内装工事の見積書の見方を公開/新規店舗開業オーナー向け

飲食店、サービス業、物販店店舗問わず、これから新規に自分の店舗をオープンする予定のオーナーにとって、内装の工事は必須だが、そこで問題になるのが、内装工事の見積書の難解さだ。

内装など建築業界で使われる専門用語は、素人であるオーナーには、その意味を理解することは困難だろう。

しかし、工事契約の判断を下すのはオーナー自身であるため、見積書の内容が適正であるか、判断する知識を身につけるのは当然のことだ。今回は、素人でも難解な見積書の中身が理解できる様に、実際の見積書をベースに解説させて頂く。

見積書の表紙を確認する

それでは、実際に見積もり書の中身を見てみよう。素人にはなかなか理解しづらい部分もあるが、内装工事費はどの様な業種でも開業資金の50%以上を占める大きな出費だ。

大きなお金を出す以上、自分で内容を把握することは、避けては通れない。出来る限りわかり易く解説させて頂く。

工事金額は材料の値段や職人の手配具合により日々変わり、物件の状況によっても異なるので例えば塗装工事は◯◯円といった具合に言い切ることは難しい。

しかしながら、多くの経験を積むことによって、この工事ならだいたいこのぐらいだろうという相場感を掴むことができる。

そのためには、各工事項目が具体的にどの様な工事なのかを自分の頭の中でイメージできる様にならなければならない。よって、今回はこのイメージを掴んでもらうために動画を中心としたコンテンツで解説していく。

 

内装工事見積書の表紙

<内装工事見積書の表紙>

 

まずは①有効期限について、資材の価格や職人の人工は日々変わるため、内装工事の見積もりには必ず有効期限がある。

内装工事業者としても、今職人を確保することができても、数週間後には確保することができずに、工事自体も実施できなくなる可能性もある。

業者側の自らのリスク回避としてこの様な有効期限を記載していると言える。通常の見積もり有効期限は1ヶ月〜3ヶ月程度と考えておこう。有効期限外に工事を発注する場合は、再度見積書を出す必要があるので注意したい。

→『店舗開業21日間集中無料メール講座』
 

内訳書を徹底解説する

内装工事見積書内訳公開

<内装工事見積書>

内装工事見積書内訳書

<内装工事見積書内訳書>

内訳書は内装工事見積書の核とも言える重要なページだ。全体の工事費に対して、どの工事項目が高いのか?また、各工事項目の金額の比率もここで確認できる。

極端に突出している工事があれば、華美な材料を使っていないか、余分な工事をしていかなど、検証のネタをここで見つけることができる。

今回の見積もりを見ると「電気工事費」が765,700円と他と比べて突出しているのが見て取れる。美容院の場合、多くの電気機器を使用するため分電盤の設置やコンセント設置など通常より多くの費用が必要となる。

また、照明設備に関しても、カット作業をするための照度の確保と空間演出としての間接照明の利用など、通常よりも高い金額が必要となる。また、シャンプー台などの給排水配管の費用も必要なため、全体工事金額における設備工事の割合は高くなる。

よって、この内訳書で「軽鉄工事」の金額が突出していたら、おかしいなということになる。下記に業種別の内訳書の見方ポイントを記載したので参照頂きたい。

 

「美容院、理容院、エステサロンなどのサービス業」

電気工事、給排水設備など設備工事が全体工事費に占める割合は40〜50%と高めになる。また、世界観演出のため凝ったデザインにすると内装装飾費用は通常工事費の10%程度に収まるのだが、20%程度に跳ね上がる。

 

「居酒屋、バー、カフェ、レストラン、パン屋などの飲食店舗」

ポイントは厨房の工事費用だ。物件によるが厨房部分の防水工事や床上げが必要な場合は、金額が大きくなる。内装工事費の20〜40%の費用がかかる。

 

「アパレル、食料品販売などの物品販売業」

設備工事費に特に大きな金額はかからない。造作などにこだわりを持たなければ、各工事項目が突出することはないだろう。簡素な内装であれば、空調工事費用の比率が高くなることがある。空調工事費は絶対に必要な工事であり、価格も下がりにくいため、他の工事の仕様が下がると目立って突出する傾向にある。

 

明細書の中身を確認しよう

それでは続いて、各工事項目の明細書を確認していこう。これらを把握することで、工事の実体を理解することができる。つまり工事金額と実際の工事がここで初めてリンクするのだ。

