カフェの内装費、工事坪単価について新規オーナーが知っておくべき相場感について

カフェの内装費用は開業資金に対して大きな割合を占めるため、新規にカフェをオープンさせる経営者にとって非常に重要な項目となります。

しかしながら内装工事は専門的な分野であるため、相場観や見積書の見方など専門外の方にとって不明点が多いのが実状です。

だからといって工事業者に丸投げをするのも危険です。開業に向けての資金計画を作成する上でも正確な内装工事価格を経営者自らが判断できる様にする必要があるのです。

 

工事費の相場感をつけるには、カフェの内装工事価格の実例を体系的にまとめた情報を知ることが重要です。その様な情報を得ることで、このグレードのデザインであれば坪単価◯◯万円かな。。とおおよその価格を自分で判断することができます。

これができる様になれば業者から提出された見積りが高いのか?安いのか?適正なのか?瞬時に判断することができるのです。

 

アーキクラウドでこれまで多くのカフェ内装工事成約のお手伝いをさせて頂きました。また多くの内装工費業者や実際に工事を発注したお施主さまにヒアリングを行い、実状を反映した内装費に関する情報を作成しています。多くのデータベースを保管しておりますので信頼して頂ける数値となっております。

 

カフェの内装費、坪単価を公開します

カフェの内装工事費用はデザインのグレードや種類、内装工事だけなのか、建築を一棟建てるのかにによって大きく変化します。デザインについては体系的にまとめた記事を作成していますのでそちらを御参考下さい。

「カフェ内装デザインについて新規開業経営者が知らないと損する6つの項目について」

カフェの場合、内装工事費用は他の飲食店と比べて若干ですが安めになる傾向があります。もちろん高くなる場合もありますが、軽食程度の提供であれば厨房も簡易なもので良いので安くなるでしょう。

しかし、本格的なランチやディナーを提供する様であれば工事費用は上がります。また上記リンクの記事の中でも記載していますが、スケルトン物件を上手く利用して、建物躯体(コンクリートや鉄骨、木など)の素材をそのまま活かしたデザインを施すことで、デザインの質を下げることなく工事費用を落とすことは可能です。それでは坪単価を公開したいと思います。

 

<一般的なカフェ>(スケルトン含む)
20〜40万円/坪

<グレードの高いカフェ>
40〜60万円/坪

<建築一棟の場合(木造)>
60〜80万円/坪

 

上記が一般的な相場とお考えいただければ問題ないと思います。平均的に20坪前後の広さのお店が多いので、最低でも500万程度、最高でも1200万円程度となります。

もちろん面積が小さければもっと安くなりますが、スケールメリットにより面積が小さくなるほど坪単価が高くなってしまう傾向があります。

回転率などを考慮すると広さに関してはあまり小さくすると損をしてしまう危険性がありますので、注意しましょう。

 

カフェの内装工事費用を下げる方法とは?

カフェの内装工事費用を下げる方法はたくさんあります。上記で説明したスケルトン物件のデザイン的な活用も一つの手です。

また、居抜き物件を利用する方法があります。居抜き物件とは前のテナントの内装や什器類をそのまま利用できる物件です。

簡単な清掃と看板と取り換えのみでそのまま利用できてしまいますのでお薦めです。居抜き物件についてはこちらに記事をまとめましたので御参考下さい。

「居抜き物選びの3つのコツとポイントについて」

また内装工事業者にVE案を提示してもらう方法もあります。VEとはValue Engineeringの略で商品の品質を下げることなく、コストを調整することをいいます。

具体的には、必ずしも必要では無い項目を拾い上げ、それらの仕様の調整することです。例えば客席の壁紙は良いものを採用するが、スタッフルームは塗装程度にしても問題ないといった判断をしてコストを調整していくことです。

専門家では無いオーナーがVE案を作成するのは難しいので、予算と見積額に乖離がある場合は、業者にVE案の提示をしてもらい、それを採用するかしないかの判断を自らするのが良いでしょう。

そして、価格を下げるための最も有効な方法は複数の業者で見積もりを比較をすることです。比較することで競争原理が働き価格を下げることができます。

1社のみで見積りをしてしまうと業者は強気で見積りを提出しますので価格は下がりません。内装費用を下げたいのであれば見積り比較は必須と考えて頂ければと思います。比較をした上で、記の方法を全て実施していただければカフェの内装費は必ず下がるでしょう。

アーキクラウドでは全国各地でカフェの内装工事の実績がある優良業者と提携しています。
「内装工事見積もり比較/アーキクラウド」

 

カフェ内装工事の見積書実例」

アーキクラウドで実際に成約したカフェ内装工事の見積書を公開します。この案件は居抜き物件で設備工事はほぼ無しという状況でした。

本来なら坪単価20万円程度の工事だったのですが、面積が8坪と狭かったため、坪単価28万円程度となりました。上記に説明させて頂いた、スケールメリットが悪い方向に進んだ事例と言えます。

>

 

 

カフェの家具は内装工事と同時に発注した方が良いか?

