歓迎です。その他WEB集客、自社メディア構築、ビジネスモデル構築に関するコンテンツは公式サイトより。
この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有を!!





店舗開業21日間集中メール講座


go

年間1000件以上の店舗開業支援をさせて頂く中で蓄積されたアーキクラウドの店舗開業ノウハウをぎっしり詰め込んだ21日間の無料メール講座です。

店舗開業の基礎から応用的な項目まで、物件探しから開業後の資金計画など時系列に沿った講義を行うことで、着実に開業に向けた知識を得ることができます。

飲食店(カフェ、居酒屋、バル、レストラン、バー、喫茶店、ラーメン店など)からサービス業(美容室、理容室、リラクサロン、エステ、クリニック、整骨院、鍼灸院など)まで、これから店舗を開業したいという方、また、既に開業されている方で店舗開業についてさらに知識を付けたいという方は是非ご登録下さい。

mmk


講座の内容
第1回:内装工事の価格があいまいな理由とは?
第2回:内装工事額の見積り21業種全てを公開!
第3回:カフェを事例に開業資金をシュミレーション!
第4回:店鋪の開業資金を抑える方法とは?
第5回:店鋪飲食店の開業資金の計算方法とは?
第6回:知らないと損する居抜き物件の種類とは?
第7回:お得な居抜き物件の見極め方とは?
第8回:居抜き物件の設備機器の盲点とは?
第9回:日本政策金融公庫の融資で内装工事をするための裏技とは?
第10回:高い確率で融資を得るための創業計画書の書き方とは?
第11回:リノベーションやリフォームで使える補助金制度とは?
第12回:店舗開業後の利益算出に必要な変動費と固定費とは?
第13回:開業後に赤字にしない為の損益分岐点売上高の計算方法とは?
第14回:店舗経営で営業利益を出すために必要な計算式とは?
第15回:内装工事の減価償却方法と税金について
第16回:内装工事の耐用年数と減価償却について
第17回:賃貸物件でもかかる固定資産税について
第18回:店鋪・飲食店開業前にやるべき立地、物件選びとは?
第19回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その1
第20回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その2
第21回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その3


mmk







内装工事費は見積り比較をすることで確実に安くなります。あなたの地域の優良内装工事会社をご紹介、当サービスは無料でご利用可能。

内装工事費用を安くする方法


このページの先頭へ