このつながりこそ、あなたの見積書読解力になる。これから2店舗目、3店舗目とお店を増やしていいく中で必ず役に立つ能力となるので、必ずマスターしておきたい。

内装工事見積書の明細、仮設工事、軽鉄工事

<仮設工事、軽鉄工事>

内装工事見積書の明細書、木工造作工事、木製建具工事

<木工造作工事、木製建具工事>

内装工事見積書の明細、造作家具工事、左官工事

<造作家具工事、左官工事>

内装工事見積もり明細、電気設備工事

<電気設備工事>

内装工事見積もり明細、給排水設備設備工事

<給排水設備設備工事>

内装工事見積もり明細、衛生設備器具工事

<衛生設備器具工事>

内装工事見積もり明細、ガス設備工事、空調換気設備工事

<ガス設備工事、空調換気設備工事>

内装工事見積もり明細、化粧金物工事、塗装工事

<化粧金物工事、塗装工事>

内装工事見積もり明細、内装装飾工事、ガラス工事、サイン工事

<内装装飾工事、ガラス工事、サイン工事>

内装工事見積もり明細、既成家具工事、雑工事、諸経費

<既成家具工事、雑工事、諸経費>

内装工事見積もり明細、合計

<内装工事見積もり明細合計>

 

→『店舗開業21日間集中無料メール講座』
 

①仮設工事

「仮設工事」は工事をするための準備費用と理解しよう。例えば①−1「現場養生費」は内装工事を行おう上で傷つけてはいけない部分をカバーして守るための費用だ。

エレベータをに傷をつけないために、ビニールシートや毛布で内部を覆う場面を想像してもらうとイメージしやすいだろう。共用部や建物の躯体(柱、梁、床)は基本的に傷つけてはいけないのだ。

また、塗装工事において、他部にペンキが付かない様ために施すマスキングも養生の一部だ。こちらの動画をご覧頂くと理解が深まるだろう。


 

②軽鉄工事

「軽鉄工事」は壁や天井を支えるための骨組みと理解しよう。スタッド(LGS)とも言われ、コの字型の断面形状をした鉄の部材で、床と上階の床の間にこのスタッドを一定のピッチで配置していく。

このスタッドに壁となるPB(プラスターボード)やコンパネを貼っていく。この一連の作業を軽鉄工事と言う。因みにスタッドはその長さによって断面の大きさが異なるが、国土交通書が発行する「公共建築工事標準仕様書」にて規定されている。下記動画の細かく設置された鉄の部材がスタッドだ。


 

③木工造作工事

「木工造作工事」とは建物内部の床や壁、階段や窓のなどの取り付け工事のことを言う。例えば③−1「上記床 ベニヤ ステ貼」はシャンプー台の床上げ部分の下地となるベニヤを設置する工事となる。

 

④木製建具工事

「木製建具工事」とは外壁や間仕切り壁の開口部に取り付けられる窓や扉のことだ。内装工事の場合、エントランス、スタッフルーム、トイレ部分に限られるためそれほど大きな金額にはならない。

しかし、エントランスに自動扉を設置したり、間仕切り部分が防火区画の場合は、防火扉の設置が費用となるため、費用は高くなる。

 

⑤造作家具工事

「造作家具工事」は造り付けの家具を設置する工事と理解しよう。上述した木工造作は、壁や天井などの空間を仕切るパーツであるのに対して、造作家具は家具自体の工事となる。

例えば⑤−1受付カウンターや⑤−2商品陳列ボックスなどがイメージしやすいだろう。下記動画の様に職人が一つ一つ丁寧に作成するため職人の腕が試される工事である。


 

⑥左官工事

「左官工事」とは床や壁の上にモルタルや漆喰、プラスター、繊維等をコテを使って塗ったり、貼り付けたり、吹きつけたりるす工事だ。高度なスキルが必要で「左官屋さん」と呼ばれる様に、職人としての地位も確立されている。

また、手仕事の残る風合いある仕上げが流行っていることもあり需要は多い。下記動画は珪藻土という調湿、脱臭効果のある風合いある壁仕上げの左官作業の様子だ。参考にして頂きたい。

 


 