カフェ計画において家具は欠かせないものです。内装デザインとの関係性も大きいので内装工事業者に工事と同時に発注しいしたいところですが、それは危険です。

家具は基本的は購入して配置するだけなので、自分で購入しても業者が購入しても同じです。業者に依頼するとその分の経費が加算されますので、その割高になります。

家具は自分で選んで自分で購入するこればベストです。しかし自分で選定ができないという場合は、内装工事業者に家具屋さん紹介してもらうのがう良いでしょう。家具屋であれば内装デザインに合わせた家具選定とプランニングもしてくれます。

いずれにしても家具に関してはオーナー側が主体的に動くことで費用は下がりますので手を抜かない様にしましょう。

 

最後に

カフェの内装費用は開業のための初期費用に大きな影響を与えます。であるが故にオーナー経営者自らが主体的に動いて費用を下げる努力をしなければならないのです。

業者から提出された見積りに対してただ単位下げろと言うだけでは価格は下がりません。下がる理由を見つけ、それを業者に理解しもらい価格を下げていくのです。

建築や内装業者の方は一見頑固な様なイメージが強いですが、理由があれば意外と対応してくれます。この記事で紹介させて頂いた手法を用いれば高い確率で価格は下がりますので是非とも実践してみて下さい。

 

 

株式会社 アーキバンク
株式会社アーキバンク
建築に関わる専門知識、経験を活かし、建築や内装に関わる「ヒト」「モノ」「サービス」を効率的かつ有効に結びつけるため、建築関連のWEBメディア事業を中心に、WEBコンサルティング事業を展開。
この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有を!!





店舗開業21日間集中メール講座


go

年間1000件以上の店舗開業支援をさせて頂く中で蓄積されたアーキクラウドの店舗開業ノウハウをぎっしり詰め込んだ21日間の無料メール講座です。

店舗開業の基礎から応用的な項目まで、物件探しから開業後の資金計画など時系列に沿った講義を行うことで、着実に開業に向けた知識を得ることができます。

飲食店(カフェ、居酒屋、バル、レストラン、バー、喫茶店、ラーメン店など)からサービス業(美容室、理容室、リラクサロン、エステ、クリニック、整骨院、鍼灸院など)まで、これから店舗を開業したいという方、また、既に開業されている方で店舗開業についてさらに知識を付けたいという方は是非ご登録下さい。

mmk


講座の内容
第1回:内装工事の価格があいまいな理由とは?
第2回:内装工事額の見積り21業種全てを公開!
第3回:カフェを事例に開業資金をシュミレーション!
第4回:店鋪の開業資金を抑える方法とは?
第5回:店鋪飲食店の開業資金の計算方法とは?
第6回:知らないと損する居抜き物件の種類とは?
第7回:お得な居抜き物件の見極め方とは?
第8回:居抜き物件の設備機器の盲点とは?
第9回:日本政策金融公庫の融資で内装工事をするための裏技とは?
第10回:高い確率で融資を得るための創業計画書の書き方とは?
第11回:リノベーションやリフォームで使える補助金制度とは?
第12回:店舗開業後の利益算出に必要な変動費と固定費とは?
第13回:開業後に赤字にしない為の損益分岐点売上高の計算方法とは?
第14回:店舗経営で営業利益を出すために必要な計算式とは?
第15回:内装工事の減価償却方法と税金について
第16回:内装工事の耐用年数と減価償却について
第17回:賃貸物件でもかかる固定資産税について
第18回:店鋪・飲食店開業前にやるべき立地、物件選びとは?
第19回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その1
第20回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その2
第21回:店鋪・飲食店物件の立地戦略その3


mmk







内装工事費は見積り比較をすることで確実に安くなります。あなたの地域の優良内装工事会社をご紹介、当サービスは無料でご利用可能。

内装工事費用を安くする方法


このページの先頭へ