⑦電気設備工事

「電気工事費」は照明器具やその配線、分電盤の設置が主な工事項目となる。明細をみると⑥−1天井面配線用レースウェイ施工工事が高くなっている。

レースウェイとはテールを天井下に張りめぐらせて、移動可能なコンセントを設置し、どこにいても電源が自由に確保できる様にした仕組みのことを言う。

壁コンセントや、床埋め込みコンセントの場合、コードが床に出ててきてしまうため、危険であるが、レースウェイを使えばその様な問題も解決できる。ドライヤーなど多くの電気機器を使用する美容院にとっては必須の仕組みだ。

 

 

⑧給排水設備工事

「給排水設備工事費」は、厨房や洗面所、水回りの給水及び排水管の工事となる。飲食店や水やお湯を使うサービス業は工事費の比率がどうしても高くなる。

⑦−1給湯配管工事と記載されている通り、美容院の場合は、ボイラーから直接お湯専門の管を通す必要があるため、その分工事費用は高くなる。配管工事については美容院でわかりやすい事例があるので下記動画を参照頂きたい。

 


 

⑨衛生設備器具工事

「衛生設備器具工事」はトイレの便器や洗面器、水栓などの工事費だ。また水回りの小物、トイレットペーパーホルダーやタオル掛け、手すり、ウォシュレットなども含まれる。身近に使うものなので理解しやすいだろう。

 

⑩ガス設備工事

「ガス設備工事」はガス配管と給湯器、ボイラーの設置が主な工事項目となる。都市ガスとLPガスの2種類がある。都市ガスの場合は本管から、LPガスの場合はLP容器から、各設備へ引き込む。下記動画を見てもらえば理解しやすだろう。

 


 

⑪空調設備工事

「空調設備工事」は、空調機(エアコン)の設置工事だ。⑩−1天井カセット型エアコン(天カセ)は最も一般的もので頻繁に使われている。天カセはそれ自体の価格も高いのだが、重要が重いため、設置工事に手間がかかる。

冷媒管は室外機と本体の間で液体や気体のやりとりをする管のことだ。下記動画を見れば下地の準備から取り付けまでの流れが良くわかるだろう。

 


 

⑫化粧金物工事

「化粧金物工事」とは目に見える金属の工事のことを言う。「化粧」とは建築業界では仕上げのための施しを意味する。金物とは金属のことだ。①軽鉄工事は目に見えない部分(壁に隠れる)のため化粧金物とは言わない。

⑫−1各所クツズリとは、扉の床面に設置される金属で、ドアの気密性を上げたり、音漏れを防ぐために設けるものだ。耐久性の問題からステンレス製のものが良く使用される。

→『店舗開業21日間集中無料メール講座』
 

⑬塗装工事

「塗装工事」壁や床、天井、建具、配管類の仕上げの塗装工事のこと言う。工場で塗装する場合は含めない。パテで下地を作って、その上に仕上げのペンキを塗る形となる。下記動画で下地作りから上塗りまでの一連の流れを確認してみよう。

 


 


 

⑭内装装飾工事

「内装装飾工事」とは内装の仕上げ工事の事を言う。単に内装工事と言うこともある。また「左官工事」や「塗装工事」は同じ仕上げ工事でも別工事項目として扱われるので注意しよう。

天井や壁であればビニルクロス貼り、床であれば、ビニルタイルやタイルカーペットが主な工事内容だ。下記動画でクロスの天井貼りと床のタイル貼りの流れを確認してみよう。

 


 


 


 

⑮ガラス工事

「ガラス工事」は開口部やパーティションとして利用するガラスを設置する工事となる。ガラスは建築材料の中でも単価が高く、使用するガラスの量で工事費は大きく変わる。⑮−1シーリングはガラス同士及びガラスと建具の隙間を埋めるため素材だ。

 

⑯サイン工事

「サイン工事」は所謂看板工事のことだ。また看板以外にも室名のピクトサインなども含まれる。飲食店、サービス店舗問わず集客に欠かせない重要な工事だ。

外壁のサインには箱文字、切り文字、カッティングシートがあり、後者ほど値段は安くなる。箱文字は金属立体的にして加工したもの、切り文字は金属板を切り抜いたもの、カッティングシートは金属プレートに文字をカッティングしたシートを貼り付ける方法だ。

また、サイン用の照明は内照式と外照式があり、内照式の方が費用は高いが、照明が外部に露出しないので、スッキリとしたデザインとなる。

<箱文字>

<切り文字>

<カッティンシート>

 

<内照式>

<外照式>

 

⑰既成家具工事

「既成家具工事」は既成品の家具の設置工事だ。配置するだけであれば、ご自身で直接購入した方が安くなるケースがあるので、見積もり比較は必ず行おう。

 

⑱雑工事

「雑工事」の内容は様々だが、今回の場合は、引き渡し時のクリーニング代となる。自分で掃除をするという意気込みのある方は自分でやればこの分の費用は削減できるが、手間を考えるとあまりおすすめできない。潔く業者にお願いするのが良いだろう。

 

⑲諸経費

⑲−1現場管理費は現場での現場監督及びその他社員が下請業者への指示や打ち合わせを行うための費用となる。⑲−2現場経費は現場管理において必要となる物品購入や交際費などの費用だ。

また⑲−3事務所経費は今回の工事で必要となる図面作成費や見積作成費などになる。

⑲−4運搬経費は資材等の運搬費となる。一般的に諸経費は工事金額の10〜20%となることが多い。この数値が極端に多い場合は注意が必要だ。

→『店舗開業21日間集中無料メール講座』
 

最後に

以上で内装工事の見積書の各項目がどの様な工事なのか、どの程度の費用がかかるのかがイメージできただろう。これからいくつもの工事を発注する経営者として、見積書を見る目を今回の記事をベースに養って欲しい。

 
また、アーキクラウドでは、これから店舗を開業するオーナー、オフィスを開設する経営者向けの資金調達支援サービスをご提供している。

日本政策金融公庫や銀行など金融機関から思うような金額の融資が降りなくても、当サービスをご利用して頂いた方の95%以上が審査を通過し、見事に融資を獲得してる。

内装工事費に関わらず、開業資金全般、運転資金などあらゆる資金の調達が可能となるので是非ご利用頂きたい。

「経営者、店舗オーナーのための資金調達支援サービス」

 

 

【記事監修】 山田 博保
店舗ビジネス&建築マーケティング/一級建築士     
建築業界での経験を活かしたWEBメディアを運営。内装工事マッチングサイト「アーキクラウド」創業者。WEBコンサル事業、コンテンツ販売事業にも携わる。Facebookお友達申請大歓迎です。その他WEB集客、自社メディア構築、ビジネスモデル構築に関するコンテンツは公式サイトより。
この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有を!!





店舗開業21日間集中メール講座


go

年間1000件以上の店舗開業支援をさせて頂く中で蓄積されたアーキクラウドの店舗開業ノウハウをぎっしり詰め込んだ21日間の無料メール講座です。

店舗開業の基礎から応用的な項目まで、物件探しから開業後の資金計画など時系列に沿った講義を行うことで、着実に開業に向けた知識を得ることができます。

飲食店(カフェ、居酒屋、バル、レストラン、バー、喫茶店、ラーメン店など)からサービス業(美容室、理容室、リラクサロン、エステ、クリニック、整骨院、鍼灸院など)まで、これから店舗を開業したいという方、また、既に開業されている方で店舗開業についてさらに知識を付けたいという方は是非ご登録下さい。

mmk


講座の内容
第1回:内装工事の価格があいまいな理由とは?
第2回:内装工事額の見積り21業種全てを公開!
第3回:カフェを事例に開業資金をシュミレーション!
第4回:店鋪の開業資金を抑える方法とは?
第5回:店鋪飲食店の開業資金の計算方法とは?
第6回:知らないと損する居抜き物件の種類とは?
第7回:お得な居抜き物件の見極め方とは?
第8回:居抜き物件の設備機器の盲点とは?
第9回:日本政策金融公庫の融資で内装工事をするための裏技とは?
第10回:高い確率で融資を得るための創業計画書の書き方とは?
第11回:リノベーションやリフォームで使える補助金制度とは?
第12回:店舗開業後の利益算出に必要な変動費と固定費とは?
第13回:開業後に赤字にしない為の損益分岐点売上高の計算方法とは?
第14回:店舗経営で営業利益を出すために必要な計算式とは?
第15回:内装工事の減価償却方法と税金について
第16回:内装工事の耐用年数と減価償却について
第17回:賃貸物件でもかかる固定資産税について
第18回:店鋪・飲食店開業前にやるべき立地、物件選びとは?
第19回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その1
第20回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その2
第21回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その3


mmk







内装工事費は見積り比較をすることで確実に安くなります。あなたの地域の優良内装工事会社をご紹介、当サービスは無料でご利用可能。

内装工事費用を安くする方法


このページの先頭へ